フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

4月18日
朝晴れのち薄曇り時々晴れ間,北東風微弱,最高気温24℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場25~24℃


今日はガイド合間の日で


シュノーケリングポイントのチェックのみしました。


今日来ていたアオウミガメたち
 

上から見つけた順に

フレンドリー度順位 18位 17位 20位 4位 6位


4月17日
小雨夕方から曇り一時晴れ間,北東風弱い一時やや強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場23℃


今日はシュノーケリングのガイドでした

 
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


4月16日
曇り昼頃から時々小雨,南東風弱い,最高気温21℃(最低気温15℃),水温:インリーフ浅場20℃,湾内エリアやや湾奥23℃

 

インリーフ浅場で


季節モノのミナミイソハゼの求愛がそろそろ良い感じかな~ 


と見ると


上画像のような二次性徴(背鰭棘が伸び,顔が肥厚) して


鰭も発色気味の♂が見られたものの


求愛は見られず。

 

同じ場所で


空きビンを産卵床にしてるっぽいクモハゼがいたので


撮っていると・・
 

このビンに♀ぽいクモハゼ(上画像左)が近づいたので


ビンから♂クモハゼが出てきて求愛しないかな~


とカメラを構えていたものの出てこず 残念




そして


夜は


昨日のログに載せた


イロワケガラスハゼのやや発眼した卵が


今晩孵化だろ~と見る撮るしてきました。


で,やはり孵化でした・・・
 
 
孵化仔魚たち

大きさは推定2mmくらい

 
 
旅立つ孵化仔魚たちを見守るお父さん,のカットは


このくらいしか撮れなかったものの 


まあ今年の孵化シーン撮影第1弾なので,良しとしよ~♪


4月15日
晴れ,北風やや強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
3月から4月中旬(卒業旅行,春休み期間)の


シュノーケリングガイド繁忙期・今年第一弾も


先週でほぼ終わったので


今日は久々にスクーバでMHGマイホームグランドの略を見てきました。




主目的は


毎年孵化シーンを見る撮るしているイロワケガラスハゼ


今年も順当に繁殖始めてるだろ~と


イロワケガラスハゼのコロニーへ。





そこへ向かう途中に


ちょっとした「お!」が2つ・・・

 
 
まず全身出して移動していたハナヒゲウツボ


移動するハナヒゲウツボを見るのは10か月ぶり。


ただ,今日はイロワケガラスハゼチェックのみの予定だったので


マクロレンズ付きのカメラしかもって行かず。 で,うまく撮れず 汗


ズーム付きも持っていくんだった~。

 

もうひとつはキツネブダイ幼魚


夏から秋の定番幼魚で


この時期に見るのは(過去ログを振り返ると)2006年以来2度目。




目的のイロワケガラスハゼを見ると


やはり繁殖中で・・・ 
 
 
卵と♂

卵の拡大
 
 
生まれてから日の浅そうな卵

 

別の産卵床には眼ができかけている卵も




今年も機会を見つけて


イロワケガラスハゼの孵化シーンを 


見る撮るしたいところ。


4月14日
朝一時小雨のち曇り午後から晴れ間,南風弱い一時強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした

 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ハナミノカサゴとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ネッタイスズメダイルリスズメダイなどとゲストさん


2019年4月のログ

2019年3月~2018年4月のログ




2019年 奄美の海!フォトコンテスト    2018年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品
   
クマノミ部門5位
「覗いちゃ、いや~ん」」

自由部門3位
「かがやき」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2018年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧




〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2019 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.