2016年6月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

6月30日
快晴夕方曇り,西風弱い,最高気温33℃(最低気温27℃),湾奥の水温29〜28℃


先日のガイド中に


繁殖中(産卵床に卵のある)インドカエルウオを見つけたので


ちょっと撮ってきました。


卵に付き添う♂・2カット

卵の拡大

発眼マックスの頃にまた見る撮るしたいところ



6月29日
ほぼ快晴,南風弱い,最高気温34℃(最低気温27℃),水温:川の中流から上流域気温より10℃近く低い,リーフごく浅場30℃


今日もスノーケリングのガイドでした。


午前中は川へ・・


リュウキュウアユとゲストさん


ヒラヨシノボリ)とゲストさん



午後はリーフへ・・


アオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴの群生とゲストさん



6月28日
朝雨のち曇り昼頃から快晴,南風やや強い,最高気温33℃(最低気温28℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場28℃,リーフごく浅場29〜28℃


今日はスノーケリングのガイドでした。


クマノミとゲストさん


ミドリイシ類サンゴネッタイスズメダイクラカオスズメダイとゲストさん

ハマクマノミとゲストさん


パラオハマサンゴの大群生とゲストさん



6月27日
曇り時々雨,南風弱い一時やや強い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場27℃,タイドプール27℃



今日もゲストのKさんから画像を拝借したので


アップします。


カザリキンチャクフグ

シマギンポ
かなり小さい幼魚

イシヨウジ
幼魚

レモンスズメダイ

オヤビッチャ
幼魚



Kさん,画像ありがとうございました。




6月26日
曇り時々小雨,北のち南東風微弱,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:湾奥28〜27℃,湾内エリアやや湾奥28〜27℃



ゲストのKさんから拝借した画像をアップします。


チゴベニハゼ

マナベベラ
かなり小さい幼魚

ハゲブダイ
幼魚

ダンダラスズメダイ
極小級幼魚

カクレクマノミ



Kさん,画像ありがとうございました。




6月25日
快晴のち晴れ時々曇り一時雨,南西風やや強い,最高気温33℃(最低気温29℃),リーフごく浅場の水温28℃(午前満潮時)〜30℃(午後干潮時)


