フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

10月17日
曇り時々晴れ間,東風弱い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:リーフ28℃


先週のガイド中に


ゲストさんが見つけた「お!」の魚2種を


自分もちょっと探しに行ってきました。


まずはゲスト・Yさんの奥さんが見つけたヒョットコオコゼ極小幼魚,


なんですが・・・


全長1㎝程度


この極小くんが漂っていたあたりから


広めに探しましたが見つけられず 残念。



漂い系幼魚では・・・


ホシテンス幼魚

や・・


オビテンスモドキ幼魚
全長2㎝代

全長1㎝代


などは何個体も見つかるんですけどね~・・・




もう1種はイトヒゲモジャハゼ


6月にもイトヒゲモジャハゼを見つけたマクロ大好きさんが


先週のご来店時にも見つけてくれました。 いつもありがとうございます!


で,マクロ大好きの探し方で


自分も探してみると・・・


お!見つかった!♪




10月15日
早朝&夕方雨のち曇り,南東風弱い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場28℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




10月14日
早朝に雨のち曇り,南東風弱い,最高気温29℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場28℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


ユビエダハマサンゴネッタイスズメダイアオバスズメダイ

とゲストさん


ハマクマノミなどとゲストさん


パラオハマサンゴの大群生とゲストさん




10月13日
曇り時々雨,北東風弱い,最高気温29℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場28℃


シュノーケリングポイントの様子を見てきました。


シュノーケリングポイントの人気生物くんたちをど~ぞ。


アオウミガメ

フレンドリー順位2位のコ


アオバスズメダイ

エダコモンサンゴ


ルリスズメダイ

右にシマキンチャクフグヒレナガハギ幼魚なども




10月12日
晴れのち曇り,東風弱い,最高気温32℃(最低気温24℃),水温:河口域の水底28℃


先日のガイド中に見つけた「お!」の魚を


撮りに行ってきました。 が・・・


その魚は7年ぶりに見つけたシマサルハゼなんですが


今日は海況が悪く見つけられず・・


やはり潮を合わせて行かないとダメだな~。


再来週リベンジ予定。




シマサルハゼがいたところより一段浅いところの海況はまずまずで


そこでクロヒメハゼのケンカシーンが見れました♪


ケンカ時,興奮して


体全体が黒ぽく発色。


とくに背ビレや尾ビレの発色が鮮やか♪


ケンカが終わり

発色が消えた上画像右のコ




2016年10月のログ

2017年9月~2016年10月のログ









2016年奄美の海!フォトコンテスト
募集・審査終了しました
ご応募ありがとうございました
2016年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門2位
「あ゛ぁぁぁ~。」

クマノミ部門2位
「Lovely Face♪」

マクロ部門5位
「巨大魚が来たーー!」

入賞3作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2016年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)
kanehara@amamiensis.com
TEL 0997-63-0241,携帯090-4615-1646,FAX 0997-63-2382

Copyright(C) 2004-2017 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.