フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

4月28日
晴れ,北風やや強い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:下流~河口域の水底25~24℃,川の上流域気温よりだいぶ低い


昨日今日のゲストのAさんが撮られた画像を拝借しました。

メディアをお借りする時間がなかったので液晶画面を撮らせてもらいました汗


エリホシベニハゼ

サツキハゼの求愛

ヒカリイシモチ属の1種 Siphamia senoui

ヒラヨシノボリ



Aさん,画像ありがとうございました。




4月27日
雨時々曇り,北風やや強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃,リーフごく浅場24℃,湾奥23℃


今日は朝と午後にダイビングのガイド,

お昼頃にはシュノーケリングのガイドでした。

シュノーケリングガイド時の画像をど~ぞ。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


ルリスズメダイなどとゲストさん




4月25日
ほぼ快晴,南風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場24℃,川の上流域気温よりだいぶ低い,中流域気温よりけっこう低い


今日は午前中にシュノーケリングのガイド・・


アオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイユビエダハマサンゴとゲストさん


ハリセンボンとゲストさん




午後は川の上流域,中流域を見てきました。


おなじみのリュウキュウアユですが


今年は冬の高水温が祟ったようで
リュウキュウアユは冷水性の魚ですからね)


生息数が少なく,いつも自分がウォッチしているところで見れず


川の師匠のYさんに見やすそうなところを教えてもらいました。


ありがとうございました。




4月24日
ほぼ快晴,南風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温17℃),水温:湾奥23℃


湾奥ポイントで


出モノ系のスミツキイソハゼが越冬しているのを確認♪


全長1㎝ない幼魚ですが


長く居着いてほしいところ。





季節モノのサツキハゼの求愛が


順当に最盛期になってきてました♪


求愛ナズリング
左♀,右♂


そして

発色した鰭を全開にしての側面誇示により求愛


♂の側面誇示を近くで見入る♀

♀近すぎ,見入りすぎ




この湾奥ポイントの以下おなじみさんたちもど~ぞ。


イチモンジコバンハゼ幼魚


フタボシイソハゼ


ライデンテナガカクレエビ


カスリモヨウベニハゼ


ナデシコイソハゼ


エリホシベニハゼ




4月23日
快晴,北風弱い,最高気温24℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場23℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


今日もアオウミガメを3個体見たものの
(ゲストさんが見たのは1個体,しかもちらっと


一緒に撮らせてくれるコはおらず残念


ということで,魚やサンゴとゲストさん画像をど~ぞ。


ルリスズメダイなどとゲストさん


エダコモンサンゴの群生とゲストさん



アオバスズメダイユビエダハマサンゴとゲストさん




2016年4月のログ

2017年3月~2016年4月のログ









2016年奄美の海!フォトコンテスト
募集・審査終了しました
ご応募ありがとうございました
2016年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門2位
「あ゛ぁぁぁ~。」

クマノミ部門2位
「Lovely Face♪」

マクロ部門5位
「巨大魚が来たーー!」

入賞3作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2016年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)
kanehara@amamiensis.com
TEL 0997-63-0241,携帯090-4615-1646,FAX 0997-63-2382

Copyright(C) 2004-2017 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.