2016年7月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)

7月31日
うす曇り時々雨午後からほぼ快晴,南東風弱い,最高気温31℃(最低気温27℃),リーフごく浅場の水温:30℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


クマノミミスジリュウキュウスズメダイミツボシキュウセン

とゲストさん


チヂミコモンサンゴとゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上しはじめたアオウミガメとゲストさん


息継ぎするアオウミガメとゲストさん




7月30日
ほぼ快晴一時にわか雨,北東風弱い,最高気温33℃(最低気温28℃),水温リーフ30〜29℃,湾内エリアやや湾奥30〜29℃,湾奥30〜29℃


先日のガイド中に見かけた


季節モノと出モノ系を撮ってきました。


季節モノはクサビベラの幼魚


上画像は全長4p代くらいのコ,


こちらはひと回り小さい全長3pあるかないかのコ



湾内浅場の定番魚・クサビベラですが


4p以下の幼魚はあまり見かけません。


出モノ系はミズタマハゼの幼魚



リーフではほぼ毎年見かけるミズタマハゼですが


湾内エリアやや湾奥のMHGマイホームグランドの略に珍しく(6,7年ぶりに)


出てくれました♪


居着くといいなあ〜。



7月28日
快晴,北風弱い,最高気温34℃(最低気温27℃),リーフごく浅場の水温:30℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


チヂミコモンサンゴ内で休憩中のアオウミガメとゲストさん

アオウミガメのところの拡大

休憩中のアオウミガメくん,ときどき

セナスジベラスズメダイ類にクリーニングもされてました




7月22日〜7月27日
おおむね快晴時々曇りところによりちらっとにわか雨,おおむね南風弱い一時北風弱い,最高気温33〜31℃(最低気温27〜25℃),水温:リーフ30〜29℃,タイドプール32〜29℃,湾内エリアやや湾奥30〜29℃,湾奥31〜29℃,川の中流域28℃


ゲストのXiさんから拝借した画像をアップします。


7月22日

クロヨシノボリ

ルリボウズハゼ



7月23日

タカノハハゼ求愛

ハスジマハゼ

オイランハゼ
求愛


7月24日

ハラマキハゼ・ペア


7月25日

マツリビハゼ


7月26日

コモンヤツシハゼ

エリホシベニハゼ



7月27日

モヨウシノビハゼ

シライトベンケイハゼ

ミズタマハゼ&ヒメダテハゼ

ナガレボシ

ミツボシガラスハゼ




Xiさん,画像ありがとうございました。



7月24日
ほぼ快晴,北風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場30℃,,湾奥浅場30℃


今日は午前と午後にシュノーケリングのガイド,


お昼頃にファンダイブのガイドでした。


シュノーケリングのガイド時に撮影した画像をアップ・・


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎするアオウミガメとゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストのダイバーX i さん


コモンサンゴ類とゲストさん


アオバスズメダイ幼魚群れチヂミコモンサンゴとゲストさん




明日からまたファンダイブのガイドですので・・・




7月16日〜7月21日
おおむね快晴にわか雨もほとんどなし,前半南風やや強い〜弱い後半北西風弱い,最高気温34〜32℃(最低気温29〜27℃),水温:リーフ29℃,タイドプール(午前)32〜29℃,湾内エリアやや湾奥29℃,湾奥31〜29℃,川の中流域28℃



