2017年11月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

11月30日
曇り夕方一時小雨,北風やや強い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃,リーフ24〜23℃


今日は午前中にシュノーケリングのガイド・・・


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴ
アオバスズメダイセナスジベラとゲストさん


ルリスズメダイなどゲストさん





午後はスクーバでリーフポイントを見ました。


チェックのメインはイトヒゲモジャハゼ・・・


1か月前に直撃した台風22号で


結構荒れた様子でしたが


変わらずに居着いているコがいてほっと。




近くの人気紅白ハゼもど〜ぞ。


シマイソハゼ


ウミタケハゼ




12月1日からファンダイブのガイドなので写真は撮らず,で・・・







11月29日
快晴,東風弱い,最高気温25℃(最低気温18℃),水温:湾奥23℃,川の中流域気温よりだいぶ低い


クロスジイソハゼのケンカシーンに遭遇♪


左の個体がスルスルっと退いて・・


右の個体が勝ち残り。

臀ヒレなどがきれいに発色。




ここのすぐ下の砂泥底では


ハチマキダテハゼ


近づくホホベニサラサハゼを威嚇中♪


このハチマキくんも


臀ヒレなど発色がきれいですが


臀ヒレや尾ヒレが礫の陰になっているので


反対側にまわってみましたが・・


やっぱり全身撮れず,残念




11月28日
快晴,東風弱い,最高気温25℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場午前23℃,午後24℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴ
ツノダシルリスズメダイなどとゲストさん


アオバスズメダイなどゲストさん




11月27日
雨のち曇り時々晴れ間,北東風弱い,最高気温22℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場23℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




11月25日
曇り,北東風微弱〜弱い,最高気温19℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22〜21℃


飛び石連休は真冬の寒さが続いていますが


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん




今日は順当にフレンドリーなアオウミガメくんを


すぐに見つけてゲストさんとゆっくりウォッチ。


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイ&ネッタイスズメダイゲストさん


ルリスズメダイ
などとゲストさん








11月24日
曇り時々晴れ間,北風やや強い,最高気温19℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん


アオウミガメとゲストさん




フレンドリーで警戒心のないアオウミガメくんに会えないことも


たま〜にあるんですが


今日は久々(数か月ぶり)にそんな日で・・


今日は近づくとすーっと逃げてしまう


アオウミガメくんしか来ていませんでした 残念




11月23日
曇り,北風強い,最高気温19℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




11月22日
雨夕方快晴夜また小雨,南風強い夜から北風強い,最高気温23℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


風雨が強く,波もまずまずありましたが


海況(透明度など)は良かったです。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイツノダシとゲストさん


エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん




11月21日
曇り夕方から雨,北東風弱い,最高気温20℃(最低気温16℃),水温:湾奥24〜23℃


ハナナガモチノウオの全長3pあるかないかの


かなり小さい幼魚がいました。


ハナナガモチノウオのこのサイズは


だいたい初夏から夏に見るので


この時期のコはレアだな〜。



近くには


発色の良いエリホシベニハゼがいました。


ただ,撮り方によってはヒレの青が出ないですよ。


周辺が暗くなるように,ストロボの位置を気にして撮ると良いです。




11月20日
曇り,北風やや強い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフ24〜23℃


リーフで,見たい魚がいたのでちょっと探しましたが


残念ながら見つからず。


探す合間に定番ハゼを撮ったのでど〜ぞ。


オオメワラスボ


サラサハゼ
極小級(全長1p未満)幼魚


アオヒゲシノビハゼ


紅白セボシウミタケハゼ




11月19日
曇り,北風強い,最高気温18℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場22℃


この晩秋(初冬?)一番の寒さの中,


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん


エダコモンサンゴルリスズメダイなどとゲストさん




11月17日
曇り昼頃から雨,南風弱い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃


MHGマイホームグランドの略で久々に「お!」のイソハゼがいました♪


とりあえず背中側から撮った上画像を海中で見て


「お!久々の1種−6(「日本のハゼ」の)か!♪」


と思ったんですが・・・


ちなみに以前1度だけ現れた「日本のハゼ」のイソハゼ属の1種−6がこちら

特徴的な大きな白斑があるんですが


今日のコも一番上画像を見ると


大きな白斑があるっぽいので


はじめ1種−6かと思ったんですが・・・


このあと横から撮れたのが上画像。


海中でこの画像を見ながら「白斑が1種−6と違うなあ〜何イソハゼかなあ〜・・」


と海中ではわからず。


帰宅後パソコン画面で


よ〜く見るとこのコはホシヒレイソハゼですね〜♪


ホシヒレイソハゼも(少なくとも当地では)ほとんど見かけないレアなイソハゼ♪


ちなみにこのコ(上画像左)の近くでは


ハダカコケギンポ(右)が首を伸ばしていました。


ホシヒレイソハゼに目をつける(?ハダカコケギンポくん




ホシヒレくん喰われんようにね〜。






11月16日
ほぼ快晴,北風弱い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:タイドプール26℃,リーフごく浅場24〜23℃


タイドプール(TP)では季節柄,


ロウソクギンポの小さい幼魚がよく目につきました。


ロウソクギンポ小さめ幼魚・2個体




上2画像は自然光(ストロボなし)撮影。


TPのロウソクギンポ幼魚の場合,


(天候など条件にもよりますが)ストロボを発行させて撮るよりも


自然光撮影の方がきれいに撮りやすいです。


ちなみにすぐ上画像のロウソクギンポ幼魚を


同じ位置からストロボを発行させて撮ったのが下画像





11月15日
曇り時々晴れ間,北風やや強い,最高気温24℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


