2019年12月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

12月31日
朝小雨のち曇り,北風かなり強い,最高気温18℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21〜20℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今年もありがとうございました。

皆様 良い年をお迎えください。


12月30日
曇り時々小雨,南強いのち弱い,最高気温23℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃,リーフごく浅場23℃

 
今日は午前に体験ダイビング・・・

 
 
クマノミなどとゲストさん


午後はシュノーケリングのガイドでした。
 
 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


12月29日
朝快晴午後から曇り,南南東風弱い一時やや強い,最高気温21℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場20℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


12月28日
曇り一時晴れ,北風弱い,最高気温18℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
今日が今年のスクーバでのポイントチェック最終日。


昨年の今頃はキュウセンフエダイがごっそり群れてた


チヂミコモンサンゴを見てみると・・・


キュウセンフエダイはほとんど姿を消し(2個体いましたが)


上画像のようにほぼ小魚類のみに。


小魚も大好きだけど,


やはりキュウセンフエダイがいないと寂しいなあ〜。

 
 
帰り道,タイマイに遭遇。


タイマイはMHGマイホームグランドの略でも数個体居着いているようで


たまに見かけますが


今日のタイマイは警戒心がほぼ皆無でまったく逃げないので


しばらくついて行き行動を見ていると・・・

 
 
ナガレハナサンゴが出てくるたびにつついていて


どうもナガレハナサンゴを食べている様子。


タイマイってサンゴ喰うのかなあ〜?と検索してみると


屋久島の原崎さんのブログに


タイマイナガレハナサンゴを食べる,


という記事(海中観察・撮影)がありました。


ナガレハナサンゴはよくレイシガイダマシの食害にあってますが


タイマイにまで喰われてるとは〜。


12月27日
曇り時々晴れ,北北西風かなり強い,最高気温17℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん


12月26日
晴れ時々曇り一時雨,南〜西風微弱夕方から北風強い,最高気温23℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
MHGマイホームグランドの略・異次元エリアの定番魚・クジャクベラ


クジャクベラ周辺には


10月30日のログに載せたツキノワイトヒキベラもいたんですが


ツキノワくんは姿を消した様子  残念。


12月25日
曇り一時晴れ夕方雨,東南東〜南風やや強い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


12月24日
晴れ,東北東風弱い,最高気温21℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴなどとゲストさん


12月23日
曇り午後から晴れ,北風やや強い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:湾内エリアやや湾奥22℃

 
おなじみのハタタテハゼ


奄美大島でも潮通しの良いポイントでは


かなりの定番種ですが


やや湾奥にあるMHGにはあまり出ず。


なので見るたびに撮っちゃうなあ〜

 
小ささを画像で表現し辛いですが


全長2pあるかないかのチビッコでした。


12月21日
雨時々曇り,南〜北風微弱,最高気温19℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん


12月22日は潜りひと休み日で・・
 

12月20日
曇り夕方から雨,北風強い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場23〜22℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴミスジリュウキュウスズメダイなどとゲストさん

 
 
ツノダシなどとゲストさん


12月19日
どんより曇り,北北西風弱い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


12月18日
曇り時々晴れ,北風強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場23℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん


昨日もでしたが今日もアオヤガラがカメの背中に


アオヤガラはミツボシキュウセンのような


カメのおこぼれ狙いではなく


移動中の休憩地点として


アオウミガメに立ち寄っている感じに見えます。

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


12月17日
ど快晴,南一時北風微弱,最高気温25℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場23℃

 
今日もシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


12月16日
晴れ午前一時雨,南一時北風微弱,最高気温23℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場23℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイなどとゲストさん


12月15日
午前快晴午後晴れ,北風微弱,最高気温21℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃,リーフごく浅場23℃

 
午前はMHGマイホームグランドの略をスクーバでチェック・・・
 
ホシダカラ
(右下はクサビライシのなかまの極小)


当地でも


比較的定番系のタカラガイですが


砂泥底を大胆に移動中のは初ウォッチ。




午後はいつものシュノーケリングポイントをチェック。
 
全長(尾叉長)60cmくらいのカスミアジが入って来てました。


このポイントでも20p前後以下の小さいアジ類はよく泳いでますが


このくらいの大きさのアジは久々
(2年前のイトヒキアジ以来)


カスミアジくん,アオバスズメダイやルリスズメダイを


喰ってかないでね〜。


今日来ていたアオウミガメたちもど〜ぞ。
 
上から

フレンドリー度順位 18位 17位 12位 4位 8位 22位


12月13日
晴れのち曇り,南東風微弱,最高気温21℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




12月14日は潜りひと休み日で・・・
 

12月12日
晴れのちうす曇り,北風強い,最高気温20℃(最低気温18℃),水温:リーフ23℃


夕方,リーフでベラの産卵をちょっと見てきました。
 
 
 
オニベラの産卵
(抱卵放精に伴うペア浮上)

 
産卵シーンは撮りそこなったけど


産卵直後のアカオビベラ


ヤマブキベラアカニジベラも産卵しそうだったもののせず。




産卵場へ行く前に撮った


以下リーフのおなじみさんたちもど〜ぞ
 
 
ホウキボシテンス

 
 
