フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

2月20日
晴れのち曇り夜一時雨,東風弱い,最高気温23℃(最低気温18℃),水温:タイドプール22~21℃


しばらく行っていなかった


タイドプール(TP)をちょっと見てきました。


TPの以下おなじみさんたちをど~ぞ


イレズミハゼ


ヨコシマタマガシラ


ベニハゼ


サンカクハゼ


セスジサンカクハゼ


ツマジロナガウニホシニセスズメ




2月19日
快晴,東風弱い,最高気温18℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥22~21℃


久々に


マイ通称・ワシバナガラスハゼ ペアA&B たちは


未だに元気で繁殖しているだろうか?


と見てみると・・・


ペアBの





ともに健在で・・


お!卵もあり♪


まだ元気に繁殖中なんだな~エライな~。


水温が,継続ウォッチしていた頃(1月10日~2月9日)とあまり変わらないので


この卵の状態から見て,産卵後3日以内だな。


ペアAも





ともに健在で卵もあり♪


しばらく見ないうちに


ペアAの産卵床は藻がだいぶ生えちゃってるな~。


♂,産卵床のメンテをしない,か


メンテする間もなく♀が卵を産むのかも。


産卵床の藻がいっぱい過ぎて


ペアA・卵塊の右の方は


藻の上に産み付けられちゃってますね。


ペアAの♂


大きくなると(老成化すると?)


上顎がワシバナ状になるはずですが


まだまだですね~。


宿主のウミカラマツのなかまとともにどんどん大きくなって


ワシバナになるまで居着いてほしいところ。




2月18日
晴れ午後から曇り,北風強い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




2月17日
晴れのち曇り夜一時雨,南風弱い,最高気温23℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場22℃,タイドプール23℃


久々にタイドプール(TP)へ行きました。


昨年10月に

2年ぶりにTPに現れてくれたヤイトギンポが無事年越し♪
(今頃の確認になってしまった汗)


ヤイトギンポの近くには肉食魚のキミオコゼがウロウロ


ヤイトギンポくん,喰われんようにね~。



TPのおなじみさん2種もど~ぞ。


クサギンポ

求愛していた婚姻色気味の♂


クロホシイソハゼ

ケンカ時に発色する♂




2月16日
ほぼ快晴,南風弱い,最高気温19℃(最低気温9℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




2月15日
晴れ,北風弱い,最高気温17℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21~20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


エダコモンサンゴの群生とゲストさん


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん




2016年2月のログ

2017年1月~2016年2月のログ









2016年奄美の海!フォトコンテスト
募集・審査終了しました
ご応募ありがとうございました
2016年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門2位
「あ゛ぁぁぁ~。」

クマノミ部門2位
「Lovely Face♪」

マクロ部門5位
「巨大魚が来たーー!」

入賞3作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2016年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)
kanehara@amamiensis.com
TEL 0997-63-0241,携帯090-4615-1646,FAX 0997-63-2382

Copyright(C) 2004-2017 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.