2021年5月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


5月30日
曇り,東風微弱,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:リーフ26℃

 
リーフで初めて見るヘビギンポの幼魚がいました♪

 
 
このコは

「奄美群島の魚類」のヘビギンポ属の一種1
(魚類写真資料データベースではヘビギンポ属の1種4)

に体側の斑紋がほぼ一致
 
ネット上で公開されている「奄美群島の魚類」PDF版よりコピー

 
上画像のように


婚姻色雄は頭部が黒く,体が白ぽくなるようですが


見てみたいところ。




リーフのおなじみヤドカリ2種の極小個体もど〜ぞ。
 
 
クリイロサンゴヤドカリ

 
 
オイランヤドカリ


5月29日
曇り一時小雨,北北西風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾奥24℃

 
5月25日のログに載せたオイランハゼ求愛同様に


タカノハハゼ求愛も


もう良い時期になってきていますが


雨が多すぎてなかなかチェックできず。


昨日夜半に雨が止んだので


「ぎりぎり見る撮るできるだろ〜」と行ってみると


やはりぎりぎりの海況で


何とかタカノハハゼ求愛を今季初ウォッチ&撮影♪
 
 
求愛で「段々ジャンプ(別名ズンズンジャンプ)」するタカノハハゼ婚姻色雄


5月28日
雨時々強い,北西〜南風微弱,最高気温23℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
1日雨でしたが


一昨日のミナミイネゴチ


「自分の潜るポイントにはもう2度と出ない魚」ぽいし


あきらめ悪く,もう一度探しに行きました。


で, お!いるじゃないかあ〜!♪
 

背鰭はなかなか立てなかったものの


臀鰭も撮影♪


大きさも測定・・・
 
 
一昨日の目検討どおりに♪全長ジャスト25p




今日ももちろんズームレンズだったので


ミナミイネゴチ近くの


オトメミドリイシ(たぶん)に群れる


ヨスジ・ロクセン・キュウセンフエダイ混合群もちょっと撮影
 
 
ミナミイネゴチにもう1度会えて


雨の中行った甲斐があった〜♪


5月27日
曇り午後雨夕方一時強い雷雨,南風強いのち北西風やや強い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
昨日のミナミイネゴチは全長で25pくらいで,


油断してマクロレンズを付けたカメラしか持って行かず


ミナミイネゴチを全身撮れなかったので


「もういないかなあ〜」と思いつつ


ズームレンズに換えてミナミイネゴチを探しに行きました。


が,やはりミナミイネゴチは見つからず。


帰り道に季節モノ・ヒメダテハゼの求愛をちょっと撮影・・
 
 
上画像を撮影時,自分の肘近くで


雌のヒメダテハゼがこの求愛雄に


熱い視線を送っていたので(?笑)


少し下がって雌目線でも撮影・・
 
 
ミナミイネゴチは見つからなかったけど


こういうカットがちょっと撮れたので


ズームで行って正解♪


5月26日
朝曇りのち雨午後から曇り,南風微弱一時ほぼ無風,最高気温24℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥24〜23℃

 
MHGマイホームグラウンドの略のしばらく見ていなかったエリアを見てきました。



毎年この時期に


赤系のカイメンに増える「エレキング」ことモウサンウミウシ


今年も順当に増えてました・・
 
 
 
1cmくらいと5oくらい




そしてモウサンウミウシより少し斜面を上がったところでは


このウミウシが4月からシロガヤに居ついています・・
 
 
ロマノータス属の1種,というちょっとロマンのある名前で呼ばれていましたが


比較的最近


ナガムシウミウシという,ちょっと(いや,かなり)残念な


標準和名がついてしまったようです。残念。




魚の方では


結構な「お!」とちょっと「お!」がありました。
 
 
結構な「お!」はこのミナミイネゴチ!初ウォッチ♪


何コチか海中ではわかりませんでしたが


帰宅後「日本産魚類検索第3版」で調べると


特徴の間鰓蓋部皮弁(上画像)が写っていたので


すぐにミナミイネゴチと判明♪


魚類データベースには標本写真しかなく


ネット検索でも生態写真がほとんど出てきませんでした。


レアものなんでしょうかね〜。





ちょっと「お!」の方はオニダルマオコゼ


サンゴに頭を突っ込み「頭かくして尻隠さず」状態でいました。
 
 
正面顔に・・

 
 
