フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

2月17日
曇り,北風やや強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


2月16日
曇り昼過ぎから小雨,北風朝やや強い,最高気温20℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場23~22℃


今日はシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


2月15日
曇り時々晴れ夕方から雨,南風弱いのち強い,最高気温22℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥23~22℃


MHGマイホームグランドの略の砂泥底を見た後


窒素抜きがてら寄った浅場の根でのこと・・・
 
 
ハナヒゲウツボが伸びたり(出かけたり)

 

縮んだり(引っ込みかけたり)のソワソワ状態

 
 
前方をうろうろするニセネッタイスズメダイ(上画像)が


どうも気になる(あわよくば食べたい)様子。


これを見たのは夕方で


そろそろハナヒゲウツボの動きが活発になる時間帯なので


摂餌シーンまで見れなくても


摂餌しようと巣穴から出てきて


ニョロニョロ動き回るところとか見れるかも?♪


と,しばしウォッチ。

 
 
ハナヒゲウツボの伸びたり縮んだりの頻度が上がり


そろそろ何か起こるか!?と期待が高まった頃


根の主・ヤミハタ(上画像)が「うちのコに手を出すな!」と


ハナヒゲウツボを威嚇 


このためか(?)摂餌も出歩きも見れずにウォッチ終了。


久々(9か月ぶりくらい)に下画像のように出歩くところを見たかったなあ~

 
 


2月14日
曇り時々小雨,北北東風やや強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃


MHGマイホームグランドの略を見てきました。

 
 
レモンブダイ

 
 
エンマゴチ


この2種類は見るたびに撮っちゃうんだよなあ~。


そういう魚,結構多いんだけど


2月13日
雨昼前から曇り,北~北東風朝強いのち弱い,最高気温17℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


2019年2月のログ

2019年1月~2018年2月のログ




2019年 奄美の海!フォトコンテスト    2018年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品
   
クマノミ部門5位
「覗いちゃ、いや~ん」」

自由部門3位
「かがやき」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2018年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧




〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2019 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.