今日はスノーケリングのガイドでした。


息継ぎのために浮上中のアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


ハマクマノミヤマブキベラネッタイスズメダイとゲストさん

ハナビラクマノミ
とゲストさん


パラオハマサンゴの群生
とゲストさん



6月24日
ほぼ快晴,南西風やや強い,最高気温33℃(最低気温27℃),川の上流域の水温:気温より9℃くらい低い


真夏の天気が続いていて


こんな暑い日は


川の上流域が冷たくて気持ちいいです♪


上流域のおなじみさん4種をど〜ぞ。

リュウキュウアユ


オオウナギ


ヒラヨシノボリ


ヨロイボウズハゼ



6月23日
快晴,南西風やや強い,最高気温33℃(最低気温28℃),湾奥の水温28〜27℃


湾奥ポイントの定番魚ながら


サンゴの奥に隠れ気味で,見かける機会は多くないタテジマカワハギ


今日は珍しくサンゴから長めに出ているコがいました・・


近くにハナグロイソハゼ(上画像右端)がいたので


コラボを狙いましたが・・・


コラボモドキがやっと



6月22日
快晴,南風やや強い,最高気温33℃(最低気温26℃),湾内エリアやや湾奥の水温27〜26℃


MHGマイホームグランドの略をやや広めに見てきました。

MHGおなじみ5種をど〜ぞ。

シロクラベラ
老成魚


カタグロホホスジモチノウオ


クジャクベラ


セボシウミタケハゼ


ナミスズメダイ
幼魚群れ



6月21日
快晴,南西風弱い,最高気温33℃(最低気温26℃),水温:湾奥27℃,リーフごく浅場30℃


今日は午後にスノーケリングのガイド・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん

コモンサンゴ類の群生とゲストさん




午前中は先日のガイド中に卵のあるフタスジコバンハゼ


初ウォッチしたので
(実際にはゲストさん画像を拝見して「卵あるじゃん!♪」
と気づいたんですが


撮ってきました。


卵を世話するフタスジコバンハゼ・3カットど〜ぞ





このフタスジコバンハゼのいるサンゴの


隣接サンゴでは


シリキルリスズメダイにも卵がありました!♪


卵を世話するシリキルリスズメダイ

卵の拡大

2つ上画像の♂クン


シリキルリスズメダイの卵を見たのは初めてです♪


孵化シーンも見る撮るしたいなあ〜。



6月19日
ほぼ快晴,南風やや強い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフ浅場28〜27℃,タイドプール32〜29℃,湾内エリアやや湾奥浅場27℃
6月18日(奄美地方梅雨明け)
ほぼ快晴,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフ28〜27℃,湾奥28〜26℃
6月17日
曇り時々雨一時晴れ間,南東一時北風弱い,最高気温28℃(最低気温26℃),水温:リーフ27〜26℃,湾奥27〜26℃


今日(6月19日)はマクロ大好きさんを空港にお送りしてから


体験ダイビングでした。


体験ダイビング中に


数か月に1度出会う大きめ(全長60pくらい)のエンマゴチに遭遇。


体験ダイバーさん,エンマゴチの目がかわいかった,とのこと。


体験ダイビング定番の


クマノミハナビラクマノミ


もちろんウォッチ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




6月17日〜19日のゲスト・マクロ大好きさんから拝借した画像をアップします。


6月17日

イシガキカエルウオ
極小幼魚

ヒレナガスズメダイ
極小幼魚

ヒゲニジギンポ
幼魚(かな?)

ウミタケハゼ

その卵

オオメタナバタメギス

タナバタウオ属の1種
タナバタウオ?)

ヒメアオギハゼ

シロタスキベラ
幼魚2個体

オドリハゼ

ダンスゴビーシュリンプ

ミツボシガラスハゼ

ホソウミタケハゼ

キイロサンゴハゼ
卵を世話中

フタスジコバンハゼ(たぶん)
ペア&♂の卵世話中



6月18日

アミメベンケイハゼ
2個体

シズクイソハゼ

モンツキイチモチ
極小幼魚

ダンダラスズメダイ
極小幼魚

アケボノチョウチョウウオ
小さめ幼魚

タテヤマベラ
極小幼魚

カマスベラ
小さめ幼魚

「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種−1

カスリモヨウベニハゼ

スミツキイソハゼ

ハラマキハゼ
ペア

タカノハゼ
求愛♂2個体

オイランハゼ
求愛♂2個体

ハスジマハゼ



6月19日

リュウキュウニセスズメ

ハナカエルウオ
求愛していた婚姻色♂

キカイカエルウオ

ツマリギンポ

イレズミハゼ

ロウソクギンポ
求愛♂

ロウソクギンポ
上画像求愛♂に応えて♀が巣穴イン,♂さらに求愛



マクロ大好きさん,画像ありがとうございました。



6月17日
曇り時々雨一時晴れ間,南東一時北風弱い,最高気温28℃(最低気温26℃),水温:リーフ27〜26℃,湾奥27〜26℃



6月18日追記 : 6月18日奄美地方,平年より11日早く梅雨明けしました。




6月16日
晴れ夕方から一時雨,南風強い,最高気温31℃(最低気温28℃),水温:リーフ浅場28℃,湾奥26℃


ソウシハギの幼魚を初ウォッチ♪


幼魚といっても全長20pくらいあり


もっと小さい幼魚もいつか見てみたいところ。




季節柄,イソハゼ類の幼魚もよく目につきます・・


ナデシコイソハゼ幼魚
全長1pあるかないか


上画像の幼魚(中央)と成魚サイズの2個体


上画像のナデシコイソハゼ幼魚とオヨギイソハゼ幼魚


オヨギイソハゼ幼魚2個体


上画像よりもう少し大きいオヨギイソハゼ幼魚2個体




リーフも見てきました。


サンゴガレ周辺のおなじみ3種をど〜ぞ


アミメベンケイハゼ2個体


クロヤナギハゼ


通称シッコクイソハゼ
「日本のハゼ」のイソハゼ属の1種−9



6月15日
曇りのち雨,南風弱い一時やや強い,最高気温28℃(最低気温24℃),リーフの水温26℃


長いトンネルのあるリーフを見てきました。


長いトンネル内の準おなじみさん3種をど〜ぞ。


オオメタナバタメギス
同一個体2カット

うまく撮れず


ヒメアオギハゼ


「日本のハゼ」のオキナワハゼ属の1種−2



6月14日
曇り時々雨,北風微弱,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場27〜26℃,湾奥26℃


