2020年5月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

5月31日
午前雨午後曇り一時晴れ間,南風弱い,最高気温29℃(最低気温23℃),水温:リーフ25℃

 
今日の海中散歩ではハナカエルウオの求愛をチェック。


3,4月寒かったのが効いているのか


まだ見れない初夏からの季節モノがいくつかあるんですが


ハナカエルウオの求愛もそうで


例年開始時期の5月中旬から


何度かチェックしているものの見れておらず。


何とか5月中に見れないか,


と5月最終日の今日,再度チェックするも


求愛はおろか婚姻色♂も見れず。

 
成魚サイズのハナカエルウオはいつも通りに見れているので
(上画像はそのうち2個体)


6月に期待。


5月30日
曇り夕方から雨,南東風弱い一時強い,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:リーフ25℃

 
今日の海中散歩では


ミナミシラヌイハゼを探してみました。


ミナミシラヌイハゼは,一昨年の9月末に当地を直撃した


台風24号以降見れていなかったんですが


今日は2年ぶりに見れました。

 
同一個体2カット 全長2pちょっとくらい


ミナミシラヌイハゼを探す合間に撮った極小級生物5種もど〜ぞ。

 
ツノヤドカリ属の1種

貝の大きさが5oくらい


マイ通称・イトヒゲモジャハゼエビ 1cmあるかないか

別ポイントでイトヒゲモジャハゼを探しているときに必ず見つかるエビ。

このポイントで見るのは初めて。

 
 
サザナミハゼ

今まで見た中で最小クラスの全長1cm切るくらい。

 

ミナミコブヌメリ

全長1cmあるかないか。

 
 
ヒゲニジギンポ

全長1cmあるかないか。

ヒゲニジギンポは当地では死滅回遊なのか

見るのはこのくらいの幼魚ばかりで成魚クラスは見たことなし.


5月29日
今日もど快晴,北東風弱い,最高気温28℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥26〜25℃

 
今日はMHGマイホームグランドの略で海中散歩。

 
 
今日は「お!♪」がありました。


およそ5年ぶりのゼブラウツボ


以前に


フィンピンと伊豆大島でガイドされていた方が潜りに来られた際,


リクエスト生物の1つがゼブラウツボでした。


どこの海でもゼブラウツボはなかなか見れない魚のようです。

 
 
ゼブラウツボのすぐ近くにいたエンマゴチ


「ウミウシじゃあないけどこのコならダイコンと撮らせてくれるだろう〜」


と,そ〜っと横に(笑)


ダイコンの大きさから算出したのエンマゴチ全長約45p。


エンマゴチとしてはやや小さめか。

 

そして


放卵放精するクロテナマコが浅場のそこかしこに。


そのクロテナマコ周辺には


卵を捕食するナガサキスズメダイクラカオスズメダイなどが乱舞。


夏の夕方,MHG浅場のおなじみ風景。

 

5月28日
ど快晴,北東風弱い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:湾奥25℃

 
今日の海中散歩ではニシキテグリ産卵をチェック

 
 

産卵(放卵放精)のためにペア浮上する♂(大きい方)と♀


ニシキテグリは例年5月中旬頃に産卵を始めるので


先週一度チェックしたんですが


その時は産卵せず。


今日,例年より少し遅れて今季初ウォッチ。


 

5月27日
朝雨のち曇り一時晴れ,南のち北風弱い,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:リーフ25℃

 
今日はリーフで海中散歩。


リーフのおなじみさん5種をど〜ぞ。


シボリキンチャクフグ幼魚

 
ホウキボシテンス

 
シマイソハゼ

 
ウミタケハゼ

 
シマキンチャクフグ♂2個体は


抱卵♀(2つ上画像右上)の激しい争奪戦


5月26日
ほぼ快晴,北東風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃

 
今日はMHGマイホームグランドの略で海中散歩。


昨年現れ無事越冬した


「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種−7
 

2個体居着いているので


繁殖してほしいところ。

 
 
 
同じサンゴには


全長2p程度のヒメゴンベ幼魚も

 
 
ヒメゴンベくん,下からデバスズメダイに狙われる,


というわけではないです(笑)


5月25日
ど快晴,東南東風弱い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:インリーフ24〜23℃,インリーフ24℃

 
今日はリーフで海中散歩。

 
 
 
おなじみのクロヘリイトヒキベラ幼魚 2個体


クロヘリイトヒキベラは,


MHGマイホームグランドの略の最優占ベラの1つで


よく目にするんですが


体色の個体差,というか体色変化が結構大きくて


上2画像のコは


MHGでよく見るコより発色が濃く,きれいに見えたので


ちょっと撮影♪

 
 
