2016年9月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


9月30日
晴れ時々曇り&小雨,南東風弱い,最高気温32℃(最低気温25℃),水温:湾内湾口部近く29〜28℃


昨日は(10月1日記)


友人でウミウシ写真家の今本淳さんと


潜りました。


今本さんと


島内ですが結構遠出して


普段潜らないポイントへ行ってみました。


ここも浅場の水温はかなり高いものの


潮通しの関係か(?)サンゴはほとんど白化せず元気でした♪


サンゴよりも高水温により敏感なイソギンチャク類は


共生褐虫藻が絶妙な抜け具合で


きれいに変色しているものがちらほら見れました♪


絶妙に変色したサンゴイソギンチャクタマイタダキイソギンチャク



ハマクマノミ


9月29日
快晴,南風やや強い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフ29〜28℃


先日のガイド中に登場した「お!」の魚を撮ってきました。


それはスミツキイソハゼ


いままで湾奥ポイントで稀にしか見なかったスミツキイソハゼですが,


ゲストのXi さんがリーフポイントで見つけて撮られて


「リーフにもいるんだなあ〜」と意外で「お〜!」でした。


ちなみに「日本のハゼ」には


湾奥だけでなくリーフ(サンゴ礁の礁池,礁湖,礁斜面)に生息,と


ちゃんと書いてありました


それにしてもスミツキイソハゼって


白ぽいところ(2つ上画像)にいても


赤っぽいところ(すぐ上画像)にいても


周辺によく溶け込んでるなあ〜


9月28日
晴れ一時雨,南東風やや強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場29℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


浮上→息継ぎ→餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類アオバスズメダイとゲストさん


9月27日
曇り一時雨,南東風弱い一時やや強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場29℃


今日も午前中シュノーケリングのガイドでした。


昨日は台風17号の影響で


アオウミガメが餌場に来てくれませんでしたが


今日から戻ってきてくれました♪


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ後餌場へ戻るアオウミガメとゲストさん


9月26日
曇り一時雨,東風弱い一時やや強い,最高気温30℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場29℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場29℃,湾奥29〜28℃


今日は午前中シュノーケリングのガイド,


午後はダイビングのガイドでした。


シュノーケリングシーンを以下アップ・・・


クマノミとゲストさん


ハマクマノミとゲストさん


ハマサンゴの群体とゲストさん


クラカオスズメダイナガサキスズメダイルリスズメダイらとゲストさん


9月22日〜25日
概ね晴れ一時雨,北〜北東風微弱〜弱い,最高気温31〜29℃(最低気温24〜23℃),水温:リーフ29〜28℃,リーフごく浅場29℃,タイドプール30℃,湾内エリアやや湾奥29〜28℃,湾奥29〜28℃,川の中流〜上流域気温より6,7℃低い


ゲストさんから拝借した画像をアップします。


9月22日

アワイロコバンハゼ

タテヤマベラ

シライトベンケイハゼ

ケショウハゼ


オキスズメダイ

オオモンカエルアンコウ


コメツブイソハゼ


9月23日

アミメベンケイハゼ

ハナグロイソハゼ

のガォー

スミツキイソハゼ
幼魚・2カット

シズクイソハゼ
幼魚・3カット

通称シッコクイソハゼ
(「日本のハゼ」のイソハゼ属の1種−9)


オオメワラスボ

ミツボシガラスハゼ

ナガレボシ

エリホシベニハゼ

ナデシコイソハゼ

イチモンジコバンハゼ

幼魚

シリキルリスズメダイ


9月24日

モヨウシノビハゼ

シライトベンケイハゼ

通称ミナミヤジリハゼ
(「日本のハゼ」のヤツシハゼ属の1種−4)

ヒメダテハゼ

求愛

リュウキュウアユ
2カット

ヒラヨシノボリ

ミナミテナガエビ
vsナガノゴリ

ヨロイボウズハゼ
2カット



Kyさん,Kmさん,Xi さん,画像ありがとうございました。


9月22日
曇りのち晴れ,北風微弱,最高気温29℃(最低気温23℃),水温:湾内エリアやや湾奥29〜28℃


今日からしばらく


ダイビングのガイドのため,写真は撮らず,で・・




9月21日
快晴,北風弱い,最高気温28℃(最低気温25℃),水温:湾内エリアやや湾奥29〜27℃,湾奥29〜28℃


今日もまずMHGマイホームグランドの略を見ました・・


赤いヤギのなかまにつくオオガラスハゼ




ウデナガウンバチにつくビイドロカクレエビ


といった砂泥底のおなじみさんを


チェックした帰りの浅場で


台風通過後によく見かけるこの魚をウォッチ・・・


カミソリウオ2個体


どちらも全長で4pあるかないの小さい個体。


本来は目立たない場所でひっそり棲んでいたのが


台風のうねりで目につくところに出てきてしまったのでしょうね。




湾奥ポイントも見ました。


湾奥の人気魚2種をど〜ぞ


ナガレボシ

小さめ3個体


ミツボシガラスハゼ




9月20日
曇り時々晴れ間一時雨,北風やや強い,最高気温28℃(最低気温28℃),水温:湾内エリアやや湾奥29〜27℃,湾奥29〜28℃


台風16号通過後の海の様子を見てきました。


昨日のログに書いたように


16号のよる雨,風はそれほどではなかったので


海中の被害は心配ないものの


気になる水温の低下具合は・・・


画像内数字=上が水深,下が水温(マイダイコン表示)