今日はまずスノーケリングのガイド・・


午前中の

アオウミガメとゲストさん


午後の

アオウミガメとゲストさん




そして夜は


昨日のログに載せた


産卵床に卵のあるミツボシガラスハゼへ行ってきました・・


あわよくば孵化シーン撮れんかな〜,と思ったものの


なかなか孵化せず撤退 残念


まあでもミツボシガラスハゼの夜間色(背中の赤いシマシマや第1背鰭の青い発色)が


初めて見れました。



6月13日
雨,北東〜南風弱い,最高気温28℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場27〜26℃,湾奥26℃


今日(6月13日)はOさんを空港にお送りしてから


ガイド中に見つけたホソウミタケハゼ&卵を撮りにいってきました,が・・・


ホソウミタケハゼはいたものの


産卵床に卵は見当たらず 残念


が,しかし


このホソウミタケハゼの近くのミツボシガラスハゼ


卵があるのを見つけちゃいました!♪


卵に付き添うミツボシガラスハゼ


卵の拡大

今年,初年越し&初越冬したミツボシガラスハゼ


ついでに初繁殖も期待していましたが


見事に期待に応えてくれました。



6月11日
曇り時々雨,北東〜南風弱い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:湾奥浅場28〜27℃,リーフ27〜26℃
6月12日
曇り時々雨,南風強い,最高気温29℃(最低気温25℃),水温:湾奥27〜26℃,湾内エリアやや湾奥27〜26℃


ゲストのOさんから拝借した画像をアップします。


6月11日

ウミタケハゼ

オドリハゼダンスゴビーシュリンプ

アオベニハゼ


6月12日

ホソウミタケハゼ

ホソウミタケハゼの発眼卵

卵を世話するキイロサンゴハゼ

卵を世話するイチモンジコバンハゼ

スミゾメキヌハダウミウシ付きヒメダテハゼ

ヒメダテハゼ求愛



Oさん,画像ありがとうございました。



6月11日
曇り時々雨,北東〜南風弱い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:湾奥浅場28〜27℃,リーフ27〜26℃





6月10日
ほぼ快晴,東風弱い,最高気温30℃(最低気温24℃),水温:湾奥27〜26℃,リーフ27〜26℃


6年ぶりに見るハゼがいました♪・・


それはオモナガフタボシイソハゼ


11,12年前は近似種のフタボシイソハゼと同じくらいいて


湾奥の定番ハゼだな〜と思ったこともありましたが,


その頃はたまたまオモナガフタボシイソハゼの当たり年だったようで


その後激減しここ5年はまったく見れませんでした。


オモナガフタボシイソハゼの当たり年,再来せんかな〜




オモナガフタボシイソハゼ近くの湾奥おなじみの魚3種もど〜ぞ


ヤスジチョウチョウウオ


上:オニサルハゼ


下:通称ピンコ
「日本のハゼ」のハゼ科の1種−12





リーフも見ました。


リーフの人気ハゼ3種をど〜ぞ


ヒメアオギハゼ


オドリハゼダンスゴビーシュリンプ


ウミタケハゼ
色違い2個体



6月9日
ほぼ快晴,北東〜南東風弱い,最高気温29℃(最低気温24℃),水温:リーフごく浅場27℃,インリーフ浅場28℃


今日も午前中はスノーケリングのガイド・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん




午後はインリーフをちょっと見てきました。


インリーフのおなじみさん2種の極小幼魚をど〜ぞ


クツワハゼ


コモンヤツシハゼ



6月8日
晴れ一時にわか雨,北東風弱い一時やや強い,最高気温29℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場27℃,湾内エリアやや湾奥27〜26℃