春幼魚の定番中の定番・アマミスズメダイ幼魚 全長1pちょっとくらい


年によっては5月下旬には


成長してこのサイズのコはもう見れないんですが


ここはまだごっそり。


帰りのインリーフで撮ったインリーフおなじみハゼ2種もど〜ぞ。
 
 
クロヤナギハゼ

 
 
オオメワラスボ


5月24日
曇り時々晴れ夜一時雨,北風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥24〜23℃


今日の海中散歩もMHGマイホームグランドの略へ。

 
しばらく行っていなかった砂泥斜面を見ました。


砂泥地のおなじみ3種・・・
 
 
ニセホシノハゼ(いまのところはホシノハゼ)

 
 
オジロトラギス

 
 
ヒノマルハゼ




帰り道,初めて(2010年7月に)カツイロニセスズメ


見つけた根を通ると


「お!カツイロニセスズメ♀,かな?」

 
同一個体3カット


お腹のオレンジが気になるけど・・・(メギス幼魚かな??)


5月23日
曇り,東風弱い一時やや強い,最高気温24℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥24〜23℃


今日はMHGマイホームグランドの略で海中散歩。


4月12日に見つけたインドアカタチのところへ


久々に行ってみたんですが


残念ながら見当たらず


もういなくなってしまったかあ〜 残念.


インドアカタチのいたところの


比較的近くにいた以下2種をど〜ぞ。
 
 
 
アオヤガラ幼魚

シロガヤに擬態

 
 
ヒトミシリハゼ


5月21日
曇り夜から雨,東風微弱,最高気温24℃(最低気温19℃),水温:インリーフ23℃,湾内エリアやや湾奥24℃

 
今日の海中散歩は,


明日からしばらく雨続きになりそうなので


自分の潜るポイントで


一番雨に弱い場所=シマギンポの繁殖地,


へまず行っときました。

 
 
求愛されるシマギンポ♀と求愛する婚姻色♂




そして


一昨日のログに載せたイロワケガラスハゼの卵が


今日孵化のはずなので


今季5度目のイロワケガラスハゼ孵化ウォッチへ・・・
 
 
孵化する仔魚たち 大きさは2mmあるかないか


予想通り今日孵化でしたが


イロワケガラスハゼのお父さんがここに1度も来ず。


何10回もイロワケガラスハゼの孵化を見る撮るしてるけど


こんなことは初めてだな〜残念。




5月22日は1日雨で無理せず海中散歩はひと休み日に。で・・・
 


5月20日
ほぼ快晴,北風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:湾奥浅場25℃


続々と始まっている初夏からの季節モノ。


今日はタカノハハゼ求愛を今季初ウォッチ。

 
 
 
求愛するタカノハハゼ♂と求愛に応えて来た♀


5月19日
曇り一時晴れ,北北西風弱い,最高気温25℃(最低気温23℃),水温:湾内エリアやや湾奥24℃


6日ぶりにMHGマイホームグランドの略で海中散歩。

 
いつも孵化シーンを見る撮るしている


イロワケガラスハゼを見てみると


前回まで孵化を見せてくれてたコに卵はなかったものの


近くの別のコには卵あり(下画像)

ここの卵の孵化も見る撮るしたいところ。




このイロワケガラスハゼのすぐ近く(手が届くくらいの範囲)


にいた以下5種もど〜ぞ。
 
 
ツキノワイトヒキベラ

季節モノ幼魚

 
コジカイソハゼ

MHGの最優占イソハゼをハナグロイソハゼと争うくらいの超定番種

 
アオイソハゼ

こちらは密かなレアもの

見るのは今年2個体目

 
 
ホシカイワリ6個体とマルヒラアジ1個体(中央)


5月17日
曇り夜から雨,南風弱い,最高気温29℃(最低気温25℃),水温:湾奥24〜23℃


今日の海中散歩は,


日中所用のため遅い時間からに・・・

 

夜間色全開のインドカエルウオ


寝てるところ失礼しました〜。




5月18日は1日雨で無理せず散歩も海中散歩もせず,で

5月16日
曇り夕方一時小雨,南風弱い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:タイドプール27℃

 
今日は散歩がてらタイドプールのある海岸へ。


タイドプール内を覗くと・・・

 
 
ロウソクギンポ婚姻色♂今年初ウォッチ。


1,2月は暖冬も3,4月寒かったので


ロウソクギンポの繁殖がやや遅れ始まりました。




ロウソクギンポ婚姻色♂のそばでは


クサギンポ婚姻色♂がバシバシ求愛
 

インスタグラムには


ピョンピョン飛ぶクサギンポ独特の求愛動画もアップしました
Instagram

5月15日
曇り,南風弱い,最高気温26℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場24℃

 
今日はいつものシュノーケリングポイントへ散歩がてら行き


海中もさっとチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
上から

フレンドリー度順位 23位 3位 16位 22位 2位 29位

 
22位のコはニジギンポにクリーニングされてました。

 
 
