フィッシュウォッチング&ダイブサービスアマミエンシス   奄美満喫ツアー体験プログラム
 奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影を
ご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

1月22日
快晴のち曇り,南南東風弱い,最高気温21℃(最低気温11℃),水温:リーフごく浅場21~22℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん


1月21日
朝曇りのち快晴,北風やや強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21~20℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん

 
エダコモンサンゴハリセンボンとゲストさん


1月20日
曇り時々晴れ,北風弱い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:湾奥ごく浅場ここも昨日のいつものシュノーケリングポイントより1℃高かったもののサンゴ礁定義ギリギリの低水温

 
ブイ(浮標)ロープに棲みついているニジギンポ


年中見れらますが


冬はそのロープに海藻が増えて


それらを入れて撮るとより良い被写体に。

 
 
今日8箇所のブイをチェックしたところ


写真映えする紅藻類の茂りはイマイチでしたが・・・

 
 
 
 
ニジギンポ,やっぱりかわいいっすね~


1月19日
曇り,北風弱い,最高気温16℃(最低気温12℃),水温:リーフごく浅場サンゴ礁定義ギリギリの低水温

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


1月18日
曇り一時晴れ間,北風強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイ

ミツバモチノウオとゲストさん


2020年1月のログ

2019年12月~2019年1月のログ





〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2020 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.