2019年6月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

6月30日
晴れ夕方曇り,南風弱い一時やや強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場午前27℃,午後28℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん


6月29日
曇り時々晴れ間一時小雨のにわか雨,南風強い一時やや強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場27℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


6月28日
曇り一時晴れ間一時雨,南風弱い,最高気温30℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場27〜26℃,湾内エリアやや湾奥26℃

 
今日もまずシュノーケリングのガイド・・

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


この後


今日もスクーバでMHGマイホームグランドの略をチェック。


で,久々にヤシャハゼが現れていました。
 
 
奄美大島・笠利湾内のボートポイントでは


定番ハゼのヤシャハゼですが


やや湾奥にあるMHGにはそこ由来のコが


たま〜に現れて,MHGで見るのは6年ぶり。

 
 
ヤシャハゼの相棒といえばコトブキテッポウエビ

ちょっとしか写ってませんが汗

 
 
ヤシャハゼの近くには


ヤシャハゼの近似種でMHG人気定番ハゼの


ヒレナガネジリンボウ

 
 
この時期MHG砂礫底の定番といえば


ヒメダテハゼ♂の求愛

 
 
スミゾメキヌハダウミウシ付きのヒメダテハゼも見れました。


時期的にこのスミゾメキヌハダウミウシ


今季見納めの個体,かな。


6月27日
朝雨のち晴れ,南〜北西風弱い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場27〜26℃,湾内エリアやや湾奥26℃

 
今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


熱低の影響はさほどなく順調に終了。
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん



午後は久々(約2週間ぶりに)


スクーバでMHGマイホームグランドの略をチェック。


今晩孵化しそうなイロワケガラスハゼの卵があったので


見る撮るしてきました。
 

孵化は順調に行われたものの


イロワケガラスハゼのお父さんは孵化中


卵のところにあまり来ず,


で,お父さんと孵化仔魚のコラボは


上画像くらいしか撮れず 汗

 
 
 
こんな孵化仔魚のそばに顔を置いて


じっとしてくれるお父さん,を,求む!!


6月26日
曇り時々小雨,南東風強い,最高気温28℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。


熱低の影響が出始めていて


うねりがややありましたが


良いところに良いアオウミガメがいて
(フレンドリー度順位2位のコ,
2位のコはここ2か月ほどずーっといてくれて,エライなあ〜)


ゲストさんたちがシュノーケリングが達者だったこともあり


順調に終了。
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


6月25日
曇り一時小雨,南東〜南風やや強い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場27〜26℃

 
今日もまずいつものシュノーケリングポイントで


シュノーケリングのガイド

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


午後のゲストさんは


昨日他店でウミガメウォッチングのシュノーケリングされたとのことで


パラオハマサンゴの群生地で


魚やサンゴのウォッチングをご案内

 
 
ユビエダハマサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん

 
 
ハマクマノミニセネッタイスズメダイなどとゲストさん

 
 
 
パラオハマサンゴの群生とゲストさん


6月24日
晴れのち曇り,北のち南風弱い,最高気温27℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃,リーフごく浅場26℃,タイドプール29℃

 
梅雨前線が南下して4日ぶりに穏やかな天気。


今日はまず体験ダイビング・・

ハナビラクマノミなどとゲストさん

 
 
デバスズメダイなどとゲストさん


この後,昨日大雨の影響でできなかった


いつものシュノーケリングポイントでの


シュノーケリングのリベンジガイド

 
 
息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

 
 
アオバスズメダイなどとゲストさん


午後はフォト派シュノーケラーHさんご夫妻の


タイドプールシュノーケリング2日目。


今日は海況回復した


いつものタイドプール及びその隣接リーフ浅場へ。
 
 

6月23日
雨時々強い夕方から曇り,東〜西東風弱い,最高気温23℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,タイドプール25℃

 
梅雨前線停滞3日目の今日もほぼ1日雨。


午前,いつものシュノーケリングポイントは


雨の影響が強く出て残念ながらクローズ。


午後は


フォト派シュノケラーのHさんご夫妻とタイドプールへ。


雨の影響がなく,生き物の多いタイドプールで


じっくり撮ってもらいました。


6月22日
雨午前一時強い夕方から曇り,東南東〜南風弱い,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。


