2021年4月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


4月30日
1日ど快晴,南西〜北西風弱い,最高気温25℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃


 今日は体験ダイビングをご案内。
 
 
クマノミ幼魚ミツボシクロスズメダイ幼魚などとゲストさん

 
 
ハナビラクマノミなどとゲストさん

 
クマノミなどとゲストさん

 


4月29日
雨夕方から曇り,南風強いのち北北西風かなり強いのち弱い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃,湾内エリアやや湾奥22℃


 今日はまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後は


昨日のログに載せたイロワケガラスハゼ卵の孵化を


見る撮るへ行きました。 が・・・

 
 
いつも卵のそばにいたお父さんイロワケガラスハゼ


そばにおらず。


ざーっと探しましたが見当たらず。


いなくなってしまったかな〜。残念


発眼マックス卵(上画像)は


孵化頃合いの時刻(暗さ)になっても孵化せず。


GW後にまたチェックしてみるけど,


お父さんイロワケガラスハゼが実は健在で


繁殖継続していると,良いんだけどなあ〜。


4月28日
晴れのち雲り,南東風弱い,最高気温25℃(最低気温17℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
繁殖中のイロワケガラスハゼをチェック。

 
 
イロワケガラスハゼのお父さん,


いつも真摯に卵に付き添いエライなあ〜。


明日孵化しそうな卵があったので


天気が心配ですが,


できればまた孵化シーンを見る撮るしたいところ。


4月27日
1日ど快晴,南東風弱い,最高気温24℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場25〜24℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


4月26日
薄い雲が時々広がるもほぼ快晴,南〜東風弱い,最高気温23℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場24℃,湾内エリアやや湾奥22℃


 今日もまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後


MHGマイホームグラウンドの略


今年2度目のイロワケガラスハゼ孵化シーンを見る撮るへ・・・

 
 
今回はお父さんイロワケガラスハゼが


孵化中ずーっと顔を孵化仔魚に向けてくれてました♪

 
 
 

4月25日
午後雲多いもほぼ快晴,北風やや強い,最高気温24℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


4月23日
曇り,東南東風強い,最高気温23℃(最低気温20℃),水温:湾奥22℃


いつものシュノーケリングポイントの様子を見ようと思いましたが


台風2号によるうねりと強風で潜れず。


うねりと波のピークは明日のようですが


明後日あたりから潜れると良いんだけど・・・。




で,波浪の影響のない湾奥ポイントに


季節モノ・コジカイソハゼの求愛や♂のケンカなどを


見る撮るしようとエントリー・・・
 
 
 
が,コジカイソハゼの♂(上画像)はちらほら,


♀はそこかしこに見られるものの


求愛もケンカも起こらず 残念。


コジカイソハゼの繁殖最盛期,今年は後ろにずれるのかな〜(?)



コジカイソハゼチェックの合間に撮った


湾奥おなじみ2種もど〜ぞ。
 
 
オヨギベニハゼ

 

オキカザリハゼ

 


4月22日
晴れのち曇り,南東風強い,最高気温24℃(最低気温20℃),水温:湾奥22℃,湾内エリアやや湾奥22℃

 
 
湾奥ポイントで


季節モノのオヨギイソハゼ・ケンカ時の発色♂を


見る撮るしてきました。

 
 
 
 
何個体も見ましたが


この♂を今回のザ・発色さん,に選定!
 
 
ヒレの青の濃さが選定ポイント


4月21日
ほぼ快晴,東南東風強い,最高気温23℃(最低気温17℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
以前,体験ダイビングで


よく見ていたクマノミのいるジュズダマイソギンチャク


昨年末の台風並みの荒天時に


クマノミが吹っ飛ばされてしまったようで


しばらく空き家になっていましたが


「そろそろクマノミついてないかな〜」と見てみると・・・
 
 
お!チビッコクマノミいっぱい♪

ミツボシクロスズメダイも♪

 
 
 
ここはエントリー口からほんとすぐのところなので


また体験ダイビングで活躍してくれそう〜♪


4月20日
ほぼ快晴,東南東風弱い,最高気温23℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃,リーフごく浅場24-23℃