横顔


全長20pくらいのやや小さめだったので


横顔は結構かわいい,かな?笑



オニダルマオコゼ,リーフでは5〜数年に1度くらい見ますが


MHGでは10数年ぶりで,ちょっと「お!」でした。


5月25日
雨午後から曇り,北西のち南西風微弱,最高気温24℃(最低気温22℃),水温:湾奥浅場25℃

 
梅雨入り後順当に雨が多く


なかなかチェックに行けませんでしたが


ようやくオイランハゼの求愛を今季初ウォッチ。
 
 
 
同一個体2カット


このオイランハゼ求愛雄のすぐ近くにいた


以下3種もど〜ぞ。
 
ハスジマハゼ

 
 
クロヒメハゼ幼魚

 
 
クロコハゼ


5月24日
曇り午後から一時雨,南風やや強い,最高気温28℃(最低気温24℃),水温:リーフ浅場25〜24℃,タイドプール30℃

 
先日5月19日に婚姻色雄が見れたハナカエルウオ


そろそろ求愛が見れないかな〜,とリーフへ。

 
 
雄3個体をウォッチしていると


1個体のみ1度だけ,ぱっと求愛のジャンプをしましたが


結局その1回のみ。
(上画像は求愛しなかった雄)


とりあえず今日はハナカエルウオ求愛を今季初確認。


撮影は求愛最盛期までオアズケ。

 

やはり5月19日ログに載せたハクセンスズメダイの卵が


発眼してました。

 
 
 
このハクセンスズメダイ卵の近くにいた


ハクテンヘビギンポ


この付近でたま〜に見ますが


婚姻色雄や求愛は見たことなし。見てみたいなあ〜。




近くのタイドプール(TP)も見ました。。

TPおなじみ以下3種もど〜ぞ。
 
 
クサギンポ雌2個体


 
 
グアムカサゴ

いままで見た中で一番小さい全長2p代のコ

 
 
ニセカエルウオ

全身出て撮ってほしそう(?笑)にじっとしてました♪


 


5月22日
雨時々曇り,北風弱い,最高気温23℃(最低気温22℃),水温:リーフごく浅場24℃


 今日はシュノーケリングのガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん



 


5月21日
曇り一時雨,南のち北西風やや強いのち北東風弱い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:リーフ浅場25〜24℃


今日はまずリーフ浅場をチェックし


ヒレナガカエルウオの求愛などを少しウォッチ 
 
 
求愛していたヒレナガカエルウオ



この後


いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
上からフレンドリー度順位

8位 11位 ランク外 15位 25位

16位 3位 5位 4位




このポイントの沖側に


例年この時期にオヤビッチャ


集団繁殖するところがあるので


そろそろ繁殖しているだろ〜と見てみると


やはり集団繁殖中でした。
 
 
6つの産卵床(=赤いところ=卵)に付き添い


卵の世話をする6個体のオヤビッチャ


5月20日
晴れ々曇り,南風強い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃

 
久々(9日ぶり)にMHGマイホームグラウンドの略をチェック。


新版 日本のハゼで


ガラスハゼに酷似したガラスハゼ属の1種
=「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4



の存在を知った今年の2月から


ムチカラマツを見るたびに


「どっちが付いてるかな〜」とチェックしてますが


今日見たムチカラマツについていたのは1種-4の方
 


と・・

 


♂は卵に付き添ってますね。


今日の結果で


MHGではガラスハゼ1種-4=4:6


1種-4若干優勢。




帰り道=どこをどう通って上がるか,は


広いMHGでは100万通りありますが(はちょっと大げさですが笑)


今日はあまり通らないところを通ってみると


お!結構きれいに発色しているサンゴイソギンチャク!♪
 
 
暗めに撮影

 

明るめに撮影


やはりいろんなコースをチェックしないといかんね。

 


5月19日
曇り午前一時雨,南風弱い一時やや強い,最高気温27℃(最低気温26℃),水温:リーフ浅場24℃

 
リーフの浅場でハナカエルウオの婚姻色気味の♂がいたので


求愛しないかしばしウォッチ・・・
 
 
結局求愛は見れませんでしたが


すでに婚姻色気味がいるということは


今年は5月中にハナカエルウオの求愛が見れるかな(?)



