フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

4月20日
ほぼ快晴,南風微弱,最高気温25℃(最低気温17℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃


久々(9日ぶり)にMHGマイホームグランドの略を見てきました。


4月11日に孵化を見る撮るしたイロワケガラスハゼ


新たな卵がありました・・



卵を世話するお父さんイロワケガラスハゼ

卵の拡大

この卵の孵化も見る撮るしたいところ♪


例年4月下旬から繁殖開始するネオンテンジクダイ


口内保育する♂が見られ


今年も順当に繁殖開始しているのを確認。


春幼魚代表格・アマミスズメダイの小さめ(全長2㎝以下)幼魚も


遅ればせながら今季初ウォッチ。


数箇所で見られたので


結構前(3月中かも?汗)に現れていたんでしょうね。




4月19日
ほぼ快晴,北西風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場午前23℃,午後25℃


現在メインでシュノーケリングを案内している


「いつものシュノーケリングポイント」に


通いはじめて1年半,


順調にアオウミガメウォッチを案内してきたんですが


昨日はじめてアオウミガメに1個体も会うことができず汗。


昨年もこの時期「ちょっと見つけ辛いなあ~」という印象はあったものの


ゼロはなかったんだけどなあ~汗




で,改めて「いつものシュノーケリングポイント」を再チェック。


気合を入れなおして(昨日も気合は入っていたけど汗)


午前に4個体,午後も4個体のアオウミガメをゲット・・・


午前に来ていたアオウミガメたち

上から(見つけた順に)

フレンドリー度順位6位,19位,4位
(+撮らせてくれなかったコ1個体)


ど干潮(激引き潮)で見つけ辛い午後には

フレンドリー度順位3位のコ
(+撮らせてくれなかったコ3個体)




4月18日
ほぼ快晴,北西風やや強いのち弱い,最高気温23℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場午前22℃,午後24℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


エダコモンサンゴアオバスズメダイルリスズメダイとゲストさん




4月17日
雨降ったりやんだり,ほぼ無風,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




摂餌中のアオウミガメをウォッチしていると


ときどき見るシーン・アオウミガメの甲羅に寄り添うアオヤガラ


今日も見れました。

アオウミガメの甲羅に寄り添うアオヤガラ

(この
アオウミガメはフレンドリー度順位9位のコ)


アオヤガラの拡大

アオヤガラくん,ほっとひと息つける時間,


なのだろう~か?




4月16日
曇り時々晴れ間,北西風強いのち弱い,最高気温22℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




2018年4月のログ

2018年3月~2017年4月のログ




2017年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門4位
「vivid (^^)」

マクロ部門4位
「はる♪」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2017年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


2018年(第13回)奄美の海!フォトコンテストについて





〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)
kanehara@amamiensis.com
TEL 0997-63-0241,携帯090-4615-1646,FAX 0997-63-2382

Copyright(C) 2004-2018 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.