フィッシュウォッチング&ダイブサービスアマミエンシス  
 奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影を
ご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

6月25日
曇り一時小雨,南東~南風やや強い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場27~26℃

 
今日もまずいつものシュノーケリングポイントで


シュノーケリングのガイド

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


午後のゲストさんは


昨日他店でウミガメウォッチングのシュノーケリングされたとのことで


パラオハマサンゴの群生地で


魚やサンゴのウォッチングをご案内

 
 
ユビエダハマサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん

 
 
ハマクマノミニセネッタイスズメダイなどとゲストさん

 
 
 
パラオハマサンゴの群生とゲストさん


6月24日
晴れのち曇り,北のち南風弱い,最高気温27℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃,リーフごく浅場26℃,タイドプール29℃

 
梅雨前線が南下して4日ぶりに穏やかな天気。


今日はまず体験ダイビング・・

ハナビラクマノミなどとゲストさん

 
 
デバスズメダイなどとゲストさん


この後,昨日大雨の影響でできなかった


いつものシュノーケリングポイントでの


シュノーケリングのリベンジガイド

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
アオバスズメダイなどとゲストさん


午後はフォト派シュノーケラーHさんご夫妻の


タイドプールシュノーケリング2日目。


今日は海況回復した


いつものタイドプール及びその隣接リーフ浅場へ。
 
 

6月23日
雨時々強い夕方から曇り,東~西東風弱い,最高気温23℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,タイドプール25℃

 
梅雨前線停滞3日目の今日もほぼ1日雨。


午前,いつものシュノーケリングポイントは


雨の影響が強く出て残念ながらクローズ。


午後は


フォト派シュノケラーのHさんご夫妻とタイドプールへ。


雨の影響がなく,生き物の多いタイドプールで


じっくり撮ってもらいました。



 
6月17,18日のゲストabyss_nyから画像を拝借したのでアップします。


6月16日

テングヘビギンポ婚姻色♂

ヒナギンポ婚姻色♂

ミツダレヘビギンポ

クサギンポ幼魚

ホホグロギンポ

「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種-3

ミツボシガラスハゼ

タカノハハゼ求愛♂

タカノハハゼ求愛♂とホリテッポウエビ


6月17日

「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種-3

マツリビハゼ

オイランハゼ求愛♂


abyss_ny,ありがとうございました。



6月22日
雨午前一時強い夕方から曇り,東南東~南風弱い,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。


梅雨前線停滞で2日連続の1日中雨。


今日は風がイマイチで,


いつものシュノーケリングポイントには結構雨の影響があったものの


雨の影響が消えた海況の良いところに


良いアオウミガメ(フレンドリー度順位2位のコ)がいてくれて


順調に終了。
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


6月21日
雨時々強い,南風弱いのちやや強い,最高気温27℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした。


1日雨でしたが


風向きが良く,雨の影響は限定的で


ほぼ順調に終了。
 
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


2019年6月のログ

2019年5月~2018年6月のログ




2019年 奄美の海!フォトコンテスト    2018年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品
   
クマノミ部門5位
「覗いちゃ、いや~ん」」

自由部門3位
「かがやき」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2018年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧




〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2019 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.