ここの人気魚・アオバスズメダイ



代表的サンゴ・エダコモンサンゴ


ともいつも通りに元気でした。


5月14日
ど快晴,南東風弱い,最高気温25℃(最低気温17℃),水温:湾奥23℃

 
今日は所用で


名瀬(奄美大島の中心街)に1日行っていましたが


あまりに天気が良いので


行く途中でちょっと海中散歩。


 
 
今日行ったところは

リュウモンサンゴ

ウスイタセンベイサンゴ

エダセンベイサンゴ


の群生地

インスタグラムには動画もアップしましたInstagram



これらサンゴ周辺に棲む


湾奥の以下おなじみさんたちもど〜ぞ。
 
 
シリキルリスズメダイ



オヨギイソハゼの群れ

 
 
エリホシベニハゼ


5月13日
ほぼ快晴,北風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥24〜23℃

 
散歩がてら誰もいないMHGマイホームグランドの略へ。


海中散歩ついでに


クジャクベラのエリアに行ったものの


クジャクベラの♂が見当たらず 残念。


クジャクベラの代わりに


クジャクベラエリアにいる


砂泥斜面のおなじみハゼ2種を撮ったのでど〜ぞ。
 
 
ヤノウキホシハゼ

 
 
マスイダテハゼ


5月11日
朝曇りのちほぼ快晴,北風弱い,最高気温25℃(最低気温22℃),水温:湾奥24〜23℃


今日も散歩がてら誰もいない海岸へ。


海中散歩ついでに


1月のガイド中に見た


レプトジュリス(ベラの1種)を再々度探してみるも見つからず 残念。


 レプトジュリスを探す合間に撮った


湾奥おなじみさん4種をど〜ぞ。
 
 
通称・ピンコ

「日本のハゼ」のハゼ科の1種−12


 
 
サカヤキホホスジモチノウオ

 
 
ホソウミタケハゼ

 
 
オニサルハゼ




5月12日は3月30日以来の


海中散歩ひと休み日で・・・
 

直近最後のシュノーケリングガイド


早くまたゲストさんが潜りに来ることができる世の中になってほしいところ。


5月10日
朝雨のち薄曇り,南風弱い,最高気温26℃(最低気温23℃),水温:インリーフ25〜24℃

 
奄美地方,今日梅雨入りしました。


毎年ログに書いてますが


カラ梅雨も降りすぎも困るので


適度に降ってほしいところ。


今日も散歩がてら誰もいない海岸へ。

 
 
季節モノ・シマギンポ求愛

左♂,右♀

 
 
5日前も少し求愛してましたが


ようやく本格的時期に入ってきました♪

 

ここでは初夏に


クモハゼも繁殖していて


求愛やケンカが見れますが


今日はクモハゼのケンカを今季初ウォッチ。

 
 
上画像左の♂

 

それとイソハゼ(ザ・イソハゼ Eviota abax)の求愛も見れました。

 左♀,右♂

 
 
イソハゼはここで


例年2月から4月頃に求愛が見れるので


もうシーズン終盤といったところ。


5月9日
朝曇りのち晴れ夕方からまた曇り,南東風やや強いのち弱い,最高気温25℃(最低気温22℃),水温:湾奥23℃,湾内エリアやや湾奥22℃

 
今日も散歩がてら誰もいない海岸へ行って


オイランハゼの求愛チェックと


今季4度目のイロワケガラスハゼの孵化を見る撮るしました。

 
 
オイランハゼの求愛今季初ウォッチ。


今年も順当に始まりました♪

 
 
イロワケガラスハゼのお父さんと孵化直前の発眼卵


今日は孵化の際に


ほぼまったくお父さん来ず 残念

 

孵化仔魚とお父さんを一緒に撮れなかったのは残念ですが


4月27日ログにも書いたように


孵化シーンに立ち会えるのは幸せなこと♪

 

5月8日
晴れ夕方から曇り,東南東風弱い,最高気温24℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃


今日も


散歩がてらMHGマイホームグランドの略へ。


海中散歩のついでに


ノコギリホシハゼを久々に見るかあ〜と


いるところへ・・
 

ノコギリホシハゼ


全長2cm切る小さめでしたが


まったく動かない良いコでした。



ノコギリホシハゼの近くで撮った以下3種もど〜ぞ。
 
 
ニセクロスジイソハゼ



 
 
イトカケホオカギハゼ

 
 
コンペイトウウミウシ 約7cm


大きいウミウシを見ると


ついダイコンと一緒に撮っちゃうんですが


今本さんのhpを見ると12cmなんてのもいるんだなあ〜。


ちなみにMHGでコンペイトウウミウシを見るのは初めてかも(?)