梅雨前線停滞で2日連続の1日中雨。


今日は風がイマイチで,


いつものシュノーケリングポイントには結構雨の影響があったものの


雨の影響が消えた海況の良いところに


良いアオウミガメ(フレンドリー度順位2位のコ)がいてくれて


順調に終了。
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


6月21日
雨時々強い,南風弱いのちやや強い,最高気温27℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした。


1日雨でしたが


風向きが良く,雨の影響は限定的で


ほぼ順調に終了。
 
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


6月20日
曇り昼頃から晴れ,東〜南東風弱い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場26℃

 
今日は梅雨前線が南下して午後からは


明日以降にとっておきたい


青空が広がる穏やかな日でした。


いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 4位 5位 16位 2位 15位 
25位 27位(最下位)


6月18日
晴れ夕方から曇り,東南東風弱い,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:リーフごく浅場27℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん



6月19日は潜りひと休み日で・・
 

6月14日
小雨一時曇り,南風弱いのちやや強い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃,リーフ25℃
6月15日
朝雨のち曇り昼頃から晴れ,北西風強い,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:リーフ25℃,湾内25℃,湾内浅場26℃
6月16日
晴れ,北風弱い,最高気温28℃(最低気温24℃),水温:タイドプール30℃,リーフ25℃,湾内エリアやや湾奥25℃,湾内浅場26℃
6月17日
晴れ,北西風弱い,最高気温26℃(最低気温20℃)),水温:湾内エリアやや湾奥26℃,湾内25℃,湾内浅場29〜27℃
 
ゲストのマクロ大好きさんabyss_nyさんから画像を拝借したのでアップします。

 
 
 
6月14日

卵に付き添う「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2のお父さん

ミツボシガラスハゼ

ヒメダテハゼ求愛

スミゾメキヌハダウミウシ付きヒメダテハゼ

アミメベンケイハゼ


6月15日

マクロ大好きさん通称・モモイロニセスズメ

オイランハゼ求愛

シノビハゼ発色個体


6月16日

テングヘビギンポ婚姻色♂

オグロヘビギンポ

ミツダレヘビギンポ

スジクモハゼ婚姻色♂

ロウソクギンポ婚姻色♂


マクロ大好きさん,ありがとうございました。


6月16日

テングヘビギンポ婚姻色♂

ヒナギンポ婚姻色♂

ミツダレヘビギンポ

クサギンポ幼魚

ホホグロギンポ

「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種−3

ミツボシガラスハゼ

タカノハハゼ求愛♂

タカノハハゼ求愛♂とホリテッポウエビ


6月17日

「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種−3

マツリビハゼ

オイランハゼ求愛♂


abyss_ny,ありがとうございました。


6月12日
晴れ夕方から曇り,北北東風弱い,最高気温28℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場26℃,湾内エリアやや湾奥25℃

 
今日はまずシュノーケリングのガイド・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん




夜はMHGマイホームグランドの略に潜りました。


狙いはもちろん「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2の孵化!

 
 
日没(19時20分)時の発眼卵とお父さん



前回(6月6日)は日没4分後と,かなり早めの時刻に孵化したんですが・・・

 

日没42分後まで見たものの(上画像)孵化せず 



ライトはあてず,撮影もできるだけ抑えて孵化を待ったんですが


日没4分後に孵化した前回よりは撮っていたので


ストロボの発光が孵化を抑制してしまったのかもしれません。


いままで孵化ウォッチした他のハゼで


このような場合,日没1時間前後頃に孵化したことがあるので


その時間帯まで見ていたかったんですが


DECOも出そうで


しかも油断して残タンを使っていて(汗)減圧できそうになかったので


やむを得ず日没42分後でイグジット。


6月13日
朝晴れのち曇り夕方から時々小雨,南南東風弱い,最高気温26℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃


昨夜孵化ウォッチを試みた


「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2のところへ早朝行ってみました。


日没42分以降に孵化したかの確認ですが


もし発眼卵が残っていたら


日の出前に孵化するかも,と早朝に行ったんですが・・・

 
 
日の出(5時25分汗)の1時間前(4時25分汗)に行ってみると


やはり昨夜の発眼卵はなし
(上画像赤点内が発眼卵があったところ)


発眼卵のまわりの


後から生まれた若い卵は残っていたので


昨夜の発眼卵は捕食されたりしたのではなく


日没42分以降から日の出1時間前までに孵化したようです。


今回の失敗を踏まえてまた機会があれば


ここでの孵化を見る撮るしたいところ。




6月14日からしばらくファンダイブのガイドで


写真は撮らず。で・・・
 

6月11日
晴れ,東〜南弱い,最高気温27℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥26〜25℃,リーフ26℃

 
黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2,6月8日生まれと思われる卵が

だいぶ発眼してきました

発眼卵とお父さん



お父さん,発眼卵の上を左右にウロウロ

(発眼卵に新鮮な海水を与えるためですね)


発眼卵の拡大


ウルトラマンホヤじゃあないですよ〜笑


明日発眼マックスだろうな〜♪




5月に何度も孵化ウォッチしたイロワケガラスハゼ


繁殖が徐々に下火になってきましたが


まだ繁殖継続中
 
 
イロワケガラスハゼのお父さんと卵




この他MHGマイホームグランドの略を広めに見ました。


MHGの準定番魚たちもど〜ぞ

ナガレボシ

 
 
ノコギリホシハゼ

 
「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種−3

 
ベラギンポ




リーフも見ました。


定番くん3種をど〜ぞ
 
フサグチゴチの頭部

 
シマイソハゼ

 
「魚類写真資料データベース」のテンス属未同定種


6月10日
曇り午後から晴れ間,北風弱い,最高気温27℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26〜25℃,湾内エリアやや湾奥26〜25℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


6月9日
雨,南風弱い,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃

 
今日も1日雨でしたが


午後は小雨程度になったので MHGマイホームグランドの略へ。



まずは黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2をチェック


卵は,増えも減りもせず


発眼もまだまだ。




「お!」だったのは


久々のコメツブイソハゼ

コメツブイソハゼはマイフェイバリット・ゴビ―の1つ♪


6月8日
雨夕方から時々曇り,北〜南風弱い時々やや強い,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥26℃

 
1日雨でしたが

黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2チェックで


MHGマイホームグランドの略へ。


産卵床にまだだいぶ空きがあるし,


♀も4個体ほどいるし,


新たな卵が産みつけられていないか


見るつもりでしたが


行ったときちょうど産卵中でした

産卵中のペア

小さい方(赤っぽいの)が♀,大きい方(黄色ぽいの)が♂



この産卵以外にも今日結構産卵があったようで

卵がだいぶ増えていました
 
青点内が卵


ちなみに昨日夕方見た時点での卵が下画像
 
赤点内に卵


昨日と今日撮った位置がちょっと違うので


わかり辛いですが


だいたい下画像のように増えてしました
 
赤点内が昨日の時点にあった卵

青点内まで今日卵が増える♪




そういえば産卵中の♀の輸卵管,卵が生み出されるところ


撮り忘れちゃったなあ〜苦笑

6月7日
昼過ぎまで快晴のち曇り夕方から雨一時強い,南のち西風強い,最高気温32℃(最低気温25℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃

 
昨晩孵化ウォッチした


黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2を見ると


早速新たな卵が産みつけられていました♪

生まれたての卵に付き添うお父さん

卵の拡大
 
上画像が♂,が♀,


ちなみに上画像の♀以外に


3個体の♀がまわりにいるので


上画像の♀が産卵したかどうかは不明。




帰り道に


MHGマイホームグランドの略では出物系の


リュウキュウヒメジを今季初ウォッチ

リュウキュウヒメジホシカザリハゼ2個体


6月6日
晴れ一時曇り,南風弱い,最高気温30℃(最低気温22℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃,川の中流〜下流域24℃