7月23日記:ガイド期間継続中ですが


一旦7月16日〜21日の


ゲストさんに拝借した画像をアップします。


7月16日

ハダカコケギンポ

ハナヒゲウツボ

フタイロサンゴハゼ
幼魚


7月17日

ハラマキハゼ




「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種−1

ホソカワインドカエルウオ幼魚&インドカエルウオ黄化幼魚

オイランハゼ求愛

タカノハハゼ求愛

ハスジマハゼ


7月18日

キサンゴカクレエビ

ヒメダテハゼ
求愛

ヒメオニハゼ

ボンボリイソハゼ

ミツボシガラスハゼ

インドカエルウオ
黄化幼魚

フタボシイソハゼ

キイロサンゴハゼ
幼魚

ナデシコイソハゼ


7月19日

ロウソクギンポ
水面下♂

求愛シーン


ミスジテンジクダイ 
S型

ナンヨウミドリハゼ
発色♂

クロホシイソハゼ
発色♂

オイランハゼ
求愛

タカノハハゼ
求愛
3カット


7月20日

アオベニハゼ

ヒメアオギハゼ


タカノハハゼ
求愛

オイランハゼ
求愛


7月21日

アミメベンケイハゼ

アオバスズメダイ
幼魚群れ

シズクイソハゼ

ニシキイトヒキベラ
幼魚

オオメワラスボ

ミナミシラヌイハゼ

ウミタケハゼ

ホウキボシテン
ス幼魚



Mさん,345さん,KKさん,Kiさん,Hさん,


画像ありがとうございました。




7月16日
晴れ時々うす曇り,南風やや強い,最高気温34℃(最低気温29℃),湾内エリアやや湾奥の水温:29℃





7月15日
雲一時小雨,南西風弱い,最高気温33℃(最低気温28℃),リーフの水温29℃


今日見たリーフでは


ニシキイトヒキベラらしき小さめ幼魚(全長2p前後)が


増えていました。


上画像のコ&クロヘリイトヒキベラ幼魚


体の模様がトモシビイトヒキベラ幼魚にも似ているけど


ニシキイトヒキベラでいいのかな(?)




近くにいた以下5種もど〜ぞ。


アミメベンケイハゼ


サンゴトラギス


マダラトラギス

色の薄い個体


クロスジギンポ


ヤツシハゼ・ペア


上画像右の♂



7月14日
やや雲多いがほぼ快晴,南西風やや強い,最高気温33℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場の29℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥29〜28℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類とゲストさん


クマノミとゲストさん




シュノーケリングのガイドの後MHGマイホームグランドの略をちょっとチェック・・・


おなじみさん5種をど〜ぞ


モヨウシノビハゼ


シライトベンケイハゼ


(ニセ)ホシノハゼ


ケショウフグ

大きいフグは見ると撮らずにいられないんだよな〜なぜか


アワイロコバンハゼ幼魚2個体



7月13日
快晴,南西風やや強い,最高気温34℃(最低気温28℃),水温:湾奥29〜28℃,リーフ29〜28℃,川の中流域27℃


今日も数箇所潜って


季節モノや出モノ系,人気モノ系,マイフェイバリット系など撮りました・・


オモナガフタボシイソハゼ
3個体


やはり今年は10数年ぶりの当たり年かも


キツネブダイ


卵に付き添うフタスジコバンハゼ

卵の拡大


ヤスジチョウチョウウオ

よく見かけるラインが一部変異した個体


スミツキイソハゼ


ミツボシガラスハゼ
単独

3個体


ルリボウズハゼ
婚姻色♂

ノーマル色♂
2個体


アヤヨシノボリ


クロヨシノボリ


キバラヨシノボリ



7月12日
快晴,南東風強い,最高気温33℃(最低気温29℃),水温:湾内エリアやや湾奥29〜28℃,湾奥29〜28℃,リーフ浅場29℃


数箇所潜って


季節モノや人気モノ系,マイフェイバリット系など撮りました・・


ハシブトウミタケハゼ


クサハゼ♂(下)とクサハゼ近似種Vanderhorstia nobilis


上画像のVanderhorstia nobilis


シボリイソハゼ


ヒメオニハゼ


ダンダラスズメダイ
小さめ幼魚


「日本のハゼ」のトンガリハゼ属の1種−1


ハラマキハゼ・ペア
左♂,右♀

上画像の♂


2つ上画像の♀


ミスジテンジクダイ(S型)