 今日はまず体験ダイビング・・・
 
 
ハリセンボンなどとゲストさん

 
クマノミなどとゲストさん

 





午後にシュノーケリングガイド・・・

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん




そして夜は


昨日のログ載せた


イロワケガラスハゼ卵の孵化を見る撮るへ。

 
 
順当に孵化しましたが・・

 
 
イロワケガラスハゼのお父さんは


孵化仔魚に


尾鰭の方を向けたままで


顔を寄せてくれず残念。


まあでも


今年もイロワケガラスハゼの孵化に立て会えたのは良かったです。


4月19日
朝イチ曇りのち快晴,北北東風弱い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場23℃,湾内エリアやや湾奥22℃


 今日もまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後


MHGマイホームグラウンドの略に潜り


4月15日に見つけたイロワケガラスハゼの卵をチェック・・・

 
 
卵は順調に育ち,孵化は明日,かな〜。

 
 
4月15日に見つけた卵(上画像の間)のそばに


昨日か一昨日生まれの若い卵(上画像の間)も


ありました。

 
 
イロワケガラスハゼのお父さん,今日見る撮るしている間は


若い卵の方にしか顔を向けず。


明日の孵化時には孵化仔魚に顔を寄せてくれよ〜。


4月18日
ほぼ快晴,北風強い,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃,インリーフ浅場22℃


 今日もまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリバスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後インリーフで


季節モノ・ミナミイソハゼの求愛などの


?殖関連行動を見る撮るしてきました。

 
 
 
求愛するミナミイソハゼ・同一個体2カット

左:♂,右:抱卵♀


この後♀は求愛に応えずに行ってしまいましたが


近くに他の♀や♂も複数匹いたので


ここでしばらく見ていると・・・
 
 
お!上画像の♂(右)に他の♂(左)が接近しケンカに!♪

 
 
やはりイソハゼ類は


求愛時よりもケンカ時の方が


発色マックスになりフォトジェニックだなあ〜♪

 
 
そして


上のミナミイソハゼのすぐ近くで


シマギンポの求愛も少し見れました
(上画像は求愛していた♂)


シマギンポ求愛の最盛期は5月になってからですが


今年も順当に始まりました♪


4月17日
曇り一時雨夕方から晴れ,南風弱い午後から北風強い,最高気温23℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイ

アオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


4月16日
曇り時々晴れ夕方一時雨,南風弱い,最高気温24℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
MHGマイホームグラウンドの略


季節モノのコジカイソハゼアカホシイソハゼの求愛などの


繁殖関連行動を見る撮るしに行ってきました。が・・・

 
 
アカホシイソハゼの求愛を1度見れただけで
(上画像は求愛していた♂)


コジカイソハゼは求愛もケンカも見れず。


これらのイソハゼの繁殖関連行動が


そろそろ最盛期のはずなんだけどなあ〜。


またチェックしたいところ。




イソハゼ類の求愛チェックでMHGをウロウロしている際に


3本のムチカラマツと遭遇したので


2月以来久々に


ガラスハゼ「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4


どちらがついているかをチェック。


その結果・・
 
 
1本目のムチカラマツには「新版 日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種-4

 
 

2本目3本目のムチカラマツにはガラスハゼ


今日の結果と2月の結果を合わせると


ガラスハゼ1種-4=5:4


結構同じくらいの生息数になってきたなあ〜。


今後もチェックしたいところ。


4月15日
曇り午後一時小雨,南風微弱,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥22℃


 今日はまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




シュノーケリングガイド後


MHGマイホームグラウンドの略をちょっと潜ってきました。


一昨日ログに書いたように


毎年孵化ウォッチ&撮影している


イロワケガラスハゼ・コロニーでは


孵化ウォッチ&撮影できそうなイロワケガラスハゼが今年はいないので


他を探してみると・・・
 
 
お〜!


