2020年12月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

12月31日
曇り一時晴れ間時々小雨,北北西風強い,最高気温12℃(最低気温10℃),水温:リーフごく浅場サンゴ礁定義ぎりぎりプラス1℃


 今年の潜り納めはシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


今年もありがとうございました・・
 


12月29日
雲一時晴れ間,南東風弱い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾奥エリアやや湾奥22℃


 今日もまずシュノーケリングガイド・・・
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


午後は体験ダイビングをご案内・・・
 
 
ハマクマノミハマサンゴのなかまなどとゲストさん

 
 
ハリセンボンなどとゲストさん

 


12月28日
晴れ時々曇り,北北西強い夕方から北北東風弱い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃ 23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


12月27日
晴れのち曇り,南東風やや強い,最高気温21℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


12月26日
快晴夕方から雲やや多い晴れ,北東風弱い,最高気温18℃(最低気温12℃),水温:リーフごく浅場23〜22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


12月25日
晴れ,北北西風強い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


12月24日
雨,南風やや強い午後から北北東弱い夜から北北西風強い,最高気温21℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん


12月23日
ほぼ快晴午後曇り夜から雨,南東風強い,最高気温20℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場21℃ 22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


12月22日
曇り一時晴れ間,北〜東風弱い,最高気温18℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ネッタイスズメダイルリスズメダイなどとゲストさん


12月21日
曇り一時晴れ,北風やや強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はまず新標準和名の情報について・・・


amami-gobies・フォトリストのキララハゼ属の1種1


最近日本初記録種として標準和名が提唱されました。
 
新称 ホコサキキララハゼ

Acentrogobius limarius


昔,自分の潜るポイントでも


上画像の2度だけ見れたことがあります。


その後も

「あのキララのsp.いないかな〜」と


探していますが見つかりません。


久々に見たいなあ〜。


 潜りの方は,


いつものシュノーケリングポイント全域をチェック。


来ていたアオウミガメたち
 
上から

フレンドリー度順位 ランク外 8位 15位 5位

10位 24位 17位


10位のコはナガニザにクリーニングをされているところ。


12月20日
曇り時々晴れ,北風強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
MHGマイホームグラウンドの略で久々にミツボシモチノウオをウォッチ。


ミツボシモチノウオは当地でも


リーフではいつも見れる場所があり


レアものではないですが


湾内やや湾奥のMHGでは稀に現れる流れ者。


12月19日
曇り時々雨,北風強い,最高気温15℃(最低気温13℃),水温:リーフ浅場22℃

 
リーフ壁にいたオニカサゴのなかま


帰宅後撮影画像から調べると・・・

 
 
後頭窩=上画像が深く,


どうもヒュウガカサゴのようです。


先日12月15日に撮影しオニカサゴとしてログに載せた個体,


斜め前から撮影で後頭窩の深さは確認し辛いものの


「鹿児島県 三島村 硫黄島・竹島の魚類」の


ヒュウガカサゴの解説に「砂地や砂泥底でじっとしている

ところがよく観察される」とあり,


データベースや図鑑類には上画像のコのように


吻部が白くなっているヒュウガカサゴ画像が結構見られることから


12月15日のコもヒュウガカサゴではないでしょうかね。


リーフ浅場のおなじみ3種もど〜ぞ
 
 
ミスジテンジクダイ L型

 
ルリホシスズメダイ

 
ヤハズハゼ


12月18日
曇り一時晴れ間夜から雨,北東風弱い,最高気温16℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


12月17日
曇り一時晴れ,北風やや強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃


 今日はいつものシュノーケリングポイント全域をチェック。


来ていたアオウミガメたち
 
上から

フレンドリー度順位 1位 8位 4位 5位

13位 11位 10位


12月16日
曇り時々雨,北北西風やや強いのち強い,最高気温15℃(最低気温13℃),水温:リーフ浅場23〜22℃

 
クロウニ群生地で


1年ぶりにクロクモハゼを探すと


今年も順当に見れました。

 
 
いつものように顔しか撮れませんが

12月15日
曇り時々小雨,北北西風やや強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフ浅場21℃

 
リーフ壁下の砂地に


オニカサゴのなかまがちょこんといたので


「砂地にいるとは珍しい〜」と1枚撮ると(上画像)


ぴょんとリーフ壁に移動(下画像)

