フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます 
 
     Instagram

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


1月21日
曇り一時晴れ,南東弱い,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃

 
潜ったときは


小さいのから大きいのまで魚は


目につくものすべてチェックしてるんですが


今日もまたオスジイソハゼです


今年3箇所目のオスジイソハゼ


明日は雨ぽいので


久々に潜りひと休み日にしようか,と思ってましたが


やっぱり明日も潜って


3日連続オスジイソハゼ発見にチャレンジすっかな???



今日のオスジイソハゼ近辺で見られた


MHGマイホームグラウンドの略おなじみ3種もど~ぞ。
 
ハナグロイソハゼ

第1背鰭棘が伸びた♂が早くも見れました

 
タキベラ全長15㎝くらいのやや大きめ幼魚


近くにもうひとまわり大きいタキベラ幼魚もいましたが

MHGに現れるタキベラはこの大きさ止まり
(つまり死滅回遊)

一度成魚クラスを見てみたいなあ~。

 
オビイシヨウジ



1月20日
晴れ夕方から曇り,東北東風弱い,最高気温18℃(最低気温12℃),水温:湾内エリアやや湾奥20℃

 
1月11日にオスジイソハゼのミニコロニーを見つけて「お!」でしたが


今日また別のところで単独個体ですが


オスジイソハゼを発見。

 

全長1㎝あるかないかの幼魚オスジイソハゼ


2006年に初めて見つけて,それから2012年くらいまでは


ぽつぽつと見られていたオスジイソハゼ


その後まったく見れませんでしたが


また増えてくるといいなあ~。



MHGマイホームグラウンドの略をやや広めに周って撮った


ベラ極小系幼魚2種もど~ぞ。
 
ソメワケベラ

全長2㎝程度

 
スジベラ

全長1㎝あるかないか



1月19日
曇り一時晴れ,北北東風やや強い,最高気温17℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥20℃

 
MHGマイホームグラウンドの略を広めにチェック。


とくに「お!」は見れませんでしたが


見るたびになぜか撮ってしまう(笑)以下2種など撮りました。
 

クダゴンベ

 
シモフリタナバタウオ


2種とも迷惑そうにこっち見てる 汗



1月18日
曇り時々晴れ,北北西風やや強い,最高気温14℃(最低気温12℃),水温:湾奥=サンゴ礁定義ぎりぎりプラス0.4~1.3

 
ある季節モノを見る撮るしに湾奥へ行きましたが


残念ながらそれは見れず。


代わりに


コガタハナビヌメリが活発にチョコチョコしていたので


しばしウォッチ・・・
 

コガタハナビヌメリ3個体


まあ時期的なこともあるんでしょうが


上画像のように盛んに接近するも


お互い無関心でケンカも何も起こらず

 
マダラハゼ(上2つ画像右)にもよく接近してましたが


両者とも無関心 


まあでもコガタハナビヌメリ,チョコチョコとかわいかったですけどね。



1月17日
曇り時々晴れ時々小雨,北北西風強い,最高気温15℃(最低気温13℃),水温:リーフ20℃

 

リーフ浅場にいたカサゴの極小幼魚(全長1㎝程度)。


サツマカサゴかな~?


もっと大きくなると近似種のマルスベカサゴ,ニライカサゴとの


違いがはっきりしてくるんだろうけど・・・


正面方向のカットもど~ぞ。


2021年1月のログ

2020年12月~2020年1月のログ





お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2021 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.