フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

1月14日
曇り昼前から晴れ,北風弱い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20~19℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
 
今日ゲストさんと見たアオウミガメ(フレンドリー度順位6位のコ)は


休憩(半冬眠?)モード・・・

 
 
 
ときどき泳ぐものの


摂餌もせず息継ぎもせず・・・

 
 
すぐにまた


前肢を広げて胸を砂地に付け気味にして


休憩モードに。


こんな行動が見れるのも冬ならでは,だな~




1月15日は


ガイドや潜りをひと休み日にして


ゲストさんの集合場所に使っている


民宿・さとの家のウッドデッキの塗装などをしてました。
 
 
ということで・・
 


1月13日
朝一時小雨のち曇り時々晴れ間,北風強い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 

エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




午後は


ゲストさんはいませんでしたが


なんとなく気が向いたので


いつものシュノーケリングポイントへ再度行き,チェック。


午後に来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 26位(最下位) ランク外 5位


ちなみに午前のガイド時にゲストさんと見たのは

1位のコ
 


1月12日
曇り時々晴れ,北北西風強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃,湾奥20℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 

エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




午後は湾奥ポイントを


スクーバでチェック。

 
 
二次性徴(第1背鰭棘が伸長)したナデシコイソハゼの♂が見れました。


ナデシコイソハゼ,ちょっと早めに繁殖期入り,かな(?)




湾奥の以下おなじみさんたちもど~ぞ
 
 
ライデンテナガカクレエビナデシコイソハゼ幼魚(または♀)

 
 
イチモンジコバンハゼ幼魚

 
 
エリホシベニハゼ


1月11日
曇り一時晴れ間夕方から小雨,東風微弱,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22~21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。

 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ネッタイスズメダイなどとゲストさん


1月10日
晴れのち曇り,北風微弱,最高気温19℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場20℃,湾内エリアやや湾奥21℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




午後はMHGマイホームグランドの略


スクーバでチェック。

 
 
まずムネアカクチビ


MHGでは初ウォッチ♪

 
 
11月25日に見つけたツキノワイトヒキベラ幼魚が


元気にご滞在中。
(左はクロヘリイトヒキベラ幼魚)


外海のかなり潮通しの良いところでは定番ベラながら


やや湾奥のMHGでは幼魚が出るのみのツキノワイトヒキベラ


MHGでの年越しは初確認。


越冬もしてほしいところ。

 
 
大晦日に


キュウセンフエダイのチヂミコモンサンゴに来ていた


成体クラスのアオウミガメコバンザメ


今日も同じところに。


ここが休憩場所なんだなあ~。


2019年1月のログ

2018年12月~2018年1月のログ




2017年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門4位
「vivid (^^)」

マクロ部門4位
「はる♪」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2017年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


2018年(第13回)奄美の海!フォトコンテストについて





〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2018 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.