2019年1月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


2月4日
朝雨のち曇り,北北西風やや強い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


1月31日
晴れのち曇り夕方一時雨,南風弱い昼前からかなり強い夕方から北風かなり強い,最高気温24℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日は(1月5日にもありましたが)


いわゆる台湾坊主型に前線が西から伸びてきて


結構な荒れ気味の天気。


でもアオウミガメたちはいつものように


元気に摂餌に来てました。


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
 
 
上から(見つけた順に)

フレンドリー度順位 19位 4位 8位 17位 5位


この他逃げられて撮れなかったコ(当然ランク外)が1個体




一番上画像の19位のアオウミガメ


今月4番目によく来てくれたコで


最近だいぶ慣れてきて


1月29日のガイド時には


ゲストさんたちの比較的近くで


息継ぎも披露してくれたので(下画像)
 
 
順位を三つか四つ上げてやらねば♪


1月30日
晴れ,南のち北風微弱,最高気温19℃(最低気温11℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 

MHGマイホームグランドの略の砂泥底で


2年ちょっぶり2度目のシノビウツボをウォッチ♪

 
 
 
前回はビイドロカクレエビが乗っていたけど


今回は乗っておらず 残念

 
 
少し離れたところにビイドロカクレエビはいるんだけど  残念




MHGの砂泥底と浅場のおなじみハゼ2種もど〜ぞ
 

「日本のハゼ」のガラスハゼ属の1種−1 

 
 
マツリビハゼ 


1月29日
曇り,北北西風やや強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場19℃


今日もシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


1月28日
晴れ,北風弱い,最高気温18℃(最低気温10℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


1月24日
晴れ,北風弱い,最高気温18℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥22〜21℃,湾奥20℃
1月25日
晴れ,南東風微弱のち北北西風弱い夜から強い,最高気温18℃(最低気温13℃),水温:リーフ22℃,湾内エリアやや湾奥22〜21℃
1月26日
曇り時々雨,北北西風かなり強い,最高気温15℃(最低気温13℃),水温:湾奥22〜21℃,リーフ22〜20℃
1月27日
曇りのち晴れ,北東風やや強い,最高気温13℃(最低気温12℃),水温:タイドプール22℃

 
ゲストのyさんから拝借した画像をアップします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

1月24日

「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種−7 

「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種−3

オヨギベニハゼ

オヨギイソハゼ
♂のけんか&♀も


1月25日

アオベニハゼ

クダゴンベ

スミゾメキヌハダウミウシ付きヒメダテハゼ・2カット


1月26日

サツキハゼの求愛・2カット

ナデシコイソハゼ

イチモンジコバンハゼ幼魚

ポールスポッテドトリプルフィン

カンザシヤドカリ

シマイソハゼ


yさん,画像ありがとうございました。


1月23日
朝曇り昼頃からほぼ快晴,北風弱い,最高気温18℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾奥21℃

 
今日はまずいつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
 
 
上から(見つけた順に)

フレンドリー度順位 1位 8位 5位 12位 4位




この後


季節モノのサツキハゼの求愛を


ちょっと撮影。
(以下写っているのはすべて別個体,同一個体なし)
 
 
 
ナズリング


側面誇示


背景が根で黒抜きできなかったので


♂(上)の鰭発色があまり写らず汗

 
 
 
♀(上)も体を反らし


抱卵してふくらんだお腹を強調して


求愛を催促をする求愛




1月24日からファンダイブのガイドにつき写真は撮らず,で・・・
 


1月22日
曇り午後から雨,北風弱い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフ22℃


昨日一昨日の強い北風で


リーフには結構うねりが残っていたものの


今日ちょっと見ておきたかったので,あえてエントリー・・


で,やはり魚の出が悪い中


初ウォッチの魚が!
 
 
それはナミハタ


上画像を撮った後


くるっと穴に入り・・

 
 
頭隠して尻隠さず,なナミハタくんでした。


1月21日
曇り時々晴れ間,北風強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


1月20日
曇り時々雨午後から曇り,午前南東風弱い午後北〜北西風強い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥21℃


今日はまずシュノーケリングのガイド。

 
 
フレンドリー度順位20位のアオウミガメをゲストさんと見たんですが


摂餌シーンは間近で見せてくれるものの・・・

 
 
 
息継ぎは,

離れたところで。


息継ぎを間近で見れるのは15位くらいのコまで。




午後はMHGマイホームグランドの略をスクーバでチェック。

 
 