今日も午前中はスノーケリングのガイド・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


そして6月1日ログに載せたクマノミの卵,今晩孵化でした・・


孵化仔魚たち


お父さんと孵化仔魚たち


ご両親と孵化仔魚たち



6月7日
雨のち曇り時々晴れ,北風微弱,最高気温27℃(最低気温22℃),水温:リーフごく浅場午前25℃午後27℃,湾内エリアやや湾奥26℃


午前中はスノーケリングのガイドでした。


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん



夕方〜夜のMHGマイホームグランドの略にも潜りました。


先月からハゼやクマノミの孵化狙いで夕方から夜に


よく潜っていますが


その時間帯はキツネウオの求愛が結構目につき,


とくに昨夜はキツネウオ婚姻色♂(上画像)の求愛が盛んで,


最盛期になってきたようです。




夜のおなじみさんたちもど〜ぞ


カスリイシモチ


バンダイシモチ(あるいはその近似種)


セミエビ


イケロパグルス属の1種


ウルマエビスヤドカリ

右にカイアシ類



6月6日
晴れ時々曇り夜から雨,北東風弱い,最高気温28℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場28℃,湾内エリアやや湾奥26〜25℃


カタトサカのなかまに棲むセボシウミタケハゼ


上画像のようにポリプのない柄の部分に普段いるんですが


今日は珍しくポリプの上に乗っていました

青抜きでも撮りました・・


上画像と同じ個体


上画像と別個体


カタトサカのポリプの上に乗るセボシウミタケハゼ


(たしか)初めて見ましたが,


フォトジェニックなのでちょくちょく乗っててほしいところ。



6月5日
快晴,北西風弱い一時やや強い,最高気温28℃(最低気温24℃),水温:リーフ27℃,川の中流域25〜24℃


友人でウミウシ写真家の今本淳さんと潜りました。


長いトンネルがあるリーフのポイントを潜りましたが


トンネル周辺よりも・・


ウミウシ天国なのは


インリーフがれ場の方,らしいです。


私はいつものように魚をチェック・・


リーフのおなじみさん2種をど〜ぞ。


スミレヤッコ


アオベニハゼ



6月4日
曇り一時雨,南風やや強い,最高気温31℃(最低気温24℃),水温:河口域の水底27℃,川の中流域25〜24℃


毎年6月から目につき始める


スミゾメスズメダイの極小級幼魚,


今年も順当に出始めてくれました。


近くではリボンスズメダイのかなり小さい幼魚も増えてますが


ほとんど色の出ていない超極小級も混じっていました。



6月3日
曇り,南東風やや強い,最高気温25℃(最低気温24℃),水温:インリーフ27℃,タイドプール26℃


インリーフでは


繁殖期終盤のミナミイソハゼ


ラストスパートか,のように元気でした・・


ケンカするミナミイソハゼ♂2個体
(2個体とも一番上画像と別個体)


左の♂


右の♂


求愛
左♂(これも上の3個体と別),右♀


上画像の♂



6月2日
曇りのち晴れ,東風弱い一時やや強い,最高気温28℃(最低気温23℃),水温:リーフごく浅場27℃,湾奥27℃


午前中はスノーケリングのガイドでした。


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


そして


おなじみアオウミガメ・・

食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


今日はアオウミガメ4個体来てました
そのうち2個体&ゲストさん




午後は季節モノ・チェック・・


求愛するオイランハゼ


求愛するタカノハハゼ



オイラン・タカノハの周囲ではおなじみの・・


オイラン・タカノハのように飛ばないけど人気のあるハスジマハゼ


ハナビヌメリ
上:求愛する♂,下:♀



6月1日
雨一時強い時々曇り,南風弱い一時強い,最高気温28℃(最低気温24℃),湾内エリアやや湾奥の水温27〜26℃


一昨日孵化だったクマノミ


新たな卵が産まれていました


卵の拡大




季節モノでは・・


デコってるヤリカタギ極小級幼魚(全長1pあるかないか)を


今季初ウォッチ。




砂泥底では・・


5月21日ログに載せたコクテンカタギ


や・・


5月10日ログに載せた-18mのヤノスソビキハゼ


元気に居ついています。



2016年5月ログ