フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます 
 
     Instagram

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


6月5日
雨,北風弱い一時ほぼ無風,最高気温26℃(最低気温25℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃


1日雨でしたが


ちらっと海中散歩へ。


こういう天気の悪い日は


あまり海中をウロウロ泳がずに


じっとサンゴのそばででも


見る撮るするのが良いですね~。


サンゴに棲むおなじみハゼ3種をど~ぞ。
 
 
アワイロコバンハゼ 

全長6,7㎜くらいの幼魚

 
 
アカテンコバンハゼ 

 
 

ハシブトウミタケハゼ 

1㎝切るくらいの幼魚と成魚クラス

成魚クラスは小さく「あ~ん」


アカテンコバンハゼもこういうサンゴにいると


撮りやすいんだけどなあ~(笑)

 

6月4日
快晴午後から曇り夕方強い雷雨,南風やや強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃

 
今日も研究者依頼でのシノビハゼ属の撮影。


今日はテッポウエビとの共生シーンを主に撮りました。

 
 
ホホスジシノビハゼ



「日本のハゼ」p.301テッポウエビ属の1種-2


6月3日
ほぼ快晴,南風やや強い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:リーフ26~25℃

 
今日はある研究者の依頼で


シノビハゼのなかまの写真を撮ってきました。

 
 
ハタタテシノビハゼ

和名のついているシノビハゼで最も潮通しの良いところに棲む

 

ヒメシノビハゼ 

和名のついているシノビハゼで最も少数派


6月2日
曇り時々晴れ夕方一時雨,南風弱い,最高気温27℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥26~25℃

 
今日もMHGマイホームグランドの略で海中散歩。


昨日に続いて「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種-8


見つけたんですが・・・

 

今日のコは

体側の緑ラインが尾柄まで出ている

結構成長した個体(全長2㎝ちょっとくらい)。


このサイズの1種-8は稀でかなり「お~」でした。

 

6月1日
曇り,北東風弱い,最高気温27℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃

 
今日はMHGマイホームグランドの略で海中散歩。


出モノ系の「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種-8幼魚が


結構たくさんいるサンゴがあって「お!」でした。


画像はそのうち2個体。




上のコらと同じサンゴにいたメガネゴンべ幼魚 全長3㎝あるかないか,


も,ど~ぞ。
 
 

2020年5月のログ

2020年4月~2019年5月のログ



 
 
2020年 奄美の海!フォトコンテスト    過去5年の当店ゲストさん入賞作品
 



2019年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧

 







〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2020 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.