2016年8月ログ


画像は特に断りがない限り,その日その場で撮ったものを使用
(ログお休み告知ログは除く)


8月31日
快晴,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場28℃(午前)30℃(午後)


今日は1日シュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


8月30日
晴れ,北風強い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥30℃


今日は午前中にシュノーケリングのガイド,


午後は体験ダイビングでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


アオバスズメダイ幼魚群れなどとゲストさん


食餌中のアオウミガメとゲストさん


8月29日
晴れ,北風強い,最高気温30℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥30℃


オレンジの小さめな体に大きな目で人気のある


ヒカリイシモチ属の1種Siphamia senoui


MHGマイホームグランドの略のおなじみさんの1つでもあるんですが,


今年は先月くらいまで非常に数が少なく


「このまま見れなくなったら嫌だな〜」とちょっと心配していました。


でも最近,当歳魚らしき幼魚が増えてきて一安心♪


こんな感じにモンツキスズメダイ幼魚よりもまだ小さいコが多いです


8月28日
晴れのち曇り一時雨,北風やや強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内31〜29℃


今日も午前中はシュノーケリングのガイド・・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ終わって餌場へ


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


台風10号は,


1週間近く奄美大島近海をウロウロしましたが


シュノーケリングガイドに支障はほとんどなく,


海水温を2℃ほど下げてくれ
(8月21日32.5℃→今日29.9℃),


まずまずの好台風となってくれたようです。




午後は東シナ海側笠利湾内にあるMHGマイホームグランドの略を見てきました。


MHGには10号のうねりは伝わらないものの


10号の影響で風向きが北になったことなどから


MHGの海水温も少し下がりました
(8月21日31.9℃→今日30.4℃)


ただ本格的に白化しているサンゴやイソギンチャクが


徐々に増えてきているので


もっと接近してくれる台風が早めにほしいところ。




奄美大島では好台風となった10号ですが,


明日明後日,関東から北日本に接近・上陸し猛威をふるいそうですので


該当地域の方はお気をつけください。


8月27日
快晴,北風やや強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内31〜30℃


午前中は今日もシュノーケリングのガイド・・・


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


息継ぎ


息継ぎ終わって餌場へ


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん



午後は湾奥のスクーバポイントを


見てきました。


おなじみさん4種をど〜ぞ


キンホシイソハゼ


クロスジイソハゼ


ナデシコイソハゼ





イチモンジコバンハゼ
幼魚


8月26日
晴れ時折雨,北東風やや強い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場30℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場31℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


ミスジリュウキュウスズメダイネッタイスズメダイとゲストさん


ハマサンゴのなかまの群生とゲストさん


デバスズメダイの群れとゲストさん


8月25日
朝一時小雨のち晴れ,北東風弱い一時やや強い,最高気温31℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場30℃


台風10号によりうねりが来ない朝の干潮時に


ゲストさんに時間を合わせてもらい


シュノーケリングをガイドしました。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生やネッタイスズメダイとゲストさん


8月24日
快晴,北風弱い,最高気温32℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場31℃


今日はシュノーケリングポイントの様子を見てきましたが


写真は撮らず。


というわけでログアップする今日撮影の画像はないんですが,


お盆のゲストのSさんが8月14日に撮影された画像を送ってくださったので


それら画像をアップします。


ニシキテグリ
産卵に伴うペア浮上・2カット

モンツキイシモチ



Sさん,画像ありがとうございました。


8月23日
快晴一時にわか雨,北風弱い,最高気温33℃(最低気温29℃),水温:リーフごく浅場31℃


今日はシュノーケリングのガイドでは久々となる


パラオハマサンゴの群生地へ行ってきました♪


パラオハマサンゴの大群生とゲストさん


パラオハマサンゴ


素潜りではなかなかたどり着かない深さから


そびえ立っています




行き帰りにクマノミ類など魚ももちろんウォッチ。


ハナビラクマノミとゲストさん


ハマクマノミヤマブキベラとゲストさん


8月22日
午前曇り昼頃から晴れのち快晴,北風弱い,最高気温33℃(最低気温28℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場31℃,リーフごく浅場31℃


毎日同じようなログになっちゃてますが・・

今日も1日シュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するのアオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


ハマクマノミとゲストさん


8月21日
快晴,北風弱い,最高気温34℃(最低気温28℃),水温:リーフごく浅場32℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場32℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


アオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴに群れるアオバスズメダイ幼魚とゲストさん



ところで


このところの晴天続き&台風の接近もなし,で


高い海水温が続いています・・・

今日のこのアオウミガメのリーフは32.5℃(マイダイコン表示)