サンゴが主に生息しているエリアは28.7〜28.9℃で


一昨日(29.1℃)からわずかに下がった程度。


なかなか下がらないなあ〜汗




9月19日
曇り時々雨一時晴れ間,南風強い,最高気温31℃(最低気温28℃),水温:湾内エリアやや湾奥29℃


台風16号が近海を通過しましたが


雨,風ともそれほどではなかったので


湾奥ポイントを数箇所見てきました。


で,秋幼魚の1つ,ヤシャベラ極小級(全長2pあるかないか)幼魚を


今季初ウォッチ♪


(後ろはスミツキアトヒキテンジクダイ幼魚)



このヤシャベラ極小くん周辺の魚たちもど〜ぞ


ハラマキハゼ

ペア

その♂


ヒレナガハギ幼魚


リーフから湾奥までかなり広範囲にわたり定番中の定番の


おなじみさん魚ですが


このコはヒレが見事にヒレナガだったので思わず撮影♪


カスリモヨウベニハゼ

バックにオヨギイソハゼ


インドカエルウオ黄化幼魚

バックにオヨギイソハゼ


オヨギイソハゼくんたち,背景にしてばかりでスミマセン汗




9月18日
晴れ時々曇り,南風弱い一時やや強い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥29〜27℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・





その後はMHGマイホームグランドの略をスクーバでチェック・・・


何度もログに書いてますが


高水温が続いていて


浅場からやや深場までサンゴがだいぶ白化。


でももちろん


まだ白化せずにがんばってるサンゴも結構あります・・・


(水深撮り忘れ


白化せずにがんばってるサンゴの例


数字は,上が水深,下が水温(マイダイコン表示)。


水温は−25mくらいまで29℃でほぼ均一。


明日いよいよ接近する台風16号には


これも何度も書いてますが


水温下げて被害なし,の好台風になってくれるのを期待。


9月17日
晴れ一時雨,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフ30℃,リーフごく浅場30℃


今日は午後にシュノーケリングのガイド・・・





午前中は近くのリーフをスクーバでチェック・・・


昨年から居着いているアミメベンケイハゼ


今日も健在♪


長期居着いていて,エライなあ〜。


このアミメベンケイハゼ近くの3種もど〜ぞ


トモシビイトヒキベラ幼魚とクロヘリイトヒキベラ幼魚


オオメワラスボ・ペア




9月16日
朝と夜に一時雨日中は快晴,南東風弱い一時やや強い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場30〜29℃


今日は1日シュノーケリングのガイドでした。


午前のシュノーケリングシーン・・・





午後のシュノーケリングシーン・・・





9月15日
早朝に雨のち快晴,南東風弱い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥30〜29℃


今日は午前中シュノーケリングガイド・・・


ミスジリュウキュウスズメダイネッタイスズメダイセナスジベラ

とゲストさん


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ後餌場へ




午後はスクーバポイントのMHGマイホームグランドの略を見てきました。




8月からペア(ぽい2個体)になったシライトベンケイハゼ


元気に居着いているのを確認した後


近くのサンゴを覗いてみると・・・


季節モノのタテジマカワハギ幼魚なんですが


ちょっと「お!」だったのが水深で,20m。


タテジマカワハギ,いままで見た最深が-12mくらいなので


マイ最深記録更新。




そして気がかりなサンゴの白化・・・


高水温が続くMHGなど東シナ海側ポイントでは


浅場のサンゴがかなり白化しています。


近づきつつある台風16号には


「水温下げて被害なし」の好台風になってほしいところ。


9月14日
ほぼ快晴,南東風弱い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場29℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ後餌場へ


9月13日
ほぼ快晴,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場29℃,川の中流域25℃


今日は午前に海のシュノーケリングガイド・・・


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん




午後は川でゲストさんと涼んできました♪


オオクチユゴイユゴイとゲストさん


9月12日
曇り時々晴れ,南東風やや強い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場29℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ後また餌場へ


そしてまたウミヒルモを食べるアオウミガメとゲストさん


9月11日
曇り時々小雨,北のち南風弱い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場29℃,川の中流域27〜気温より5℃くらい低い


