フィッシュウォッチング&ダイブサービス
アマミエンシス
奄美大島でのフィッシュウォッチング,水中撮影をご案内させていただきます


ログ
画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

12月11日
曇り時々雨,南南東風やや強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
MHGマイホームグランドの略の久しく行っていなかったエリアを


見てみると


ちょっとした「お!」が4つ・・・

 

センネンダイ幼魚


 11月30日に続いて今季2個体目♪

 
 
上のセンネンダイ幼魚のすぐそばにいたキツネベラ幼魚(全長10㎝くらい)


MHGにもキツネベラ幼魚はしばしば出るものの


いつも数cmの大きさのうちに姿を消すので


こんな大きいキツネベラ幼魚は初ウォッチ!♪

 
 
「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種-3


以前(10年前後前)は


砂礫底の定番ハゼだったものの


最近はかなり少なめで


今年初ウォッチ!♪

 
 
スミツキトノサマダイ極小級幼魚(全長1cm程度)


夏の定番幼魚で


12月にスミツキトノサマダイ極小級幼魚を見るのは


(たぶん)はじめて!♪




12月9日
小雨,北東風やや強いのち微弱,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21~20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイ,

ネッタイスズメダイ
などとゲストさん



12月10日は潜りひと休み日で・・・
 



12月8日
道路がぬれない程度のごく小雨1日中,北風強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:河口域の水底24℃,リーフごく浅場21℃


今日はまず久々に 


河口域の泥底をチェック・・・


河口域泥底のおなじみ魚たちをど~ぞ。
 

ホホグロスジハゼ

 
 

ホクロハゼ

  
 
 
トサカハゼ

 
 
 
オキナワスジハゼ

 
 
マトフエフキの幼魚(全長2㎝程度),かな?




午後はいつものシュノーケリングポイントをチェック・・・


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 

上から(見つけた順に)

フレンドリー度順位 1位,6位,11位,5位

 



12月7日
曇り時々小雨,北北西風強い,最高気温20℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場23℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




12月6日
曇り午後一時雨,南風微弱,最高気温23℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場24℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

アオウミガメの前にピカソことムラサメモンガラ

 
 
 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイ,

ネッタイスズメダイ
などとゲストさん




2018年12月のログ

2018年11月~2017年12月のログ




2017年 奄美の海!フォトコンテスト
当店ゲストさん入賞作品

自由部門4位
「vivid (^^)」

マクロ部門4位
「はる♪」

入賞2作品を撮影されたゲストさんには
主催者(ダイビング組合)からの賞品プラス
当店オリジナルメモリアルフォトフレームを
プレゼント!

2017年奄美の海!フォトコン入賞作品一覧


2018年(第13回)奄美の海!フォトコンテストについて





〒894-0511鹿児島県奄美市笠利町里34番地(空港から10分以内)

お問い合わせは以下アドレスにメールでお送りください

kanehara@amamiensis.com

Copyright(C) 2004-2018 Hiroyuki kanehara All Rights Reserved.