フィッシュウォッチング&ダイブサービスアマミエンシス  
 奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影を
ご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


7月17日
晴れ時々曇り,南東風やや強い,最高気温31℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場29~28℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイミスジリュウキュウスズメダイ

などとゲストさん



7月18日からしばらくファンダイブのガイドにつき写真は撮らず。で・・・
 


7月16日
晴れ昼前から薄曇り,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場午前28~27℃,午後29~28℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイ

などとゲストさん


シュノーケリングガイド中にちらっと撮った魚2種もアップ・・・
 

ヒレがイトヒキ状の小さいイトヒキアジ幼魚


このポイントで小さいイトヒキアジ幼魚を見るのははじめて


 
 

体側がまだら模様になった大きめ(全長7~8㎝くらい)シロオビハゼ


魚類写真資料データベースを見ると


  このようなまだら模様のシロオビハゼ画像が何枚もアップされているので


大きな個体ではしばしば出る模様なのかも(?)



7月15日
早朝雨のち曇りのち晴れ,北東風弱い,最高気温30℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場27℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


7月14日
おおむね晴れの夏空,南西風強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場午前28~27℃,午後29~28℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ハマサンゴのなかまルリスズメダイとゲストさん


7月13日
晴れ夏空,南西風やや強い,最高気温32℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場午前27℃,午後29~28℃ 平年より2週間遅れてようやく梅雨明け宣言でました

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイミスジリュウキュウスズメダイ

などとゲストさん


2019年7月のログ

2019年6月~2018年7月のログ




2019年 奄美の海!フォトコンテスト    2018年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品
   
クマノミ部門5位
「覗いちゃ、いや~ん」」

自由部門3位
「かがやき」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2018年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧




〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2019 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.