で,久々のホシクズベニハゼ


奄美大島でもかなり潮通しの良い場所では


定番ベニハゼのようですが


湾内エリアやや湾奥のMHGではたまに出る流れ者。




ホシクズベニハゼの比較的近くで見た以下2種もど〜ぞ
 
 
セボシウミタケハゼ

ナンヨウキサンゴ

 
 
けんかしているオキナワベニハゼ


けんかシーンはすぐ終わりあまり撮れなかったものの・・・
 
 
けんか後も


名残で鰭が結構発色♪


1月19日
曇り,南風ほぼ無風,最高気温19℃(最低気温12℃),水温:湾内エリアやや湾奥22〜21℃,タイドプール21〜20℃,湾奥20〜19℃


MHGマイホームグランドの略,タイドプール(TP),湾奥をチェック。


「お!」はなかったものの


以下のようなおなじみさんたち(一部出モノ系)を 


順当にウォッチ!♪


MHGから5種・・
 

マスイダテハゼ

 
 
 
 
「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種−7・ペア


昨年10月に見つけたペアが元気に年越し♪


このコバンハゼの年越しを確認できたのは


5年ぶり2度目。


5年前の個体(幼魚)は6月まで居着いてくれたけど


このペアも長期居着いてほしいところ。

 
 
「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種−3

 
 
ダイダイオオメワラスボ

「巣穴に入れないぞ!」と威嚇中のヒメダテハゼ




TPから3種・・
 
 
ヤイトギンポ

 
 
ロウソクギンポ

 
 
コウワンテグリ

動く砂糖菓子




湾奥から3種・・
 
 
オヨギベニハゼ

 
 
ロングクロウシュリンプ

 
 
「日本のハゼ」のハゼ科の1種−12


1月18日
晴れ,北風やや強い,最高気温17℃(最低気温14℃),水温:リーフ21℃

 

もう3か月以上も経ってしまったけど


10月のファンダイブガイド時に


ゲストさんが見つけて撮影された


未記載種らしいウバウオのなかま(上画像)を


主に探しにリーフのクロウニ群生地へ・・・

 
 
 
ここで見られる人気ハゼの1つ・クロクモハゼ


順当に見られたものの


ウバウオのなかまは見つけられず


3か月も経っちゃあ〜いないわなあ〜汗


この近くのリーフのおなじみさん2種もど〜ぞ
 
 
ミスジテンジクダイ L型

 
 
オグロヘビギンポ


1月16日
曇り夕方から時々雨,北風強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした

 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




1月17日は潜りひと休み日で・・・
 


1月14日
曇り昼前から晴れ,北風弱い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20〜19℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした。

 
 
今日ゲストさんと見たアオウミガメ(フレンドリー度順位6位のコ)は


休憩(半冬眠?)モード・・・

 
 
 
ときどき泳ぐものの


摂餌もせず息継ぎもせず・・・

 
 
すぐにまた


前肢を広げて胸を砂地に付け気味にして


休憩モードに。


こんな行動が見れるのも冬ならでは,だな〜




1月15日は


ガイドや潜りをひと休み日にして


ゲストさんの集合場所に使っている


民宿・さとの家のウッドデッキの塗装などをしてました。
 
 
ということで・・
 


1月13日
朝一時小雨のち曇り時々晴れ間,北風強い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 

エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




午後は


ゲストさんはいませんでしたが


なんとなく気が向いたので


いつものシュノーケリングポイントへ再度行き,チェック。


午後に来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 26位(最下位) ランク外 5位


ちなみに午前のガイド時にゲストさんと見たのは

1位のコ
 


1月12日
曇り時々晴れ,北北西風強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃,湾奥20℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 

エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん




午後は湾奥ポイントを


スクーバでチェック。

 
 
二次性徴(第1背鰭棘が伸長)したナデシコイソハゼの♂が見れました。


ナデシコイソハゼ,ちょっと早めに繁殖期入り,かな(?)




