フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのウミガメシュノーケリング,体験ダイビング
フィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます
 
 
     

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


3月3日
曇り一時晴れ間,ほぼ無風,最高気温17℃(最低気温11℃),水温:リーフごく浅場サンゴ礁域定義ギリギリプラス1,午後20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん




3月4日は所用で潜らず。で・・




3月2日
曇り一時晴れ間,北北西風強い,最高気温14℃(最低気温11℃),水温:リーフごく浅場寒の戻りで今季初のサンゴ礁域定義ギリギリ,午後はそれプラス1


今日もシュノーケリングのガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


3月1日
午前曇り一時雨午後雨,北北西風強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃ 湾奥浅場20℃


 今日は午前シュノーケリングのガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん




午後はサツキハゼの求愛を見る撮るしてきました。

求愛 雄のナズリング 

左雄,右雌


求愛 雄の側面誇示 

 
 
求愛 雄の側面誇示 

雌も抱卵したお腹を反らして誇示


2月29日
曇り朝と夜雨,南西風弱いのち強い,最高気温24℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃

 
晩秋から春の季節モノ・スミゾメキヌハダウミウシ付きハゼ


昨年,一昨年は2年連続当たり年だったんですが


その反動か?暖冬が効いているのか?


今シーズンは不作で2月の下旬になっても見れず。


ただ,さすがにもう現れているだろ~と


スミゾメキヌハダウミウシ付きハゼ1本勝負で


MHGマイホームグラウンドの略でそれだけを広範囲に探してみました。


で,やはり良く探してみると・・・
 
とりあえず7例,見れてほっと。


2月28日
曇り夕方から雨,南東風弱いのちやや強い,最高気温19℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃


 今日は体験ダイビングのガイドでした。
 
 
ハマサンゴのなかまハマクマノミなどとゲストさん

 
ハマサンゴのなかまをはさんでゲストさん




2024年2月のログ


2023年2月~2024年1月のログ


 

 

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2024 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.