フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのウミガメシュノーケリング,体験ダイビング
フィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます
 
 
     

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

5月23日
曇り,南西風強いのち弱い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:リーフ24℃

 
一昨日,ファンダイブガイド中の5月21日に


奄美地方は,沖縄地方と一緒に梅雨入りしましたね。


梅雨入り当日の21日は雨予報も,降らず。


昨日は強雨予報で,予報通りの大雨(汗)。


今日も雨予報でしたが,降らず。


梅雨前線の動きを予測するのは現代科学をもってしても


難しいみたいですね~。




毎年梅雨入りのログで書いていますが


梅雨の間,カラ梅雨も降りすぎも困るので


適度に降ってほしいところ。




さて,一昨日のファンダイブガイド中に


前々から見つけたかったベニモンヘビギンポ婚姻色雄を


見つけたので撮りに行ってきました。
 
見つけたところへ行ってみると


ベニモンヘビギンポ婚姻色雄はしっかりいましたが


発色薄め。


「雌が来て求愛するまで粘るかな~」と見ていると・・・

 
お!雌(上画像右上)が来て雄の発色はマックスに!♪

 
雌はすぐに去ってしまい求愛はすぐに終わり


シャッターチャンスが少なかったので


また撮りに行ってみるかな~♪


5月20日
晴れ,東風弱い,最高気温25℃(最低気温23℃),水温:リーフ24℃,湾奥24℃
5月21日
曇り夕方から小雨,東風弱い,最高気温25℃(最低気温23℃),水温:タイドプール24℃,リーフ24℃,湾奥24℃

 
ゲストのマクロ大好きさんから拝借した画像をアップします。

 
5月20日

カザハナニジギンポ

ミナミシラヌイハゼ

ヒレグロコショウダイ
全長1㎝あるかないかの幼魚

ミツボシキュウセン求愛

オイランハゼ求愛

タカノハハゼ求愛

タカノハハゼ・ペアとホリテッポウエビ
タカノハハゼ・ペアは意外と見る機会が少ない

ハナビヌメリ求愛

ハスジマハゼ



5月21日

セダカスズメダイ幼魚

ヤイトギンポ

求愛していたシマギンポ婚姻色雄

ベニモンヘビギンポ婚姻色雄

ベニモンヘビギンポ・ペア
ご主人のビデオ撮影から産卵中であることがわかりました

リュウキュウニセスズメ雄

ヒゲニジギンポ幼魚の群がり

フサクチゴチ

オヨギイソハゼ発色雄

エリホシベニハゼ

発眼卵に付き添うイチモンジコバンハゼ雄

スズメダイモドキ

ネオンテンジクダイ口内保育



マクロ大好きさん,画像ありがとうございました。



5月19日
曇りのち晴れ,北東風弱いのち強い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:リーフごく浅場24℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




明日20日からファンダイブガイドにつき写真は撮らず,で




5月18日
曇り一時晴れ間,東北東風弱い,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥24℃


 今日は体験ダイビングのガイドでした。
 
 
ハマサンゴのなかまハマクマノミなどとゲストさん

 
クラカオスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん




5月17日
ほぼ快晴,南東風弱い,最高気温25℃(最低気温16℃),水温:湾奥24℃

 
湾奥ポイントを見てきました。


春の季節モノはそろそろかなり下火になっているはずですが


オヨギイソハゼはまだ


雄の発色ケンカが少しは見れるかな?とチェックみると・・
 
 
やはり少し見れましたが


1か月前頃に比べると雄の数自体が結構減り


発色ケンカも数回程度しか見れず。




オヨギイソハゼをチェックしながら


「お!」の魚を見つけました・・・
 
上:全長8㎝くらい,下:全長10㎝くらい



見つけたときは



「お!こんな湾奥にクロソラスズメダイ??」と思いましたが


写真を撮ると顔に青い斑点が多数あり


クロソラスズメダイぽくない感じ。


帰宅後調べるとスズメダイモドキのようです。


スズメダイモドキの決めて(クロソラスズメダイとの違い)は


側線有孔鱗数と胸鰭条数・・・
 
 
この魚の側線有孔鱗数は14,でスズメダイモドキと一致


クロソラスズメダイの側線有孔鱗数は18~21

 

この魚の胸鰭条数は16,でやはりスズメダイモドキと一致


クロソラスズメダイの胸鰭条数は19か20




いままで青と黄色のツートンでかわいい小さい幼魚は


見たことがあったスズメダイモドキですが


大きめのコを見るのは初めて♪
 
 
 
クラカオスズメダイモンツキスズメダイの成魚クラスより


一回り大きい10㎝の方のスズメダイモドキ



2024年5月のログ


2023年5月~2024年4月のログ


 

 

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2024 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.