このハナカエルウオをウォッチしている際


すぐそばに


体が黒ずみ,他の魚を盛んに追い払っている


ハクセンスズメダイがいました・・
 
 
「これは卵があるなあ!!」


と近づいてよく見ると・・
 
 
やはり卵あり

 
 
ハクセンスズメダイ♂と内に卵



今日見たハナカエルウオハクセンスズメダイの近くにいた


波当たりの強いリーフ浅場のおなじみスズメダイ2種もど〜ぞ
 
 
セダカスズメダイ
全長1p代の幼魚

 
 
イワサキスズメダイ
全長1p代の幼魚


5月17日
朝曇りのち晴れ,南西風やや強い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:タイドプール30℃,リーフ浅場24℃


今日も昨日行ったリーフで魚を見る撮るしてきました。


で,今日もお!がありました。 
 
 
それはツキチョウチョウウオ
(右上に小さく写っているのはフチドリスズメダイ


10数年ぶりに見るツキチョウチョウウオ


ペアで見たのは初めて。

 
 
今日もトラノコイソハゼが求愛してました。


相変わらずうまく(求愛ぽく)撮れんけど


今がトラノコイソハゼ繁殖最盛期ですかね〜。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



5月18日は潜りひと休み日にしましたが


昨日,一昨日にタイドプール(TP)で撮った画像をアップ。
 
 
求愛するロウソクギンポ婚姻色♂

 
 
求愛するクサギンポ婚姻色♂


例年春から繁殖開始するTPおなじみギンポ2種が


順当に求愛してました。

 
 
ホホグロギンポ婚姻色気味♂


おなじくTPおなじみギンポのホホグロギンポ


例年夏から繁殖開始。


この日婚姻色気味の♂がいたので


「お!早くも求愛するかな?」と離れてみていたものの求愛せず。


好天でTPの水温がだいぶ上がっていたので


ちょっと色気づいてた,だけのようでした(笑)。

5月16日
晴れ々曇り,南風弱いのちやや強い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場24℃,タイドプール30℃


 今日もまずシュノーケリングのガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


午後は岩礁性海岸の浅場などへ


魚を見る撮るしに行きましたが


お!〜の初めて見る魚がいました♪
 
 
それはモミジヘビギンポ


ヘビベースさんには沖縄本島や石垣島で撮影された画像が載っていて


当地にもいないか,この婚姻色♂の体色を覚えて


探していましたがようやく初ウォッチ♪


まわりに♀や他の個体は見当たらず,単独のようでした。



このモミジヘビギンポの比較的近くでは


以下のようなギンポ類の繁殖関連も・・・
 
 
アヤヘビギンポ求愛

左♀,右婚姻色♂

 
 
ミツダレヘビギンポ婚姻色♂

求愛は見れず

 
 
ヒナギンポ婚姻色♂


何度か求愛で飛び出していましたが

高速すぎて撮れず汗

 
 
卵に付き添うセダカギンポ


このイタアナサンゴモドキでは毎年5月頃から秋まで


セダカギンポが繁殖してます。

 

セダカギンポの卵

 
 
ギンポ以外でも


トラノコイソハゼの求愛も初ウォッチ。


上手く撮れませんが汗



それと・・・
 
 
シジュウカラ(上)を11か月ぶりにウォッチ
(下はイチモンジブダイ

11か月前もこのポイントでウォッチ。



あと・・・
 
 
上がり際にはゼブラウツボ


湾内やや湾奥のMHGマイホームグラウンドの略意外で


ゼブラウツボを見るのは初めて。


5月15日
晴れ午後時々曇り,南西風弱い,最高気温30℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場25℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月14日
雨午後曇り,南風弱いのちやや強い,最高気温28℃(最低気温24℃),水温:湾奥浅場23℃

 
湾奥で季節モノ魚を見る撮るしようと思うも


残念ながらそれは見れず。


帰り道に


ヤドカリを見る撮るしていると


お!レアもの・キカイホンヤドカリ!も
 
 
 
