フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

1月17日
曇り時々晴れ,北東風微弱,最高気温17℃(最低気温12℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃


強い北風がおさまったので


3日ぶりにMHGマイホームグランドの略


継続ウォッチ中のマイ通称・ワシバナガラスハゼをもちろんチェック・・


ペアA





雌雄とも健在で


生まれて日の浅そうな卵もありました。

卵の拡大

発眼マックス&孵化まであと3,4日といったところか。




ペアBも雌雄とも健在&卵あり♪


ペアB


♂・卵


卵の拡大

ペアAの卵(3つ上画像)より1日か2日ほど先に生まれたっぽいペアBの卵


こちらは発眼マックス&孵化まであと2,3日といったところか,な。




1月16日
曇り時々晴れ一時雨,北風強い,最高気温15℃(最低気温12℃),水温:リーフごく浅場21~20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


ルリスズメダイユビエダハマサンゴとゲストさん


エダコモンサンゴの群生とゲストさん




1月15日
曇り一時晴れ午後から時々雨,北風かなり強い,最高気温14℃(最低気温13℃),水温:河口域22℃


今日は河口域をちょっと見てきました。


河口域泥底のおなじみ4種をど~ぞ。


ハゴロモハゼ



ホホグロスジハゼ


「日本のハゼ」のカスリハゼ属の1種


トサカハゼ2個体




1月14日
曇りのち晴れ,北風かなり強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃,リーフごく浅場21℃


日本海側などで大雪を降らせている寒気の影響が


奄美大島にも及んで


北風の強い真冬の天気でした。


MHGマイホームグランドの略もだいぶ荒れていましたが


継続ウォッチしているマイ通称・ワシバナガラスハゼを見に


波越え,うねり越えて行ってきました。




で,昨日の夜に見た卵は


あの後に孵化(ハッチ)しているだろ~と見てみると・・・


お! 卵がまだある!


ハッチしなかったとは~意外だな~。


卵の拡大

マイ通称・ワシバナガラスハゼの2ペアをウォッチしているので


この発眼卵のあるペアをペアA,もう一方をペアBとしますが,


ペアA・卵を見つけた1月10日から今日14日までの画像を下に並べて


見比べてみると・・・

日を追って虹彩と瞳ができあがってきて


13日には発眼マックスぽく,


13日のペアA・卵と孵化する前のペアB・卵(下画像)を


比べてもほぼ同じ状態ぽいですね~。


昨日(あるいは今日の早朝に)孵化してもおかしくなかったペアA・卵が


孵化しなかったのは


自分のウォッチが影響したためかなあ~?


ハッチウォッチは,


1分に1回数秒程度のごく弱いライトの光をあてて


ハッチしてるかどうか確認する,という


できるだけハッチに影響がないように見てるんだけどなあ~。




そういえば5年前にガラスハゼのハッチウォッチをした際も


自分のウォッチが影響したのか


なかなかハッチしなかったことがあったなあ~

(その5年前2月のログをリンクしますので興味のある方はどうぞ
2012年2月ログ, 2月12日がガラスハゼハッチ日です)


ワシバナガラスハゼも5年前のガラスハゼのように


いずれはハッチシーンを見せてくれると良いけどなあ~。




1月13日
朝雨のち曇り夕方からまだ一時雨,北風弱い夕方から強い,最高気温16℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥22℃


今日はまず


シュノーケリングのガイド・・・


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




このアオウミガメウォッチングの最中に


ふとすぐ下を見ると・・・


お~! コンゴウフグ!♪


初めて見ました!♪


こんな浅いインリーフにいるもんなんだなあ~。




そして今日も気になるマイ通称・ワシバナガラスハゼへ。


シュノーケリングのゲストさんをお送りした後


昨日の卵を見てみると


やはり孵化(ハッチ)せずに卵は残っていました。


そこで今晩も夜に潜り


ハッチウォッチにチャレンジ・・・


日没41分後の卵


日没40数分後まで見ましたが孵化せず。


今までにガラスハゼ属の中では


イロワケガラスハゼアカメハゼガラスハゼのハッチを


ウォッチ・撮影していますが,


ハッチ時間帯は


イロワケガラスハゼが日没直後,


アカメハゼが日没直後から30分後くらいまで,


ガラスハゼが日没後かあるいは日の出前,でした。


ワシバナガラスハゼはひょっとすると


日の出前にハッチするパターンかな~(?)


明日は荒天になりそうで明日は無理だけど


次回のハッチウォッチチャンスでは


早朝に(も)見てみようかな~。




2016年1月のログ

2016年12月~2016年1月のログ









2016年奄美の海!フォトコンテスト
募集・審査終了しました
ご応募ありがとうございました
2016年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門2位
「あ゛ぁぁぁ~。」

クマノミ部門2位
「Lovely Face♪」

マクロ部門5位
「巨大魚が来たーー!」

入賞3作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2016年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)
kanehara@amamiensis.com
TEL 0997-63-0241,携帯090-4615-1646,FAX 0997-63-2382

Copyright(C) 2004-2016 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.