2017年3月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

3月31日
曇り夕方から雨,南風かなり強い,最高気温24℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


アオウミガメとゲストさん



3月30日
曇り,南風やや強い,最高気温23℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場23~22℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


今日はエントリーするとすぐにコンゴウフグ・・・♪

レアものコンゴウフグ,ですが


ここで見るのは3度目。


でもコンゴウフグ狙いで


一眼を持ってひとりで行ったりすると,


出ないんだよな~




それはさておき,今日もゲストさんとアオウミガメウォッチ・・・


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月29日
曇り,南風弱い,最高気温19℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月28日
快晴,北風やや強いのち弱い,最高気温19℃(最低気温14℃),水温:湾内エリアやや湾奥20℃,リーフごく浅場22~21℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


ルリスズメダイエダコモンサンゴとゲストさん


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月26日
晴れのち曇り,北風強い,最高気温19℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場21~20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


ハナミノカサゴエダコモンサンゴとゲストさん


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん









3月25日
小雨降ったりやんだり,北風弱い夕方から強い,最高気温19℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場21~20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月24日
晴れのち曇り,北東風弱い,最高気温19℃(最低気温16℃),水温:リーフごく浅場21℃,湾内エリアやや湾奥21℃


久々にスクーバでMHGマイホームグラウンドの略へ。


シュノーケリングガイドが続いたこともあり


なんと3週間ぶり




1月上旬から2月上旬まで毎日通い


繁殖行動などを継続ウォッチしたマイ通称・ワシバナガラスハゼ


まず見てみると・・・


ペアAは


♂(上画像)は健在だったものの


♀が見当たらず,いなくなってしまったようで


♂が独りぼっちの状態でした 残念


ペアAの産卵床は当然ながら使われておらず


すっかり藻に覆われていました。




一方ペアBは・・・

ペアB





とも健在で卵もあり♪


未だに繁殖中とはエライなあ~。


そして季節モノでは


今年も順当に


クマノミの繁殖が始まっているのを確認できました♪


上画像は卵を世話するクマノミ


卵の拡大



3月23日
雨夕方から曇り,南風弱い,最高気温20℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


今日のシュノーケリングポイントには


クシクラゲのなかまが大量に流されてきていて


アオウミガメがそれを食べるところも少し見れました。


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月22日
うす曇り,北東風微弱,最高気温20℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20~19℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


アオバスズメダイユビエダハマサンゴとゲストさん

海藻を食べるアオウミガメとゲストさん




3月21日
曇り昼頃から晴れ,北西風かなり強い,最高気温20℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場21℃


シュノーケリングポイントは3月半ばから流れ藻が多く
(上画像は浜辺に打ち上げられた流れ藻)


最近のシュノーケリングガイド中に


カンパチ(あるいはヒレナガカンパチ)らしき幼魚が


海面をただよう流れ藻に付いているのを何回か見ていたんですが


今日はそれを撮ってきました。


流れ藻につくカンパチ(あるいはヒレナガカンパチ)らしき幼魚

大きいコで全長3㎝あるかないか


警戒心がかなり強く


近づくと 流れ藻の奥に隠れてこっちをじーーとにらみます


ついでにアオウミガメチェックもしましたが


珍しくニジギンポ(上画像↓↓)にクリーニングされているコがいました。


アオウミガメが息継ぎで浮上し始めても


クリーニングするニジギンポ




セナスジベラや草食系のスズメダイ(クロソラ,ミナミイソ,オジロなど)


アオウミガメをクリーニングするのは見たことがありますが


ニジギンポのクリーニングは初ウォッチ。




3月20日
雨時々曇り,南東風やや強い,最高気温22℃(最低気温20℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月19日
雨,東風弱い,最高気温20℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


アオウミガメとゲストさん


ハナミノカサゴとゲストさん




3月18日
雨夕方から曇り,南東風弱い,最高気温18℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月17日
早朝雨のち曇り,北風弱いのち微弱,最高気温18℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場午前20℃,午後21℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイユビエダハマサンゴとゲストさん


巨大球状ユビエダハマサンゴとゲストさん


ハナミノカサゴとゲストさん


パラオハマサンゴ大群生とゲストさん




3月15日
晴れ時々曇り,北風強いのち弱い,最高気温17℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場20~19℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴとゲストさん




3月14日
朝雨のち曇り,北風強い一時弱い,最高気温18℃(最低気温17℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月13日
雨,南風やや強い夜から北風やや強い,最高気温22℃(最低気温18℃),水温:リーフごく浅場20℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


アオウミガメとゲストさん


ルリスズメダイエダコモンサンゴとゲストさん




3月10日
うす曇り夕方から雨,北風弱い,最高気温17℃(最低気温12℃),水温:リーフごく浅場20℃,リーフ浅場午後21℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


クマノミらとゲストさん


ハマクマノミらとゲストさん


パラオハマサンゴの大群生とゲストさん




3月9日
晴れ,北風強い,最高気温15℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場昨日と同じ(朝イチ18℃→11時頃20℃),リーフ浅場午後21℃


今日は

午前シュノーケリングのガイド・・・


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻ったアオウミガメとゲストさん




午後は体験ダイビングでした


ハマクマノミサンゴイソギンチャクとゲストさん


ユビエダハマサンゴアオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん




3月8日
晴れ,北風かなり強い,最高気温15℃(最低気温14℃),水温:リーフごく浅場朝イチ(8時代)かなり低い→11時頃20℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん




3月7日
晴れ,北風やや強い,最高気温16℃(最低気温15℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


ハナミノカサゴとゲストさん



3月5日
晴れのち曇り,南風弱い,最高気温20℃(最低気温13℃),水温:リーフごく浅場21℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


海藻を食べるアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん







3月4日
快晴,南風微弱,最高気温19℃(最低気温10℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃


MHGマイホームグランドの略や湾奥ポイントの定番ベラの1つ


ブラックチップ マオリーラス



昨年の12月,サカヤキホホスジモチノウオと標準和名が付いたので


「よし これを機会にログに載せよぅ」と


たまに探していたんですが


定番ベラのはずがなかなか見つからず汗。


今日MHGのしばらく見ていなかったエリアに行ったところ2個体いました。

そのうち1個体が上画像,もう1個体が↓

上画像のの青ぽいところがサカヤキ(月代)らしいです。




サカヤキホホスジモチノウオの近くで見られた


砂泥斜面のおなじみさん3種をど~ぞ


イトカケホオカギハゼ


アオハチハゼ


マルヒラアジ



3月3日
晴れ,北風弱い,最高気温16℃(最低気温13℃),水温:湾内エリアやや湾奥21℃


久々(12日ぶり)のマイ通称・ワシバナガラスハゼ・・


ペアB 




とも健在

卵もあり


ペアAも 




とも健在

卵も少ないけどあり


ぺアA,Bとも繁殖継続中でエライなあ~!♪


♂の上唇はまだワシバナ状にならず


ワシバナになるまで居着いてほしいところ。




3月2日
曇り時々晴れ一時小雨,北風かなり強い,最高気温16℃(最低気温13℃),水温:インリーフ気温よりはだいぶ高いが海の水温としてはかなり低い


季節モノのイソハゼEviota abax の繫殖関連行動=主にケンカシーンを


見る撮るしてきました。


最盛期はまだ先ですが2度やっとくれました。


2度目(一番上画像と別の♂2個体)


上画像の上の♂


近くでは


今季初ウォッチの


発色気味のクツワハゼ♂も見れました♪





3月1日
小雨一時晴れ間夕方から曇り,南風弱い,最高気温17℃(最低気温10℃),水温:湾内エリアやや湾奥22~21℃


4日ぶりにMHGマイホームグランドの略を見てきました。


MHGのおなじみさんたちをど~ぞ。


セグロヘビギンポ

またはその近似種


ハシブトウミタケハゼ


♂らしき個体。


近くに卵がないか探したものの見つからず。


ハシブトウミタケハゼの卵はまだ一度も見たことないんだよな~見たいなあ~


好きな魚なので


見るたびに撮ってしまうレモンブダイ


1年半以上居着いてくれたシライトベンケイハゼの棲み家に


今はサラサハゼが・・残念 サラサハゼくんには悪いけど


そして


たまには載せねばの


マツリビハゼ




2017年2月ログ