 
 
「当地のこの手の種類はたいていミミトゲオニカサゴ


と思っていたんですが


帰宅後調べてみると


体側に小黒点が散在することから


どうもミミトゲオニカサゴではなくオニカサゴのようです。


MHGマイホームグラウンドの略ではオニカサゴのなかまをよく見かけるので


今度改めて種類を確認してみよ〜っと。


※2020年12月19日追記 

オニカサゴではではなくどうもヒュウガカサゴのようです


このオニカサゴの近くで撮ったリーフのおなじみ3種もど〜ぞ。

イシガキハタ

全長4pくらいの幼魚

 
 
イレズミニザシマハギ

12月14日
曇り昼頃から雨,北北西風弱いのち強い,最高気温19℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん
 
ツノダシなどとゲストさん

  
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん

12月13日
曇り一時雨夕方から晴れ,北または南風微弱,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
今年の5月以来のゼブラウツボ


大きさ的に5月の個体とは別個体ぽく


年に2個体ゼブラウツボを見るのは


たしか初めて。



210121追記:ゼブラウツボではなくシマアラシウツボのようです。

 
 
下地が砂地のサンゴ岩穴にいたため


結構色白なゼブラウツボシマアラシウツボくんでした。



MHGマイホームグラウンドの略のおなじみ3種もど〜ぞ。

センネンダイ大きめ幼魚

かなり小さい幼魚と老成魚も見てみたい。

 
 
ハラマキハゼ

 
ツマジロナガウニの穴にホシヒレイソハゼ


12月12日
曇り時々晴れ一時小雨,北北西風やや強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
コモンサンゴのなかまツノダシなどとゲストさん


12月11日
晴れ間の結構多い薄曇り夜から時々雨,北風微弱,最高気温23℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場24℃

 
 
MHGマイホームグラウンドの略の代表的秋幼魚・キスジキュウセン


このくらいの大きさ(全長2p前後)のを見ると


イトベラキスジキュウセンか?


と目を凝らすんですが・・・

 
 
体側のラインの入り方から3個体とも


キスジキュウセン,かな。


12月10日
曇り一時晴れ間,北東風微弱,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥24〜23℃


秋にアカテンコバンハゼの幼魚がどっと現れていた


サンゴがあったので,


どうしてるかな〜と見てみると


今日もあまり変わらずに居ついてくれていました♪


まだ結構小さい幼魚に・・・


 腹側にも赤点が出ていた大きめ幼魚に・・・

 
このサンゴには


成魚クラスのペアもいますが


それらも健在。


12月9日
雨,東〜北東風弱い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃


久々にスクーバでMHGマイホームグラウンドの略を見てきました。


で,ハゼにつくスミゾメキヌハダウミウシを今季初ウォッチ♪

 
 
ヒメダテハゼの第1背鰭につくスミゾメキヌハダウミウシ


冬・春の定番季節モノですが


順当に12月上旬に出てくれました♪


それにしても


出始めにつきスミゾメキヌハダウミウシがまだちっこいなあ〜


12月7日
雨夕方曇り,北風弱いのち強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ハマサンゴのクリーニングステーションで

休憩しながらクリーニングされてるアオウミガメもウォッチ

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


12月8日は潜りひと休み日で・・
 


12月6日
1日しとしと小雨,北〜北東風強い,最高気温19℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場23℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん

 
ルリスズメダイなどとゲストさん

 
 
ハマサンゴのなかまツノダシなどとゲストさん


12月5日
曇り昼頃から時々雨,北北東風弱い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日もシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴネッタイスズメダイなどとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


12月4日
曇り時々雨,北風弱い,最高気温17℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイロクセンスズメダイなどとゲストさん


12月2日
曇り午後一時晴れ,南東〜南西風微弱,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場24℃


 今日はシュノーケリングガイドでした
 
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴネッタイスズメダイ

ルリスズメダイロクセンスズメダイなどとゲストさん


12月3日は潜り一休み日で・・

12月1日
朝曇りのち快晴,北北東風やや強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場23℃


 今日はいつものシュノーケリングポイント全域を


久々にざーっとチェック。


来ていたアオウミガメたち
 
上から

フレンドリー度順位 4位 5位 18位 13位

7位 ランク外 17位 3位 ランク外(初ウォッチのコ)


2020年11月ログ