湾奥の以下おなじみさんたちもど〜ぞ
 
 
ライデンテナガカクレエビナデシコイソハゼ幼魚(または♀)

 
 
イチモンジコバンハゼ幼魚

 
 
エリホシベニハゼ


1月11日
曇り一時晴れ間夕方から小雨,東風微弱,最高気温20℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22〜21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。

 

摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ネッタイスズメダイなどとゲストさん


1月10日
晴れのち曇り,北風微弱,最高気温19℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場20℃,湾内エリアやや湾奥21℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




午後はMHGマイホームグランドの略


スクーバでチェック。

 
 
まずムネアカクチビ


MHGでは初ウォッチ♪

 
 
11月25日に見つけたツキノワイトヒキベラ幼魚が


元気にご滞在中。
(左はクロヘリイトヒキベラ幼魚)


外海のかなり潮通しの良いところでは定番ベラながら


やや湾奥のMHGでは幼魚が出るのみのツキノワイトヒキベラ


MHGでの年越しは初確認。


越冬もしてほしいところ。

 
 
大晦日に


キュウセンフエダイのチヂミコモンサンゴに来ていた


成体クラスのアオウミガメコバンザメ


今日も同じところに。


ここが休憩場所なんだなあ〜。


1月9日
曇り一時晴れ間,北風強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


アオウミガメの下におこぼれ狙いのミツボシキュウセン

 
 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


1月8日
曇り,北北西風弱い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
エダコモンサンゴアオバスズメダイ

ネッタイスズメダイなどとゲストさん


1月7日
朝曇りのち晴れ午後から快晴,南〜北風弱い,最高気温18℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21〜20℃

 
今日はガイドをひと休み日にして


スクーバタンクの法定耐圧検査(5年に一度のやつ)を


受けるための作業をしてました

 

沖縄で検査を受けるために

名瀬新港に運んだマイタンク(他店のタンクも少し写ってますが)




名瀬新港へ行く前に


いつものシュノーケリングポイントを少しチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
 
 
 
上から(見つけて順に)

フレンドリー度順位 1位 20位 21位


1月6日
曇り一時晴れ間,北北西風強い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場21〜20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
 
ルリスズメダイなどとゲストさん


1月5日
雨一時曇り,南南西風弱い一時南強い夕方から北西風強い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃,湾内エリアやや湾奥22℃


今日はいわゆる


「台湾坊主」型に西から前線が伸びてきて


強めの雨を伴いながら


風向きが南から北へ急変する


怪しい天気でしたが


シュノーケリングガイドは快調に終了


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん





この後


今日もスクーバでMHGマイホームグランドの略をチェック。



砂泥底の一角でこのウミエラのなかまが増加中


まだ小さめで


生き物はほとんど付いていないけど・・・
 

このくらい大きく成長すると


いろいろと棲みつくので


順調に成長してほしいところ。




見るたびに撮ってしまう下の2種もど〜ぞ
 

ナガレボシ

上下にヤライイシモチ

 
 
センネンダイ


1月4日
晴れ一時快晴夕方から曇り,南南東風微弱〜弱い,最高気温20℃(最低気温12℃),水温:リーフごく浅場20〜19℃,湾内エリアやや湾奥22〜21℃


今日もまずシュノーケリングガイド・・・


摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん





午後はスクーバでMHGマイホームグランドの略を今日もチェック。


まず赤いヤギのなかまの群生地,底の底・・・・
 
クダゴンベ

 

ヨソギ



次に通称・キャベツサンゴ・・・
 

こちらは10年以上前からキュウセンフエダイの棲みかに。


今日も健在。




帰り道では


スミゾメキヌハダウミウシ付きのヒメダテハゼを2個体ウォッチ・・・
 
 
そのうちの1個体



久々の


スミゾメキヌハダウミウシ付きハゼの当たり年に


向けて順調に出現中。


1月3日
曇り時々晴れ間,北風やや強い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場昨日より1℃低い,湾内エリアやや湾奥21℃


今日もまずシュノーケリングガイド・・・

摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん





午後はスクーバでMHGマイホームグランドの略を今年初チェック。


主に見たところは


大晦日に続いて


キュウセンフエダイチヂミコモンサンゴ周辺・・・
 
ロクセンフエダイも少し混じってます

 

少し離れたところにヒメマツミドリイシ(らしき枝サンゴ)の


大きめの群生があるんですが


そこをよく見ると・・・
 

お!ヒトミシリハゼ,が数個体


MHGでヒトミシリハゼを見つけるのは


昨年11月以来2度目(2か所目)


1月2日
曇り,北風やや強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20〜19℃,湾内エリアやや湾奥22℃


今日は今年の仕事始めで


午前はシュノーケリングガイド・・・

摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 

浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん





午後は体験ダイビングをご案内・・・
 
ハマクマノミなどとゲストさん

 

クマノミなどとゲストさん




2019年1月1日






2018年12月ログ