1か月以上30℃オーバーの水温が続いていますが


サンゴはまだあまり白化せず,高水温に耐えています
(満潮時や夜間に水温がソコソコ下がるんでしょうね)。




湾内やや湾奥にあるMHGマイホームグランドの略の浅場もほぼ同じ水温・・・

体験ダイビングやシュノーケリングで
お世話になってるデバスズメダイのサンゴ(-4m)


こちらもまだ白化は顕著でなし。


これは−5mのサンゴ根で


ナガレハナサンゴトゲサンゴそしてシライトイソギンチャクといった


白化しやすいサンゴやイソギンチャクはだいぶ白いですが


ここでもミドリイシサンゴ類は白化せずにがんばってます。




徐々に向かってきている台風10号が


「水温を下げて被害はなし」の好台風になって


サンゴの白化が進むのを阻止してほしいところです。


8月20日
ほぼ快晴,北風弱い,最高気温33℃(最低気温27℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場32℃,リーフごく浅場31℃


今日も1日シュノーケリングのガイドでした。


クマノミロクセンスズメダイとゲストさん


コモンサンゴ
類の群生とゲストさん


アオウミガメとゲストさん




8月19日
ほぼ快晴,北風弱い,最高気温33℃(最低気温26℃),水温:湾内エリアやや湾奥ごく浅場31℃,リーフごく浅場33〜32℃


今日も1日シュノーケリングのガイドでした。


クマノミとゲストさん


アオウミガメとゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん




8月18日
晴れのちうす曇りところによりにわか雨,北風弱い,最高気温33℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場33〜32℃,川の中流気温より10℃近く低い


今日は午前,お昼過ぎに海のシュノーケリングのガイド・・・


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


摂餌中や息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


午後はゲストさんと川で涼んできました♪




8月17日
晴れ時々うす曇り,北風弱い,最高気温33℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場31℃,湾内30℃


今日も午前中シュノーケリングのガイド,


午後はアドバンスの講習2日目でした。


摂餌中や息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイチヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


アドバンスの講習の合間に撮った画像から・・・


セジロクマノミとゲストさん




8月16日
うす曇り時々晴れ,北風弱い,最高気温31℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場31℃,湾内エリアやや湾奥31〜30℃,湾奥31〜30℃


今日は午前中シュノーケリングのガイド,


午後はアドバンスの講習1日目でした。


摂餌中や息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


ネッタイスズメダイアオバスズメダイチヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


アドバンスの講習の合間に撮った画像から・・・


通称キャベツサンゴとゲストさん


ハマクマノミとゲストさん


ミドリイシサンゴに群れるスミツキアトヒキテンジクダイ幼魚とゲストさん


デバスズメダイ群れとゲストさん




8月10日
晴れ時々うす曇り,南東風弱い一時やや強い,最高気温33℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場31〜30℃,湾内エリアやや湾奥ごく浅場30℃,湾奥31〜30℃,川の中流域気温より10℃近く低い