イトマンクロユリハゼの群れに近づくアオウミガメ


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴツノダシとゲストさん




11月14日
朝一時小雨のち晴れ,北風やや強い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃,リーフごく浅場25℃


MHGマイホームグランドの略ナンヨウキサンゴ


久々にセボシウミタケハゼの幼魚がついていました♪


5年前からこのナンヨウキサンゴにはたいてい


1〜数個体のセボシウミタケハゼが見られていたものの


今年はなぜか全然つかず。


ようやく1個体ついてくれました。





ところでこのナンヨウキサンゴの5年前の画像がこちら

海中でも


「結構大きくなってきてるな〜」と思ってましたが


今日撮った一番上画像とすぐ上の5年前画像を比べると

ナンヨウキサンゴが乗っているサンゴ岩やナガサキスズメダイ
参考にして比べても歴然ですが)


ふた回りくらい大きく成長していて


台風や高水温にも負けず,エライなあ〜。





11月13日
曇り夕方一時小雨,南東風弱い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場24℃


いつものシュノーケリングポイントを見てきました。


このポイントでゲストさんと


アオウミガメや上画像のようなサンゴとリーフフィッシュを


主にウォッチングしているんですが


その合間に


ときどき「お!」の魚も目に付くんですよね〜


下画像のような・・


で,今日もお!はいないか,と広めに探しましたが


見つからず。


むしろ今日は南東風で流されて集まった


水面上のゴミが目についたので


アオウミガメが誤飲誤食しないように拾っときました。




11月12日
ほぼ快晴夕方から曇り,北風弱い,最高気温23℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場24〜23℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


すぐ上画像のアオウミガメの下には


おこぼれ狙いのセナスジベラ


このセナスジベラくん,カメのまわりからなかなか離れず


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん




11月11日
曇り,北風やや強い,最高気温26℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場24℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




11月10日
快晴,南東風やや強い,最高気温26℃(最低気温21℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃


見るたびに撮っちゃう魚,の1つが大きめのフグ,なんですが・・


大きめ(全長50pくらい)のフグがいたので


撮ろうと近づくと・・


根の中に顔を向けてしまったんですが


背中にスジ模様があるので


「お!ひょっとして最近和名のついたタスジフグかな〜?♪」と思い


根の反対側へまわりフグの顔を撮ってみると・・・


目のまわりが放射線状で


タスジフグではなくケショウフグ,で  し  た。




11月9日
曇りのち晴れ,北風やや強い,最高気温25℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場25℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん




11月8日
早朝雨のち曇り夕方からまた雨,北風弱い,最高気温24℃(最低気温21℃),水温:リーフごく浅場25℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん




11月7日
晴れ,東風弱い,最高気温27℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場25℃,リーフごく浅場25℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴアオバスズメダイとゲストさん




11月6日
快晴,北風弱い,最高気温25℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥24℃


砂泥底の赤いヤギのなかま


久々にムチヤギカクレカニダマシをウォッチ・・


撮影禁止,ポーズされちゃいましたが




近くの砂泥底のおなじみ生物たちもど〜ぞ。


オキスズメダイ

ハナガササンゴ


フウライイシモチ




11月5日
晴れ,北風弱い,最高気温24℃(最低気温19℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃,川の中流域気温より結構低い


今日は午前に体験ダイビング・・・


ルリスズメダイハマサンゴのなかま

GoProで撮るとゲストさん




午後は川でのシュノーケリングでした・・・


リュウキュウアユ

GoProで撮るとゲストさん


リュウキュウアユとゲストさんのGoPro




11月4日
雨のち曇り,北風強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場25〜24℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場に戻るアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類ルリスズメダイオジロスズメダイミスジチョウチョウウオ

とゲストさん




11月3日
曇りのち晴れ,東風弱い,最高気温26℃(最低気温19℃),水温:リーフごく浅場午前25℃,午後26℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎするアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類ツノダシとゲストさん




11月2日
快晴,東風弱い,最高気温27℃(最低気温18℃),水温:湾内エリアやや湾奥25〜24℃


久々に(今年2月以来)


卵のあるマイ通称・ワシバナガラスハゼのペアがいました♪







卵は生まれたてぽい透明卵




帰り道に・・・


見るたびに撮ってしまう センネンダイ 大きめ幼魚


や・・


昨日に続き今日も別のところで


クロスジスカシテンジクダイをウォッチ




そして・・・


カツイロニセスズメ

や・・


ハダカコケギンポ


台風22号で吹っ飛ばされずに健在なのも確認♪




11月1日
晴れ,南東風弱い,最高気温26℃(最低気温20℃),水温:湾内エリアやや湾奥25℃


台風22号通過後のMHGマイホームグランドの略の様子を見てきました。


EnEx口近辺などごく浅場を除いては


大きく荒れた様子もなく ほっと。





MHG内を見て周る途中で


クロスジスカシテンジクダイをウォッチ・・


ネオンテンジクダイスカシテンジクダイスミツキアトヒキテンジクダイ
混じるクロスジスカシテンジクダイ(上画像


クロスジスカシテンジクダイ,昨年は見れなかったので


見るのは2年ぶり。




2017年10月ログ