上:やや大きめ 下:小さめ


キカイホンヤドカリはいままでインリーフで見ていました。


有馬さんのヤドカリ図鑑に「内湾の潮間帯にも生息するが数が少なく・・・」


と記されてますが


自分も内湾で見るのは初めて。


5月13日
未明に激しい雷雨午前雨午後雲夕方からまた雨,南西一時北東風弱い,最高気温26℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場24-23℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月12日
曇り午後から雨,南風弱いのちやや強い,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:インリーフ浅場25℃,タイドプール24〜23℃

 
雨が降る前に


インリーフやタイドプール(TP)を見てきました。


ナンヨウミドリハゼミツダレヘビギンポの幼魚が接近していたので


もっと接近しないか,カメラを構えていましたが・・・
 
 
これ以上寄らず&両種お互い無関心 残念


TPおなじみ以下2種もど〜ぞ
 
 
クロマスク幼魚

 
 
ゴマフヘビギンポまたはソメワケヘビギンポまたはその近似種幼魚


5月11日
晴れ昼過ぎから曇り一時雨,南東風やや強い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃

 
5月7日に健在を確認できたイロワケガラスハゼのお父さん,


「産卵床に卵そろそろあるだろう〜」と見てみると・・・

今日もまだ卵なし。残念。


念のため


産卵床のあるこの枝の反対側(は撮り辛いんですが)も見てみると・・・
 
こちらもやはり卵なし。


イロワケガラスハゼのお父さん,いつも産卵床にいて


産卵床に藻など生えないように


きれいにキープしているので


この産卵床でまだ繁殖しそうなんですけどね・・・


望む繁殖再開!

 
1月のログに書いたように


オスジイソハゼが今年は多く,当たり年なんですが


無事越冬した個体も多いようで


今も結構見られています。


5月10日
晴れ夕方から雲一時雨,南東一時北東風微弱,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,湾内浅場24℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん

5月9日
晴れ午後曇り,北風微弱,最高気温27℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場24℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月8日
曇り時々小雨昼頃一時強い雨,南西のち北西風弱い,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場23〜22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


5月7日
雲午後から雨一時強い雷雨,南風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃


ガイドひと休み日だったので


4月29日に姿が見れなかったイロワケガラスハゼのお父さんを


チェックしてみると・・・ 
 
 
お!お父さん,産卵床にいるいる!


頭部の拡大

すぐの4月26日撮影画像と比較すると


虹彩上やそのまわりの微小黒点の並びが同じなので


やはり同一個体のよう。


お父さん,健在だったんだなあ〜。


今日は産卵床に卵がなかったものの


ここでまた孵化シーンを見る撮るさせてほしいところ。



行き帰り道では季節モノをウォッチ・・

当たり年のハゼ+スミゾメキヌハダウミウシ
(画像はシノビハゼ


今日も3例ウォッチ。


そして4月中は見れなかったコジカイソハゼの求愛を

ようやく今季初ウォッチ・・
 
♂と抱卵♀

 
♂の求愛ナズリング

 
♂は時折きれいに発色♪


5月6日
曇り一時小雨,南東〜東風弱い,最高気温23℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴネッタイスズメダイルリスズメダイとゲストさん


5月5日
朝霧雨のち曇り午後から本降り,南風強い夕方から北西風強い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場22℃


奄美地方,沖縄地方と一緒に梅雨入り発表されました。


毎年毎年ログに書いていますが


カラ梅雨も降りすぎも困るので


適度に降ってほしいところ。




 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


5月4日
ほぼ快晴夕方から曇り,南風強い,最高気温24℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃ 23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


5月3日
快晴,南東風弱い,最高気温23℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場22℃ 23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん


5月2日
朝ちらっとにわか雨のちほぼ快晴,北北西風やや強い,最高気温23℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃ 23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴミスジリュウキュウスズメダイ

アオバスズメダイとゲストさん

5月1日
快晴夕方ちらっとにわか雨,南風弱い一時かなり強い,最高気温27℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃,リーフごく浅場24℃


 今日はまず体験ダイビング・・・
 
 
クマノミ幼魚ミツボシクロスズメダイ幼魚などとゲストさん

 
ハナビラクマノミなどとゲストさん

 





午後はシュノーケリングガイド・・・

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
アオバスズメダイなどとゲストさん

2021年4月ログ