今日はシュノーケリングのガイドでした。


チヂミコモンサンゴの群生とゲストさん


摂餌中のアオウミガメとゲストさん


アオウミガメ息継ぎとゲストさん



明日からファンダイビングのガイドで写真は撮らず,なので・・・


皆さん良いお盆休みをお過ごしください。




8月9日
ほぼ快晴ところにより一時にわか雨,南東風弱い,最高気温32℃(最低気温27℃),水温:湾奥31〜30℃,川の中流域28℃


湾奥のごく浅場で見かけたこのカワハギのなかま・・



第1背鰭が大きめで鋸歯状棘が前縁にびっしりなので


トゲカワハギのようです


第1背鰭の拡大

トゲカワハギを見るのは約3年ぶり♪




この湾奥ポイントでは


ミツボシガラスハゼが居着いています♪


ミツボシガラスハゼ2個体


ミツボシガラスハゼ,このまま定番魚化すると良いなあ〜。




このポイントですでに定番魚化している以下2種もど〜ぞ。


フタボシイソハゼ


イチモンジコバンハゼ
幼魚



8月8日
ほぼ快晴,南東風弱い一時やや強い,最高気温32℃(最低気温27℃),水温:湾内エリアやや湾奥30〜29℃,リーフごく浅場の30℃,湾奥30〜29℃


今日はまず体験ダイビングとシュノーケリングのガイド・・・


ハナビラクマノミとゲストさん


ハマクマノミをはさんで自撮りするゲストさん


息継ぎで浮上するアオウミガメとゲストさん


アオバスズメダイコモンサンゴ類とゲストさん




この後


湾奥ポイントもちょっと見てきました。


おなじみさんや季節モノたちをど〜ぞ


ハラマキハゼ


カスリモヨウベニハゼ


インドカエルウオ黄化幼魚


タテジマカワハギ幼魚2個体


上2画像のコらによるコラボモドキ




8月7日
曇り一時雨,南東風弱い一時やや強い,最高気温30℃(最低気温27℃),水温:リーフごく浅場の30℃,湾内エリアやや湾奥30〜29℃,湾奥30℃


今日もまずシュノーケリングのガイド・・・


アオウミガメとゲストさん



その後スクーバのポイントをちょっと見てきました・・


昨年6月から居着いているシライトベンケイハゼ,最近はずーっと


単独でしたが小さい個体(上画像手前)が現れて


2個体になっていました。


新参者くん

以前からのコ



今日は卵は確認できませんでしたが


繁殖はじめるといいなあ〜。




このシライトベンケイハゼ近辺の砂泥底おなじみハゼ3種をど〜ぞ


ウスゲショウハゼ


「日本のハゼ」のウミショウブハゼ属の1種−2


通称ミナミヤジリハゼ
「日本のハゼ」のヤツシハゼ属の1種−4




湾奥ポイントの夜の様子もちょっと見ました。


トゲコブシガニ属の1種


アカモンサラサエビ


クモガニのなかま
ノコギリガニに近い種類,かな〜?)




8月6日
朝と昼一時雨あとは曇り,東風弱い一時強い,最高気温31℃(最低気温27℃),水温:湾内エリアやや湾奥30℃,リーフごく浅場の30℃


今日はシュノーケリングのガイドと体験ダイビングでした。


シュノーケリングから


アオウミガメやサンゴ群生とゲストさん


体験ダイビングからは


クマノミとゲストさん


デバスズメダイとゲストさん




8月5日
快晴夕方から一時雨,北東風弱い,最高気温32℃(最低気温25℃),リーフごく浅場の水温31℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。 が・・・


ゲストさんとアオウミガメを見ているとき


ふと真下を見ると・・お!


ウミテング


むか〜し三重の三木浦というところで


見たことがありましたが


奄美大島で見るのは初めてでした♪




8月4日
曇り一時小雨,北風弱い,最高気温30℃(最低気温26℃),リーフごく浅場の水温30℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


サンゴエリアは今日も良好な透明度でしたが・・・


アオウミガメエリアは


昨日のこの夏1,2を争う透視度から一転


濃霧のような海中


なかなかアオウミガメを見つけられずにいたら


ゲストのMさんが先に見つけてくれました ほっと


Mさん,ありがとうございました。




8月3日
晴れ時々うす曇り,北東風弱い,最高気温33℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場32〜31℃,湾内エリアやや湾奥32〜31℃


今日はシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


エダコモンサンゴの群生とゲストさん


コモンサンゴ類の群生とゲストさん


クマノミとゲストさん




8月2日
快晴のちうす曇り,南風一時北東風弱い,最高気温32℃(最低気温25℃),湾内エリアやや湾奥の水温31〜30℃


にわか雨もあまりない好天続きで


海水温がだいぶ上がってきています。


今日,日中のMHGマイホームグランドの略


水面下で32℃,−5m前後までは31℃ 


白化しやすいイソギンチャク類トゲサンゴナガレハナサンゴなどでは


色(褐虫藻)が抜け始めているものもちらほら・・・


白化気味トゲサンゴ内のクロダルマハゼが目立っちゃてます



そろそろ「水温を下げて被害はなし」の好台風がほしいところ。



今日ちょっと「お!」だったのは


イタアナサンゴモドキにつくアカスジウミタケハゼ・・


イタアナサンゴモドキにつくアカスジウミタケハゼ


(たしか)初めて見ました。




このアカスジウミタケハゼの比較的近辺の


以下魚たちもど〜ぞ


ホソカワインドカエルウオ
幼魚

成魚クラス


クジャクベラ


カタグロホホスジモチノウオ


ヤノスソビキハゼ


「日本のハゼ」のダテハゼ属の1種−3



8月1日
ほぼ快晴,南東風弱い,最高気温32℃(最低気温26℃),水温:リーフごく浅場32〜31℃,湾内エリアやや湾奥32〜31℃


今日もシュノーケリングのガイドでした。


食餌中のアオウミガメとゲストさん


息継ぎのために浮上するアオウミガメとゲストさん


チヂミコモンサンゴとゲストさん


クマノミとゲストさん


ハマクマノミロクセンスズメダイハマサンゴの群生とゲストさん




2016年7月ログ