7月11日
ほぼ快晴,南風やや強い,最高気温33℃(最低気温28℃),水温:湾奥浅場29℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場29℃,リーフごく浅場の29℃


今日も午後はシュノーケリングのガイドでした。


エダコモンサンゴの群生とゲストさん


クマノミとゲストさん




午前中は湾奥の砂泥底を見てきました。


毎年,飛び(求愛具合)の良いオイランハゼタカノハハゼには


その巣穴の前に目印をつけておくんですが,


「飛びの良いコたちは元気かな?」とチェックして周っていると・・・


大きめ岩2つを並べて目印としている,


飛びの良いオイランハゼ♂がその岩に乗ってました


共生しているホリテッポウエビが巣穴を伸ばし,


その岩の下に出入り口を作ったみたいです。




岩の上から元気よく飛翔(求愛)するかな〜,としばらく見ていたものの


近くをカスミアジ2個体がうろうろしていたためにあまり飛ばず・・


岩の間で地味に飛ぶ♂くん



天敵がいなく,機嫌の良い時は

岩の上からぱっと飛んでくれることでしょう〜。



7月10日
曇り時々雨一時晴れ,南風強い,最高気温32℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場の29〜28℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場29〜28℃


7月3日ログなどに載せた繁殖中のインドカエルウオ


元気に繁殖継続中・・


発眼卵に付き添う♂




ここから生まれたコかはわかりませんが,


近くではインドカエルウオのかなり小さい黄化幼魚が


増えていました。そのうちの2個体↓




午後からは今日もシュノーケリングのガイドでした。


強い南風と台風1号の余波の影響で


今日はウミガメさんはお休み,残念。


クマノミ類やサンゴの群生などをウォッチしました・・


クマノミとゲストさん


エダコモンサンゴの群生とゲストさん



7月9日
曇り時々雨,南風弱い一時やや強い,最高気温30℃(最低気温28℃),水温:湾内エリアやや湾奥浅場28℃,リーフごく浅場29〜28℃


今日は午後からシュノーケリングのガイドでした。


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん




アオウミガメをゲストさんと見ているときに


ふと真下を見ると,お!オオメワラスボのペア♪


オオメワラスボのペアを見たのは1年ぶりくらいで,


とりあえず備忘録的に撮りましたが


全長4,5pくらいのオオメワラスボなので


ウミガメやサンゴ群生向けのフィッシュアイ系レンズじゃあ


さすがに厳しいなあ〜




午前中はMHGマイホームグランドの略の浅場をチェック・・


7月3日のログに台風1号「水温は下げて被害はなし,の好台風になってほしいところ」


と書きましたが・・



すでに高水温気味だった浅場の水温を


1℃ちょっと下げてくれて,まずまず。




今年しばしば見かける


ヒゲニジギンポらしき幼魚をMHGマイホームグランドの略で初ウォッチ♪


今年はヒゲニジギンポの当たり年なのかも(?)


まだ成魚クラスを見たことがないヒゲニジギンポ


初成魚も出ないかな〜




このヒゲニジギンポらしき幼魚近くにいた


おなじみ幼魚たちもど〜ぞ


オトメベラ幼魚


ブチブダイ幼魚


ヤリカタギ幼魚


フタイロサンゴハゼ幼魚



7月8日
曇り,南風強いのち弱い,最高気温29℃(最低気温27℃),リーフごく浅場の水温29℃


7月上旬,シュノーケリングポイントのリーフで


目立ってる魚たちを撮ってきました・・


シュノーケリングポイントのリーフでは


アイゴの幼魚が最近どっと増えてきました


アイゴの幼魚,沖縄いわゆるスクガラス,ですが


奄美大島では食べる習慣はないようです。


アイゴ幼魚群れを撮った画像に


肉食魚ぽい幼魚が混じっているのが写っていました
(上画像左上の魚)


何者の幼魚かな〜??




