2月19日
曇り時々晴れ,北北西風未明までかなり強いのち弱い,最高気温17℃(最低気温12℃),水温:湾内エリアやや湾奥20℃

 
 
最近出版された「新版 日本のハゼ」を見て


コバンハゼ属の1種-9,サラサハゼ属の1種-3に続いて「お!」


だったのが


ガラスハゼ属の1種-4
 
 
特徴=体高がやや高く,赤ラインが第1背鰭起点直前にある(上画像


ガラスハゼ(ザ・ガラスハゼ B. yongei に結構似ていて


「これでザ・ガラスハゼと別種なんだ〜」って感じなんですが


いままでザ・ガラスハゼ と思って


自分が撮った画像をざーっと見返してみると


ほとんどこの1種-4のようでした。


で,1種-4ザ・ガラスハゼの生息状況を


MHGマイホームグラウンドの略で今日チェックしてきました。




ザ・ガラスハゼ1種-4ともムチカラマツ(類)につくようなので


MHGを広めに周ってムチカラマツを11ヵ所(11本)見てみると・・・
 
 
やや深場の赤っぽいムチカラマツの赤っぽい個体
(一番上画像のペア相方)

や・・

 

白っぽいムチカラマツの白っぽい個体

や・・

 
 
そしてこの個体など


今日見れたのはすべて「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4

らしき個体。




ザ・ガラスハゼ


体高がもっと(もう少し?)高いようですが,


いままで以下のようにガラスハゼのなかま


自分の潜るポイントにはいろいろと出ているものの・・・

 (amami-gobies・フォトリストより)


どれも体高が低いんだよなあ〜。


自分の潜るポイントにはザ・ガラスハゼはいないのかな〜(?)


ザ・ガラスハゼって実はレアもの??


今後も探してみたいところ。