今日はシュノーケリングのガイドでした。


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ後また餌場へ


9月10日
快晴,南東風弱い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場30℃,タイドプール31℃


タイドプール(TP)の中には


よく行くところとめったに行かないところがあるんですが


今日は10年以上行っていなかったTPへ行ってみました。


で,まずオオメワラスボ


今年はリーフ内でも結構見るオオメワラスボ


今日のTPでも

このペアと下画像の小さめのコの計3個体いました。


(右はサザナミハゼyg)


今年はオオメワラスボのちょっとした当たり年だな〜。



10数年ぶりのこのTPでヒットだったのがこちら

ヨスジハゼ


当地ではかなりのレアものヨスジハゼ


生息場所を見つけたのはこれでようやく2箇所目。



ヨスジハゼがいたので


このTPは「よく行くTP」に昇格だな〜♪


9月9日
曇り午後から晴れ間,南〜北風微弱,最高気温29℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場29℃


今日は1日シュノーケリングのガイドでした。


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


チヂミコモンサンゴ群生とゲストさん


9月8日
雨のち曇り,北風弱い,最高気温29℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場29〜28℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


アオウミガメのとゲストさん


エダコモンサンゴの群生,アオバスズメダイとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん




9月7日
曇り一時雨午後から晴れ,南風やや強いのち弱い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:湾内エリアやや湾奥29℃


台風13号通過後のMHGマイホームグランドの略の様子を見てきました。


気になる水温をチェックしてみると・・・


-20mのツツミドリイシ類サンゴの群生地:29.3℃(マイダイコン表示)


-10mのサンゴ根:29.2℃


そして昨日のログに載せた

-2mのクシハダミドリイシ:29.3℃


といった感じでサンゴのあるエリアはほぼ全域29℃で


あまり下がらず(昨日も29℃でした)。


あと2℃は下がってほしかったなあ〜。




9月6日
雨,南風弱いのち強い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:湾内エリアやや湾奥29℃,リーフごく浅場29℃


先週の台風12号に続いて近海でまた台風13号が発生,


今日は13号の接近による荒天で


シュノーケリングは短めのご案内になってしまいました・・


ゲストの皆さん,またいつかリベンジしてくださいね〜。


テーブルサンゴ(クシハダミドリイシ),スズメダイ類とゲストさん


このクシハダミドリイシ,3年前の高水温時も


このくらいに白化しましたが,水温の低下とともに褐虫藻が戻り&増えて


生き延びました。


13号の通過で今度こそ本格的に海水温が下がることに期待したいところです。




9月5日
快晴夕方から雨,南東風弱い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:湾内エリアやや湾奥31〜30℃,リーフごく浅場31〜30℃


今日は1日シュノーケリングのガイドでした。


ハマサンゴのなかまスズメダイ類とゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ終わって餌場へ




9月4日
快晴,北風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場31〜30℃


ファンダイブのゲストさんを空港お送りしてから


シュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ終わって餌場へ


コモンサンゴ類の群生とゲストさん




9月3日
曇り一時小雨午後から晴れ間,北風未明に一時かなり強いのち弱い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:タイドプール32℃,湾内エリアやや湾奥29℃,湾奥29℃


台風12号は


奄美大島の東側に結構逸れて通過したので


今日のファンダイビングに大きな支障はなかったです。


昨日今日のゲストSさんから拝借した画像をアップします。


9月2日

アカスジウミタケハゼ
ミズタマサンゴ


セボシウミタケハゼ
ナンヨウキサンゴ


ハマクマノミ幼魚
白化サンゴイソギンチャク



9月3日

シライトベンケイハゼ

ハマクマノミ幼魚
白化サンゴイソギンチャク

ハラマキハゼ

「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種−1

インドカエルウオ黄化幼魚

キツネブダイ幼魚



Sさん,画像ありがとうございました。


9月2日
曇り時々小雨,東風弱い,最高気温30℃(最低気温25℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥30〜29℃


今日は午前にシュノーケリング,

午後はファンダイブのガイドでした。


シュノーケリングから


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


9月1日
晴れ夕方から曇り,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温24℃),水温:湾内エリアやや湾奥30〜29℃


台風12号が明日から明後日にかけて


奄美大島の近海を通過しそうですね〜。


「海水温下げて,被害はなし」の好台風になってくれると良いけどな〜



さて,MHGマイホームグランドの略


秋の季節モノ第1弾・セダカカワハギを今季初ウォッチ♪


大きめの個体(といっても全長2pあるかないか)だったので


結構前からここに現れていたかもしれません,見落としてたかな(?)


7月下旬に見つけたミズタマハゼ


その後ガイド中に2個体いるのを確認していたんですが


今日見るとペアぽくなっていました。


ペアで末長く居着いてほしいところ。


2016年8月ログ