シュノーケリングポイントのリーフでは


産卵床に卵があるクラカオスズメダイ


そこかしこに見られだしました。


卵のある産卵床とクラカオスズメダイ


卵の拡大




卵は見れませんでしたが


セダカギンポクロソラスズメダイの婚姻色♂も見られました。


セダカギンポ婚姻色♂


クロソラスズメダイの婚姻色♂


カメラに突っかかってくる上画像の♂



7月7日
雨時折強い,南東風弱い一時やや強い,最高気温27℃(最低気温25℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場29℃,リーフごく浅場29℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


朝は台風1号のうねりを避けて


穏やかなMHGマイホームグランドの略クマノミなどをウォッチ・・


クマノミとゲストさん


青いミドリイシ類サンゴスズメダイ類とゲストさん




潮が引いて


台風1号のうねりがリーフでブロックされた昼前頃から午後にかけて


アオウミガメをウォッチ・・


昼前頃のアオウミガメとゲストさん


午後のアオウミガメとゲストさん



7月6日
晴れ時々曇りところにより一時雨,南東風弱い一時やや強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場31〜30℃,川の中流域気温より7℃くらい低い


午前中はシュノーケリングのガイドでした・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん



午後はひとりで川で避暑


避暑しながらケンカしそうなボウズハゼを見ていました,が・・

しそうでせず



7月5日
快晴,南東風弱い,最高気温32℃(最低気温29℃),湾内エリアやや湾奥の水温29〜27℃


この時期つい狙ってしまうイエローコラボ・・

ニセネッタイスズメダイスミツキトノサマダイのイエローコラボ,モドキ汗


スミツキトノサマダイキイロサンゴハゼのイエローコラボ,モドキ汗


上下逆パターン



7月4日
快晴,南風弱い,最高気温34℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場31〜30℃,湾内エリアやや湾奥30〜27℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん



午後はMHGマイホームグランドの略をチェック。


春から初夏の季節モノ・キツネベラ幼魚を


遅ればせながらの今季初ウォッチ。



7月3日
ほぼ快晴一時パラっとにわか雨,南風弱い,最高気温33℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場32〜30℃,湾奥浅場30〜29℃


ようやく今年1号の台風が発生しましたね〜。


海水温はすでにだいぶ上がってきているので


「水温は下げて被害はなし」の好台風になってほしいところ。




今日もまずシュノーケリングのガイド・・


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


今日はアオウミガメセナスジベラミナミイソスズメダイ


クリーニングされるシーンが長めに見れました♪


アオウミガメがクリーニングされるシーンをウォッチするゲストさん




6月30日ログに載せたインドカエルウオの卵が


そろそろ良い感じに発眼だろ〜と見る撮るしました。


で,やはり良い感じに発眼・・


♂と発眼卵


よく見ると生まれたてっぽい新たな卵もありました

卵の拡大

孵化シーンも見てみたいなあ〜。



7月2日
朝一時小雨のち快晴夕方曇り,南風やや強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥浅場29〜28℃


午前中はシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん

息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイコモンサンゴ類の群生とゲストさん




午後は体験ダイビングでした。


クマノミとゲストさん


ハナビラクマノミとゲストさん



7月1日
快晴,西風弱い,最高気温32℃(最低気温27℃),水温:湾内エリアやや湾奥29〜27℃,湾奥浅場30℃


キイロサンゴハゼに混じるこの黒いコバンハゼ・・


第2背鰭や胸鰭が結構大きいのでひょっとして


オオヒレコバンハゼ(「日本のハゼ」のコバンハゼ属の1種−3)
かな??


オオヒレコバンハゼはこういう枝サンゴにはふつう棲まないようなので


イチモンジコバンハゼなのかもしれませんが・・・??


今日は第1背鰭を広げているところを撮れなかったので


また機会があれば撮ってみたいところ。



2016年6月ログ