 
日中はまず昨日見つけた


黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2をチェック

お父さんと卵

卵,発眼マックスぽいなあ〜♪




この後


川の中流域や下流域を見ました。


中流〜下流域のおなじみ3種をど〜ぞ

タネカワハゼ

 
チチブモドキ


ヒナハゼ




そして夜


一番上画像のウミショウブハゼ属の1種の孵化ウォッチへ。


ミツデサボテングサ上で繁殖中のこのハゼの孵化を


ウォッチしたことはあるんですが


今回はその時といろいろ条件が違うので


孵化パターンを把握するために


あまり撮らずにウォッチに専念。


で,やはり孵化してくれました♪


少し撮った画像から孵化仔魚写ってる画像をアップ
 
孵化仔魚9個体くらい

 
お父さんと孵化仔魚

父子ともピンあまあまですが汗


次回はバシバシ撮るぞ〜!


6月5日
晴れ夕方から曇り,北北西風微弱,最高気温28℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃


日中はMHGマイホームグランドの略


しばらく行っていなかったエリアをチェック・・

 
 
チェックの主目的はヒトミシリハゼ


昨年はヒトミシリハゼのちょっとした当たり年で


このサンゴにも数個体いたんですが


そのうち上画像の1個体のみ越冬してくれてました。




周辺を広めに見ると

「お!」が2つ♪
 
 
まず

出物系のミツボシガラスハゼ,MHGで初ウォッチ♪


昨年秋から冬に現れて,越冬したんでしょうね〜エライなあ。

 
 
もう1つの「お!」は

黄色系カイメン上で繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2


卵の拡大
 

昨年の今頃も


ほぼ同じところで繁殖してましたが


今年もやってました♪
(♂はたぶん,昨年の♂の次の世代のコ)




夜は恒例のイロワケガラスハゼ孵化を見る撮るへ
 
『お父さん,行ってきま〜す』




イロワケガラスハゼ孵化を見る撮るした後


4つ上画像の日中見つけた


繁殖中の
「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種-2にも寄ってみました
(夜に我ながらいっぱい泳いだなあ〜)
 
 
夜も真摯に卵に付き添うお父さん


この卵の孵化も見る撮るしたいなあ〜


難しそうだけど汗


6月4日
雨午後から曇り,南風微弱,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:湾奥25℃


今日も湾奥ポイントで季節モノをチェック

 
 
 
求愛するオイランハゼ♂2個体


タカノハハゼも,今日もチェック
 

求愛するタカノハハゼ


初夏からの人気定番季節モノ,今年も例年通り♪

6月3日
雨午後から曇り,南風微弱,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場25℃,湾奥25℃

 
一昨日の夜から降り続いた雨が


昼過ぎに止んだので


2箇所ポイントチェックしてきました。


まずいつものシュノーケリングポイント


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
 
 
上から(見つけた順に)

フレンドリー度順位 17位 15位 ランク外 2位 27位


もう1箇所は


湾奥で,


季節モノ・タカノハハゼの求愛をチェック
 

求愛するタカノハハゼ

エビくんはホリテッポウエビ

 

6月1日
曇り一時晴れ間夜から雨,北北西風微弱,最高気温26℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場26℃,タイドプール30℃,湾内エリアやや湾奥24℃

 
日中は,岩礁性リーフのごく浅場で久々に


テングっ鼻のテングヘビギンポ♂をウォッチ
 
 
上画像のような発色の薄い状態から・・
 
 
濃いめに発色♪

 
 
すぐ近くには


テングっ鼻がほとんど伸びていない


未成魚(?)の♂も




ここの近くで見られた以下3種もど〜ぞ
 

リュウキュウニセスズメ

 
 
ヤイトギンポ

 
 
イレズミハゼ




夜は恒例のイロワケガラスハゼの孵化を見る撮るへ。

 
 
 
『お父さん,行ってきま〜す』



今日のオマケ

孵化仔魚,胸鰭↓←がちっちゃいながらもうできてるんだなあ〜




6月2日は潜りひと休み日で・・

2019年5月ログ