フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます 
 
     Instagram

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


5月13日
未明に激しい雷雨午前雨午後雲夕方からまた雨,南西一時北東風弱い,最高気温26℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場24-23℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月12日
曇り午後から雨,南風弱いのちやや強い,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:インリーフ浅場25℃,タイドプール24~23℃

 
雨が降る前に


インリーフやタイドプール(TP)を見てきました。


ナンヨウミドリハゼミツダレヘビギンポの幼魚が接近していたので


もっと接近しないか,カメラを構えていましたが・・・
 
 
これ以上寄らず&両種お互い無関心 残念


TPおなじみ以下2種もど~ぞ
 
 
クロマスク幼魚

 
 
ゴマフヘビギンポまたはソメワケヘビギンポまたはその近似種幼魚


5月11日
晴れ昼過ぎから曇り一時雨,南東風やや強い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥23~22℃

 
5月7日に健在を確認できたイロワケガラスハゼのお父さん,


「産卵床に卵そろそろあるだろう~」と見てみると・・・

今日もまだ卵なし。残念。


念のため


産卵床のあるこの枝の反対側(は撮り辛いんですが)も見てみると・・・
 
こちらもやはり卵なし。


イロワケガラスハゼのお父さん,いつも産卵床にいて


産卵床に藻など生えないように


きれいにキープしているので


この産卵床でまだ繁殖しそうなんですけどね・・・


望む繁殖再開!

 
1月のログに書いたように


オスジイソハゼが今年は多く,当たり年なんですが


無事越冬した個体も多いようで


今も結構見られています。


5月10日
晴れ夕方から雲一時雨,南東一時北東風微弱,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,湾内浅場24℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月9日
晴れ午後曇り,北風微弱,最高気温27℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場24℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


2021年5月のログ

2021年4月~2020年5月のログ





お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2021 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.