フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス 
  奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます 
 
     Instagram

ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


2月26日
未明に雨のち午前曇り昼頃小雨午後晴れのち曇り一時雨,南風強い,最高気温24℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥21℃


 今日は午前にシュノーケリングガイド・・・
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

エダコモンサンゴ,ルリスズメダイなどとゲストさん

 
 

  午後は体験ダイビングをご案内

 
 
ハナビラクマノミシライトイソギンチャクとゲストさん

 
 
クマノミ・ペアなどとゲストさん


2月25日
ほぼ快晴夕方から曇り,南東風強い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場20℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん

 

ハマサンゴのなかまツノダシとゲストさん

  


2月24日
ほぼ快晴,北東風弱い,最高気温21℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん

 


2月23日
晴れ,北風弱い一時やや強い,最高気温22℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

おこぼれ狙いのミツボシキュウセン

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん

 

ツノダシとゲストさん

  


2月22日
ほぼ快晴夕方から曇り,南風弱い,最高気温23℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥20℃

 
砂泥底でちょっと見たい魚がいて


昨日,今日と探しているんですが


その魚はなかなか見つらないものの


砂泥底の根に大きなムチカラマツが生えていて


「そう言えばここにもムチカラマツ,あったなあ~」


と先日2月19日のガラスハゼチェックで見なかったムチカラマツだったので


見てみると,お~!・・・
 
 
1本目の赤ラインが第1背鰭起点にあり(上画像


これは「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4でなく


ガラスハゼ(ザ・ガラスハゼ B. yongei だ!

 
 
ペア相方(こちらが♀)も


1本目の赤ラインが第1背鰭起点にあり,やはりザ・ガラスハゼ



ちなみ下画像が「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4
 
 
1本目の赤ラインが第1背鰭起点より前にある(上画像



ザ・ガラスハゼ,MHGマイホームグラウンドの略にもいるんだな~。


 
 
浅場での窒素抜きのおともはナメラヤッコ


ナメラヤッコにしては珍しく警戒心弱めのコでした♪



2021年2月のログ

2021年1月~2020年2月のログ





お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2021 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.