5月7日
朝曇りのち快晴,東北東風やや強い,最高気温25℃(最低気温23℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
初夏からの季節モノ・カザリキュウセンの産卵を


今季初ウォッチ。

 
 
産卵(放卵放精)に伴うペア浮上0.2秒前のペア(左♂右♀)

インスタグラムには動画もアップしましたInstagram


上画像カザリキュウセンペアの後ろに写っているのは


ナガサキスズメダイ・・・
 
 
カザリキュウセンペアが産卵の間(23分間に10数回産卵)


このナガサキスズメダイがほとんどずーっと


産卵場にいたんですが,


プランクトン食の=産卵した卵を食べそうなナガサキスズメダイ


そばにいても気にせずに


バシバシ産卵しているのが意外でした。


5月6日
朝強い雨のち晴れ,北風弱い一時やや強い,最高気温25℃(最低気温23℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃


今日も


散歩がてらMHGマイホームグランドの略へ。

 

砂泥底で久々のシライトベンケイハゼ


2010年4月に初めて見て以来


2017年まで毎年現れてくれてましたが


2018,19と見れずで3年ぶりの再会♪

 
 
シライトベンケイハゼの比較的近くにいたホソガラスハゼ


特徴(尾ヒレの黒斑)がはっきり出た♂

 
 
浅場ではシノビハゼスミゾメキヌハダウミウシ


当地では


スミゾメキヌハダウミウシ
が付くハゼの


99%近くはヒメダテハゼ


残りの1%がほぼこのシノビハゼ

 

5月5日
曇り昼頃から晴れ夜一時雨,北東のち南東風弱い,最高気温27℃(最低気温23℃),水温:インリーフ27℃,湾内エリアやや湾奥23〜22℃


今日も


散歩がてら誰もいない海岸へ。


午前はインリーフ。
 
 
ケンカで発色したミナミイソハゼの♂




午後はMHGマイホームグランドの略へ・・
 
 
本格的時期はも少し先ですが


春先からヒメダテハゼの求愛が


今年も順当に始まっていて,


今日は最盛期かのようにバシバシ飛んでいるコがいたので


撮ってみました。 もう1カットどうぞ。
 
 
インスタグラムには動画もアップしましたInstagram

5月4日
曇りのち快晴,西風弱い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:リーフ23℃


今日も


散歩がてら誰もいない海岸へ行き


海中も覗いてきました。


今日は天気も良いし


いままで行ったことがない


沖の根まで足を延ばしてみると・・・
 
 

リーフのおなじみさん魚の1つ ポールスポッテドトリプルなどを


見つつ初めての根を海中散歩 していると・・・

 
 
お!セジロクマノミ


奄美大島の5種類のクマノミのうち


4種類はMHGマイホームグランドの略で普通に見れるものの


このセジロクマノミはいないんですよね〜。


セジロクマノミを見るのは


アドバンス講習のボートダイビング時に見て以来4年ぶり


 
 
そろそろイクジットが近づいたインリーフにいたヒラベラ


ヒラベラはMHGにもいますが


MHG以外でヒラベラを見るのは稀なので


つい撮影。


ヒラベラのいた砂地の定番ハゼの1つ オビシノビハゼもど〜ぞ
 
 

5月3日
雨のち曇り,南風弱い,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
今日も


散歩がてら誰もいないMHGマイホームグランドの略へ行き


海中もちょっと覗いてきました。

 
 
例年5月がピークになるハゼにつくスミゾメキヌハダウミウシ


昨季は準当たり年で,


1ダイブで4個体見ることもありましたが


今季は1個体見れるかどうかで


凶作気味。


5月2日
曇り昼前から雨,南南東風弱い一時やや強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:リーフ23℃,インリーフやタイドプール22℃


今日も


散歩がてら誰もいない海岸へ行き


時々海中を覗いてました。

 
 
 
そろそろ良い感じで求愛するはずのシマギンポ,なんですが


まだ婚姻色♂や抱卵♀もあまり見れず。


3月中旬から4月下旬寒かったのが効いてるのかも。


梅雨入り前に求愛始まるかな〜?




シマギンポチェックのかたわら撮ったおなじみさんギンポ3種もど〜ぞ。
 
 
ヒレナガカエルウオ

婚姻色が薄れた♂

 
 
ヘビギンポ

幼魚

 
 
タマギンポ


5月1日
快晴,南南東風弱い,最高気温24℃(最低気温15℃),水温:リーフ23℃


今日も


散歩がてらパラオハマサンゴの群生地へ。

 
 
 
パラオハマサンゴの森の内部には


パラオハマサンゴにまぎれるようにウスサザナミサンゴも群生してます。
インスタグラムには動画もアップしましたInstagram




このウスサザナミサンゴ周囲にいる


リーフのおなじみさん4種もど〜ぞ
 
 
セグロマツカサホンソメワケベラ

 
 
シマキンチャクフグ幼魚

 
 
ホホスジシノビハゼ


2020年4月ログ