産卵床の位置が撮りやすそうなところにあり,


卵の数もまずまず多い


イロワケガラスハゼを発見!♪


卵の拡大
 
 
卵の状態などから孵化は5〜7日後。

 
 
孵化の時もそんな感じに顔を


卵(孵化仔魚)に寄せてくれよ〜,イロワケガラスハゼのお父さん!


4月14日
午前晴れ午後曇り一時小雨,北風やや強いのち強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃

 
春の季節モノ幼魚といえば


なんといってもアマミスズメダイ

 
 
全長1p前後のかわいい盛りが


例年通りそこかしこに見れてます。

 
 
一番上画像のアマミスズメダイ幼魚の近くに


キンギョハナダイの全長2pあるかないかの幼魚もいたので・・・

 
 
ちょっとコラボモドキも撮影 


4月13日
曇り一時雨,南風やや強い午後から北風やや強い,最高気温24℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃


春休み期間のシュノーケリングガイドが一段落したので


MHGマイホームグラウンドの略で季節モノ魚をチェックしに行ってきました。




まずはイロワケガラスハゼ


イロワケガラスハゼの孵化シーンを毎年4月から初夏にかけて撮っていて


今年も撮りたいところなんですが


いつものイロワケガラスハゼ・コロニーを


3月に下見した際には


イロワケガラスハゼの数がかなり少なく


「今年は厳しいかな〜」と思っていたんですが


今日そこを見てみると・・・

イロワケガラスハゼ,やはり数が少ないまま増えておらず。


上画像の1箇所のみ卵がありましたが


撮り辛い場所で,卵の数もかなり少なく


孵化撮影は難しい感じ 残念。




他のイロワケガラスハゼ・コロニーも探して


孵化シーンが撮れそうなイロワケガラスハゼ


何とか見つけたいところ。


4月12日
ほぼ快晴夕方から曇り,南東風強い,最高気温23℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


4月11日
快晴,東風やや強い,最高気温23℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃ 22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


4月10日
曇り,東風やや強い,最高気温20℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場20℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

ルリスズメダイなどとゲストさん


4月9日
曇りほんの短時間ちらっと小雨,北東風微弱,最高気温19℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

エダコモンサンゴロクセンスズメダイなどとゲストさん


4月8日
曇り,北東風微弱,最高気温22℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん


4月7日
快晴午後やや曇り多いもほぼ快晴,北風やや強い,最高気温23℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥21℃


 今日は午前にシュノーケリングガイド・・・
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
ルリスズメダイなどとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴロクセンスズメダイなどとゲストさん



午後は体験ダイビングをご案内・・・

 
 
クマノミなどとゲストさん

 
 


4月6日
晴れのち曇り,北風やや強い,最高気温21℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃


ガイドひと休み日だったので


久々にMHGマイホームグラウンドの略に魚を見に行ってきました。


で,初夏からの季節モノ・「日本のハゼ」トンガリハゼの属の1種-4


早くも夏かのようにコロニー状に現れていました。

 
 
一番上画像の2個体のすぐそばには


全長2p程度の幼魚も数個体。


3月暖かかったのが効いたかな(?)


4月5日
曇り時々晴れ,北北西風かなり強い,最高気温20℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

エダコモンサンゴロクセンスズメダイルリスズメダイなどとゲストさん


4月4日
曇り午前一時晴れ午後曇り,北風午前微弱午後強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした。
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴロクセンスズメダイなどとゲストさん

 
 
ハマサンゴのなかまハナミノカサゴアオウミガメとゲストさん

4月3日
朝雨のち曇り時々小雨,南東風弱い一時やや強い,最高気温22℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

エダコモンサンゴミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん


4月1日
曇り昼前から雨午後一時かなり強い,南東風強いのちかなり強い,最高気温23℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした。
 

午後雨がかなり強くなる前に無事終了。

 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


 

エダコモンサンゴミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん


前線停滞,困るなあ〜。


明日以降も無事ご案内できるといいけど・・・


/////////////////////////////////////////


4月2日は1日ひどい強雨で


シュノーケリングゲストさんに日程変更していただき,潜らず。で・・



 

2021年3月ログ