フィッシュウォッチング&ダイブサービスアマミエンシス  
 奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影を
ご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

12月7日
雨,北北東風強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴとゲストさん

 
 
ツノダシなどとゲストさん


12月6日
雨,北東風やや強い,最高気温16℃(最低気温14℃),水温:リーフ22℃


全国的に気温の上がらない寒い1日だったようですが


奄美大島も真冬の気温でした。


そんな中,雨も降ってましたが


今日も魚を見たかったので


リーフへ行ってきました。

 
リーフのおなじみギンポの1つ セダカギンポ


体が赤くなった婚姻色気味の♂が3個体ほど見れましたが


さすがに繁殖期ではないようで(繁殖期は春から夏)


卵は見当たらず。

 
リーフの準定番魚・ミスジテンジクダイ L型・・・

  
オトヒメエビとのコラボモドキ


クリーニングには至らず。


12月5日
曇り夕方から雨,北東風弱い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん

 
 
ツノダシとゲストさん


12月4日
曇り一時晴れ間,北東風弱い,最高気温19℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥23~22℃


MHGマイホームグランドの略砂泥底おなじみハゼの1つ ニセホシノハゼ・・・

 
トタンの切れ端の下が棲み家のようで


卵がないかちらっと見せてもらったものの


見当たらず。


繁殖期じゃないのか? 孵化した後なのか??




このニセホシノハゼくんの近くで見れた


以下おなじみさんたちもど~ぞ
 
イトカケホオカギハゼ

  
カゲロウカクレエビ属の1種

  
アカスジカクレエビ


12月3日
晴れのち曇り,北風強い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場24~23℃


いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 6位 24位 22位 17位 9位 12位 11位


2019年12月のログ

2019年11月~2018年12月のログ




2019年 奄美の海!フォトコンテスト    2018年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品
   
クマノミ部門5位
「覗いちゃ、いや~ん」」

自由部門3位
「かがやき」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2018年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧




〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2019 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.