シマイソハゼ

 
 
クロヤナギハゼ

 
 
これはベラ産卵場で撮影

イワサキスズメダイ2個体

まわりにナガニザヤマブキベラ


12月11日
曇り朝一時小雨,南のち北風ほぼ無風,最高気温20℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴルリスズメダイとゲストさん


12月10日
晴れ,南東一時北風微弱,最高気温20℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日はまず


いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 24位 ランク外 23位 7位 3位 

12位 11位 10位 6位




そして午後には


奄美ダイビング組合主催フォトコンの審査がありました。

 
 
 フォトコン審査の様子


入賞作品
 
 
今年も多数のご応募ありがとうございました。


12月9日
晴れ,北東風やや強い,最高気温20℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
昨日見たツムブリの群れを再度撮りたいなあ〜と


今日はワイド(ズーム)を持って


昨日ツムブリを見たあたりを


しばらくウロウロしたものの


現れず 残念。




この比較的近くや帰り道に


ズームのワイド端(35mm換算24mm相当)で


撮った以下おなじみさんをど〜ぞ。
 
 
ヤクシマイワシのなかまの群れ

 
 
キュウセンフエダイの群れ

アナサンゴモドキのなかまモンツキスズメダイナミスズメダイなども

 
 
ホウセキキントキ

 
 
ブッシュドノエルウミウシ


10p以上あったのワイドでもOK,でした


12月8日
曇りのち晴れ,北風やや強い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃

 
 
全長2p程度のヒトスジモチノウオ幼魚を


撮っているとき


魚の気配を感じて(笑)ふと上を見ると・・・
 
 
お〜!全長35cmくらいのツムブリの群れ♪


マクロレンズを付けたカメラしか持っていなかったので


群れ全体は撮れず 残念

 
 
やや湾奥にあるMHGマイホームグランドの略ではツムブリは稀な魚で


MHGでツムブリを見るのは3度目。

 
 
ツムブリを見ている途中で


全長50pくらいのホシカイワリも来てくれました♪


12月7日
雨,北北東風強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場21℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴとゲストさん

 
 
ツノダシなどとゲストさん


12月6日
雨,北東風やや強い,最高気温16℃(最低気温14℃),水温:リーフ22℃


全国的に気温の上がらない寒い1日だったようですが


奄美大島も真冬の気温でした。


そんな中,雨も降ってましたが


今日も魚を見たかったので


リーフへ行ってきました。

 
リーフのおなじみギンポの1つ セダカギンポ


体が赤くなった婚姻色気味の♂が3個体ほど見れましたが


さすがに繁殖期ではないようで(繁殖期は春から夏)


卵は見当たらず。

 
リーフの準定番魚・ミスジテンジクダイ L型・・・

  
オトヒメエビとのコラボモドキ


クリーニングには至らず。


12月5日
曇り夕方から雨,北東風弱い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃

 
今日はシュノーケリングのガイドでした

 
摂餌中のアオウミガメとゲストさん

 
浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん

 
エダコモンサンゴアオバスズメダイなどとゲストさん

 
 
ツノダシとゲストさん


12月4日
曇り一時晴れ間,北東風弱い,最高気温19℃(最低気温15℃),水温:湾内エリアやや湾奥23〜22℃


MHGマイホームグランドの略砂泥底おなじみハゼの1つ ニセホシノハゼ・・・

 
トタンの切れ端の下が棲み家のようで


卵がないかちらっと見せてもらったものの


見当たらず。


繁殖期じゃないのか? 孵化した後なのか??




このニセホシノハゼくんの近くで見れた


以下おなじみさんたちもど〜ぞ
 
イトカケホオカギハゼ

  
カゲロウカクレエビ属の1種

  
アカスジカクレエビ


12月3日
晴れのち曇り,北風強い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃


いつものシュノーケリングポイントをチェック。


今日来ていたアオウミガメたち
 
上から(見つけた順に)


フレンドリー度順位 6位 24位 22位 17位 9位 12位 11位


12月2日
曇り時々晴れ間,北北西風強い,最高気温21℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃,タイドプール23℃


 タイドプールでちょっと見る撮るしてきました。


タイドプールのおなじみさんたちをど〜ぞ
 
 
ヤイトギンポ

 
ネズスズメダイ幼魚

 
クロホシイソハゼ

 

スジクモハゼ

小さくあ〜ん
 
 
イレズミハゼ幼魚

 
上画像のイレズミハゼ幼魚は


たびたびホホグロギンポに近づくので


コラボを狙ったものの


うまく撮れず


12月1日
晴れ,南東風やや強い,最高気温23℃(最低気温19℃),水温:湾内エリアやや湾奥23℃

 
9月26日に見つけた「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種−7


元気に居着いています。

 
一応ペアのようで2個体いますが


2個体あまり近づかないので


両方同時に撮るのは至難の業

 
右上端にも1個体


頑張って越冬して春から初夏頃には


繁殖シーンをみせてほしいところ。



2019年11月ログ